金針水晶(ルチルクォーツ)の意味、歴史、能力【視点】

ルチルクォーツの鉱物学

鉱物学

 

ルチレイテッドクォーツ(ルチルクォーツ)は、 クォーツ【石英】内にルチル【金紅石】が入り込んだもの。
ルチルとは、二酸化チタンの結晶であり、正方晶形の鉱物であり、 同様の組成式の物に、鋭錐石、板チタン石が存在する。
名前の由来は、ラテン語の「rutilus」から。意味は金紅色。
ルビーやサファイヤに含まれた物は、スター効果を起こす。

 

  • 組成式TiO2.SiO2 鉱石鉱物 酸化鉱物
  • モース硬度で 6 – 6.5。比重は4.2。
  • 主な産出国はブラジル。
  • 欧州で重用されるようになったのは、近代に入ってからである。

 

歴史

 

財運を高めるとして、事業を立ち上げるお守りの用途で、 中国華僑の組織で重用されている。
財を運んでくるのは人であるため、 人との繋がりを強める石としても扱われて来た。

 

魔術的能力

 

自分にとっての益に注目し、力を注げるようにする。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。