デビアントムーンタロットの意味・解説・使用感

裏の顔や感情を知りたい時に!

今宵はデビアントムーンタロットのお話。

アダムスファミリーっていうか怖い&可愛い&グロくてキモイものって、私大好物です!

「DEVIANT」とは、逸脱したとか、異常なという意味。
きっと見た目でアウトの人もいらっしゃるでしょうが勝手にご紹介します!

 

デビアントムーンタロットカード、魔女の占い|黒猫魔術店

 

特に気になるカード解説

 

右上は大アルカナのムーン

 

これが一番私は好きです。

月は主に感情を表す事が多いです タロットだけでなく、占星術でもそう。その月が、人形を操っていますよね。

感情は思いのままに操る、そんな姿が描かれています。
月のカードは迷い、悩みを表しますから、その迷いや悩みは自分の感情、気持ち次第ってことですよ。

 

このカードの特徴でもあるのですが 仮面の部分は黄色い目で描かれていて、その下の部分が本当の顔です。
仮面の下の表情部分に着目すると面白い解釈ができるよ!

 

右上は小アルカナのソードの10

 

これはライダーウェイト版を忠実に表現しているカードと言えます。
剣で串刺しになってこれ以上動けません、むしろ動かないでこれ以上傷が深くなるのを防ぎましょう
という意味のソード10。

どうかな?  これは動いたらすごく痛そうで、カードの意味を知らなくても理解できそう。

 

左下はペンタクルのクイーンのカード

 

ペンタクルは物質(お金等)を表します。
それを仮面の下の表情は厳かに見つめています。

なんていうかその、グロイけどこれはわりかしグロくなく、主人を立て、後ろにある城(家)や家庭を守る良妻チックです。

 

死神と愚者のカード

 

デビアントムーンタロットカード、魔女の占い|黒猫魔術店

 

お次はこれ。

左が大アルカナ13番の死神、右が0番の愚者です。

愚者がピエロチックですし、「DEATH」の表記がないことからマルセイユらしさを感じます。

死神さんは見た目は馬のようですが、身篭っている母のようにお腹が膨らんでいますよね。

死神は死する事によって新しい種まきを意味します。

足蹴にしている子供(死)と 身篭っている子供(新しい種)を意味しているのかな。

 

お気に入り小アルカナ

 

デビアントムーンタロットカード、魔女の占い|黒猫魔術店

 

 

左はペンタクルの5

 

ライダーウェイト版だと、調子に乗って貧乏になった主人公が街から逃げる場面です。

こちらの場合は夜逃げチックに描かれていますね。
ただ壁に目玉があるので、その行動は壁に耳あり障子に目ありなのかな?って私なりの解釈。
そしてこの主人公は顔全てが仮面、にも関わらず裸です。

どんなに偽っても、風貌ではごまかせない、既に皆にお見通しだよって言われてる気がします。

 

まん中カップの3

 

これはコミュニケーションやいい仲間を表します。

一見、楽しそうに酒を酌み交わしてるお三方ですが (まん中の人なんか酔っ払いすぎて頭からかぶってますしね) その足元は魚に飲み込まれそうです。

それもそのはず、逆位置になるとマンネリとかそのグループ内では収穫がない、という意味になりますから。

 

どんなコミュニティーでもそうですが、楽しい、だけじゃ長続きはしません。
人間というのはやはり、どんなに否定をしても損得勘定が必ずあります。
自分のプラスにならない人といつまでも一緒にいれますか?

そういう事を諭してくれているカードだと思います。

 

右側は、ソードの3

 

これもとても、ライダーウェイト版に忠実です。

ライダーウェイト版だと、心臓部分にあたるハートに剣が3本刺さっている絵だけで表されます。

これは意味もそのままで、ハートに剣が刺さっているから、悲しい、痛い、という意味です。
失恋によく出るカードです。

 

このカードの主人公もとても痛くて、悲しそうです。
が、仮面の裏は平然を装っているかのような顔つきです。

きっと心の中だけで泣いていて、それを表に出していないのでしょうね。
大人になる程に、TPOというしがらみがありますから
仕事に私情を持ち込まないように、この人も頑張っているのでしょうよ。

 

そんな事してると、どっちがホンネでどっちが仮面なのか、わからなくなりますよ。

誰かに言えるようになれればいいね…と、そんな解釈の私です。

 

デビアントムーンタロットまとめ

 

このカードはダークでグロくてキモイんですがそれは裏を返すと、人間の黒い部分にダイレクトに響いてくる何かがあります。

例えばこのカードを見て、私のように「素敵!」って思える人は、自分の内面部分に対してかなり知りたい!という欲求が強いはずです。

 

自分とは何ぞや? 人間とは何?
社会って黒いよね…なんて最初から思ってる人は受け入れやすい。

逆にこのカードは「気持ち悪い、無理」って思う人は、それこそ人間の裏の顔…仮面に対して拒否反応があるんじゃないかな?

 

人間関係もそうですが、自分の苦手な人って、自分に似ていて鏡だって言うじゃない?
私は感性もそうだと思うのよね。
嫌いな物ほど、自分に足りない所や、恐れていること、認めたくない自分だったりするわけよ。

 

ダークなわけだから勿論、「陰」の気が強い。
そして、感情を表す「月」モチーフ。

だから裏の感情部分、根本の感情を知る時に役立つカードだね。
自分自身がイマイチ理解出来ない時とか、役立ちそう。

 

陰陽はバランスが大事。
主人公の仮面の部分だけでなく、元の表情の方にも着目して読み解くと面白いと思います!

 

  • ライダーウェイト版を元にされたマルセイユ版です。
  • 大アルカナ8番のストレンクスと11番のジャスティスが逆になっています。
  • 大アルカナ22枚、小アルカナ56枚のデッキ、ホロスコープスプレッド用シートがついています。
  • カードサイズは普通より少し縦長
  • 持ちやすい感じで、裏面は右下の月のような模様です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。