天河石(アマゾナイト)の意味、歴史、能力【緩和】

アマゾナイトの鉱物学

鉱物学

 

青緑色の微斜長石を天河石(アマゾナイト)といい、微量の鉛によって色付いている。
緑青色の強いものは翡翠に類似し、空青色の強いものはトルコ石の色に類似している。

 

良質なアマゾナイトには長石特有のシーラーがある。
現在、アマゾナイトとして市場に出回っているものは
ブルークォーツァイト(珪岩:熱によって石英が再結晶化したもの)が多いが全く別の石。

 

  • 化学式K[AISi3O8]
  • 結晶系 三斜晶系
  • へき開 二方向に完全
  • モース硬度6
  • アメリカ、ブラジル、ペルーで産出

 

歴史

 

古代エジプトで宝石として利用されていた。

 

魔術的能力

 

外敵(環境も含む)からのストレスを緩和、軽減。
負荷がかかっていた物事の軽減。執着していた物事を気にし過ぎない程度にする。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。