フッ素魚眼石(フルオアポフィライト)の意味、歴史、能力【殻破り】

アポフィライトの鉱物学

鉱物学

 

魚眼石(アポフィライト)は、ケイ酸塩鉱物のグループ名。
一番産出の多い、

 

  • フッ素魚眼石(フルオアポフィライト)KCa4Si8O20F・8H2O。正方晶系。

 

を指す。その他、

 

  • 水酸魚眼石(ハイドロキシアポフィライト)KCa4Si8O20(OH,F)・8H2O。正方晶系。
  • ソーダ魚眼石(ナトロアポフィライト)NaCa4Si8O20F・8H2O。斜方晶系。岡山県で発見された新鉱物。

 

の3つに分類されているが、肉眼で見分けるのは不可能。

 

  • 火山岩の空隙やスカルンに産出する。
  • 産地は主にインドや南アフリカ共和国。
  • 加熱により葉片状に割れることから、 ギリシャ語の”Apo”(離れる)と”phyllon”(葉)にちなみ命名されるほど へき開(一方向に完全)性が強く簡単に割れるので取り扱いには注意。
  • モース硬度は5。
  • 別名、フィッシュアイ。その輝きが魚の目に似ていることから名付けられた。

 

歴史

 

精神修行等に使われてきた歴史あり。

 

魔術的能力

 

自ら積み上げてきた経験に基づいた殻を破る。
次のステージに進むための目標を構築する。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。