カテゴリー:石辞典

魔術用石辞典・化学式一覧

こちらでは鉱物を分類した一覧をまとめています。 同じ石グループ同士は相性がよく、化学式やでき方がかけ離れすぎている石は注意が必要です。 珪酸塩鉱物   ネソ珪酸塩鉱物[SiO4]4-   ネソ珪酸塩鉱物[SiO4]4- ┣藍晶石(カイヤナイト)、紅柱石(アンダルサイト)、珪線石(シリマナイト)Al2SiO5 ┣かんらん石 ┃┣苦土かんらん石(フォルステライト)白、黄緑、Mg2S…

続きを読む

星座と石の関係!誕生石よりも星座石推奨

誕生石や星座石、魔女の魔術ブレスレットの魔術的能力|黒猫魔術店

今宵は、星座石の話。 聞きなれない言葉ですが、星座によって守護となる石が御座います。 普段皆さんは、星座石よりも誕生石で石を選ぶと思うのですが、誕生石は販売戦略のために意味づけられたものに過ぎません。 魔術的に使用するのであれば、ぜひ星座から石を選んでほしいと思います。     誕生石   誕生石の元来のルーツは聖書に出てくる、出エジプト記。 これに、第1列から第4列…

続きを読む

瑠璃(ラピスラズリ)の意味、歴史、能力【幸運】

鉱物学   方ソーダ石グループの鉱物である青金石(ラズライト)が主成分。 同グループの方ソーダ石・藍方石・黝方石など複数の鉱物が加わった混合物。   青金石(ラズライト)Na8-10Al6Si6O24S2 方ソーダ石(ソーダライト)Na8Al6Si6O24Cl2 藍方石(アウイン)(Na,Ca)6-8Al6Si6O24(SO4)1-2 黝方石(ノーゼライト)Na8Al6Si6O…

続きを読む

藍晶石(カイヤナイト)の意味、歴史、能力【離別】

鉱物学   藍晶石(カイヤナイト)、紅柱石(アンダルサイト)、珪線石(シリマナイト)は同じ化学組成でありながら圧力や温度等により異なる結晶構造を持つ(=同質異像)。 藍晶石は低温・高圧、紅柱石は中高温・低圧、珪線石は高温・中高圧で作られます。 編成岩中によく見られる造岩鉱物。   藍晶石(カイヤナイト)は濃い青色、緑色、灰色、白色、黒色がありガラスのような光沢を放つ。 結晶は4…

続きを読む

藍玉(アクアマリン)の意味、歴史、能力【平和】

鉱物学   緑柱石(英名:ベリル。ベリリウムを含む六角柱状の鉱物)のうち、 不純物として鉄が混入し、青色になるものをいう。 和名は藍玉。水宝玉とも呼ばれる。 市販品の多くは緑色から黄褐色の緑柱石を熱処理したもの。 緑のエメラルドを熱処理によってアクアマリンの色に変化させる事が可能。   化学式Be3Al2Si6O18 主成分であるアルミニウム珪酸塩と、色の成分であるベリリウムで…

続きを読む

天眼石(チベットメノウ)の意味、歴史、能力【循環】

鉱物学   アゲート(和名:瑪瑙)は縞状の玉髄の一種。 オパール(蛋白石)、クォーツァイト(石英)、カルセドニー(玉髄)が火成岩や堆積岩の空洞中に層で沈殿して出来る。 故にしばしば中心に空洞や水が入るなどし、模様は年輪の様に広がったものがメジャー。   化学式 主成分はSiO2(二酸化珪素) 結晶系は三方晶形 へき開はなし モース硬度は6.5~7   チベットアゲート…

続きを読む

天河石(アマゾナイト)の意味、歴史、能力【緩和】

鉱物学   青緑色の微斜長石を天河石(アマゾナイト)といい、微量の鉛によって色付いている。 緑青色の強いものは翡翠に類似し、空青色の強いものはトルコ石の色に類似している。   良質なアマゾナイトには長石特有のシーラーがある。 現在、アマゾナイトとして市場に出回っているものは ブルークォーツァイト(珪岩:熱によって石英が再結晶化したもの)が多いが全く別の石。   化学式…

続きを読む

鉄電気石(ショール)ブラックトルマリンの意味、歴史、能力【引き寄せ】

鉱物学   鉄電気石(英名:ショール)はケイ酸塩鉱物の一種。 ナトリウムと鉄を含むため黒い色になる。 電気石の中で産出量が最も多く、花崗岩や花崗岩質ペグマタイトに産する。 世界的に見れば割と多く産出される石。   化学組成NaFe3Al6(BO3)3Si6O18(OH)4 モース硬度は 7 – 7.5 結晶系は三方晶系 へき開なし   トルマリンがマイナス…

続きを読む

柘榴石(ガーネット)の意味、歴史、能力【活力】

鉱物学   日本名では柘榴石。一般的な化学式はA3B2(SiO4)3 Aとしてカルシウム・マグネシウム・鉄(二価)・マンガンなど、 Bとして鉄(三価)・アルミニウム・クロム・チタンなど、 Cとしてケイ素・アルミニウム・鉄(三価)などが入る。   ガーネットとはこれらの総称。 端成分に分けることができ、天然にはこれらの固溶体(元素同士が溶け合って固まった状態) として存在する。 …

続きを読む

鷹眼石(ホークスアイ)の意味、歴史、能力【見定める】

鉱物学   ホークスアイは、角閃石の一種であるクロシドライト(青石綿)に石英が染み込んで硬化した混合石。 クロシドライトに含まれる鉄分が酸化するとタイガーアイになる。   アスベスト(石綿)はクロシドライトにも含まれ、繊維状になった鉱石である。(無機繊維状鉱物) 蛇紋石系(クリソタイル)と角閃石系(クロシドライト、アモサイトなど)がある。   ホークスアイ、タイガーア…

続きを読む