【占星術入門8】星座のデークの区切り

知っておくと深く読み解ける!

今宵は魔術ブレスレットに付属しております占星術鑑定書のホロスコープの読み解き方のうち、「デーク」という概念についてざっくりとご紹介します。
このデーク、誰でもできちゃうんじゃないか?!という位、簡単なお話です。
ホロスコープが手元にありましたらご用意するか、ネット上では無料で調べられるところもありますのでご覧ください。
こちらの円(ホロスコープ)をだいたい読めるようになると占星術が楽しくなりますよ!

 

星座と惑星の意味、占星術とホロスコープの読み方

 

デークという区切り

 

デークというのは各星座をもっと細かく細分化したグループのことです。
例えば乙女座は8月23日〜9月22日生まれの人です。
(前回春分点の項でお勉強したように、これはその年によって多少ズレますのでおおよその日付です。)
正確な星座を知りたい場合は出生時間と出生場所を持ってGoogle検索してみてください。
その、期間をまたみっつに分けます。

 

  • 8月23日〜9月2日…第一デーク
  • 9月3日〜9月12日…第二デーク
  • 9月13日〜9月22日…第三デーク

 

だいたい10日ずつに分けますよ。
ホロスコープ上では各星座は30度ずつ区切られるので、10度ずつデークが振り分けられているわけです。
私は9月20日生まれなので、乙女座の第三デークとなります。
皆さんは自分がどのデークに入るかわかりましたか?
星座のおおよその日付も記しておきますね。

 

  • 牡羊座:3月21日〜4月19日
  • 牡牛座:4月20日〜5月20日
  • 双子座:5月21日〜6月21日
  • 蟹座:6月22日〜7月22日
  • 獅子座:7月23日〜8月22日
  • 乙女座:8月23日〜9月22日
  • 天秤座:9月23日~10月23日
  • 蠍座:10月24日〜11月22日
  • 射手座:11月23日〜12月23日
  • 山羊座:12月24日〜1月19日
  • 水瓶座:1月20日〜2月18日
  • 魚座:2月19日〜3月20日

 

デークの区切りで若干違う性格

 

  • 第一デーク生まれ…そのまんま星座の気質が強いです

乙女座の例で言えば、クールで繊細で仕事が生きがい人間で分析好き。

 

  • 第二デーク生まれ…ほんの少しだけ、次の星座の影響が入ります

乙女座の例では、次の星座である天秤座の影響が少しだけ。

 

  • 第三デーク生まれ…結構次の星座の影響が入ります

乙女座の例では、乙女座の気質を持ちながら、天秤座の気質も併せ持つようになるのです。

 

  • 第三デークの中でも終わりから数えて5日以内圏内…もろに次の星座の影響が入っていると言っていいでしょう

乙女座9月20日生まれの私の例では、元々あった正義感が天秤座の影響ですこぶる拍車がかかり正義漢してます。

 

デークは太陽星座だけではない

 

さて、このデークですが何も太陽星座だけに限らず、他の惑星でも言えることなんですね。
ホロスコープ上で例えば、月が山羊座の27度に位置していれば、次の星座である水瓶座の影響をもろに受ける、ということになります。

星座は30度ずつなので、25度から強い第三デークになります。
この場合は、月は内面を表しますので、山羊座:真面目な努力タイプ、水瓶座:我が道を行くぐうたら、という感じになるかも知れません。
きっと興味ある事だと自己流を織り交ぜながらコツコツ努力して組み上げるけど、そんなに興味が沸かないものだとぐうたらしちゃうのでしょうか。

 

デークの読み解き方まとめ

 

これだけでも、初心者の方々には面白くて簡単な占星術だと思います。
私も即興で誕生日を聞いてその人の事を占う際は、このデークよく使いますよ。
12星座占いでも第三デークあたりの人は次の星座を見てみると納得すると思います。
各星座にデークという概念が加わると、細かくなり、逆に奥が深いですよね。
そう、宇宙は奥深く底知れないのです!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。