縞瑪瑙(オニキス)の意味、歴史、能力【防御】

オニキスの鉱物学

鉱物学

 

縞瑪瑙とは、縞状のカルセドニーの一種で、 蛋白石や石英などが層状に沈殿して出来た鉱物の編集である。

その内包物により名前が変わり、様々な種類に分類される。

蛋白石と石英が交互に配列され、黒白の縞模様となるのがオニキス。
縞を生かしたカメオ細工や、単色での加工なども見られる。

 

  • 主成分は石英、SiO2
  • モース硬度 6.5 – 7
  • 比重は2.61
  • 主な産出国はブラジル、ボツワナ、ドイツ、ウルグアイ 他

 

歴史

 

彫刻材料としてよく使われる他、 硬さを生かして、乳鉢や灰皿、革の艶出し用ローラーにまで使われている。
カメオ細工は大変に有名。

 

魔術的能力

 

外部からの刺激に対して、動揺しにくくなる。
双児宮の守護石

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。