【耳の魔術】対人魔除け言霊防御に魔術ピアスを

悪しきものは耳から入る!

今宵は耳にまつわる魔術とアクセサリーの関係について。
女性でしたら耳に揺れるアクセサリーは、色気を醸し出す道具としてここぞという時につけるかたもおられるでしょう。
もちろん恋愛魔術的な使用法で、男性心を鷲掴むことも良いのですが、耳には古くから魔術的な謂れが存在します。
それは…魔除けと護身の魔術なのです!
 

耳の魔術、ピアスやイヤリングで魔除け防御

 

耳こそ魔除けをして防御すべし!

 

魔除けとは、外敵に対してうまく避けることをいいます。
この外敵とは、目に見えない霊や病気や対人からの言葉の矢を意味します。

私達の心と体は繋がっており、外敵からそのような危害を与えられると弱ってしまいます。
そして、1番最初にその外敵と戦う部位は耳なのです。

 
耳…つまり音、言霊などにより、私達はとても弱りやすいし傷つきやすい。
耳で得た情報は脳へいき処理されますが、言葉を繰り返し反芻することで良くも悪くも現実化してしまうというのが脳の仕組みです。
なのでできればよい言葉、よい音だけを聞いていたいものですが、中々そうはいかないので、古きの魔女達は耳にイヤリングなどをし願掛けて防御しておりました。
 

脳科学的に言えば、ある特定の感情による洗脳状態を未然に防ぐ働きがあります。
未然にであって、洗脳されてからは中々働きづらいです。
これは願掛けして耳に装着することにより、自分の意識の中で戒めとなるため、例え洗脳の場に言っても催眠術等にかかりにくくなるのです。

 

魔女が耳につけていた石や羽

 

多く見られるのは天然の石を使ったイヤリングです。
 

  • 防御の石である黒のオニキス(黒瑪瑙)やチベットメノウ(天眼石)
  • 放出の石である赤いジャスパー(碧玉)やカーネリアン(紅玉髄)
  • 自他をコントロールするためのオブシディアン(黒曜石)

 
エジプトでは古くからラピスラズリ(瑠璃)やマラカイト(孔雀石)が願いを叶える為や魔除けの守りとして、イヤリングなどの装飾品は勿論、ツタンカーメンや壁画の彩色にも用いられました。

孔雀の羽は魔除けの効果もあり、蛇(感情の塊の総称で蛇そのものではない)除けの守りともなります。

 

魔除けの形は三角形が使われていた

 

また、魔除けの形としては三角形が良いとされます。
魔術的な力を持たせるものには様々な形があります。
円形、三角形等は古くから神聖な形として、古墳やピラミッドにもなりました。
特に三角形は、輪廻転生や肉体・精神・魂等の世界構造、人生そのもの(カバラのパス)を表しています。

 

三角形の扇の魔術、神話

 

この三角形を使った魔除けで有名なのは「扇」です。
風をもって魔を吹き飛ばす、ということで古くから中国、日本で使われてきました。
西遊記にも芭蕉扇が出てきますがこれも非常に興味深いものです。
 

「1度仰げば風を呼び、2度仰げば雲を呼び、3度仰げば雨が降る。 立て続けに49回仰げばどんな火でも消す霊水が降る。」

 
このように風を吹かせて魔そのものを吹き飛ばし滅却するということですね。
西遊記に関してはほんと面白い題材なので今度別記事でテーマにしようかな。

 

幸福を呼び込むには鶴と亀

 

逆に幸福の象徴としては、鶴亀が日本では有名ですね。
「鶴は千年、亀は万年」と言うように長寿の象徴でもあります。
鶴は親しみも深く、「千羽鶴」を祈りを込めながら折り吊るせば、病人が回復すると言われていました。
日本人ならではの謂れですが、日本人の心にはもともと鶴は縁起ものという潜在意識があるので、これらのモチーフを身につけることは無意識下でもポジティブになれるよう脳が働かせてくれます。

 

魔除けか、幸福招来か、使い分ける

 

このように耳の魔術としてイヤリングモチーフを合わせれば魔を祓い望むべきものを取り込むことができるのではと考えました。

 

  • 孔雀や扇は耳から入る全ての魔…噂や病気、嫌な情報を取り払ったり、最初から耳に入らないように自らの脳を促します。
  • 逆に鶴などは耳から入るものを縁のあるもの…良い事や感謝、良縁などをキャッチするように自らの脳を促します。

 

身を守る術を魔術で知ってほしい

 
耳の魔術は本当に奥深い。

私としては、悪いことばかり口に出す人の情報を耳に入れたくないので、そんな人とは最初からお付き合いすべきではないと考えます。
自分の貴重な人生の時間を、他人の言葉によって我慢したり、犠牲にする必要はないとも思います。
ですからそんなに悩むならいっそのこと環境ごと変えてストレスなくせばいいじゃんと思うのですが、中々そうはいかない世の中でもあります。
環境を変えることに大きなストレスもかかります。
 

それは最終手段で、その前にやれることを試すとすれば、このような防御魔術だと考えます。
辛くて悩んだりした時、自分の身を自分で守る術です。
言い換えて例えるなら、「相手が悪口言って止めてくれない変わらないなら、私は自分を変えて強くなって気にしなくなる!」ようなものです。

 

人間社会の敵は人間のコミュニケーションで、私達はその中でしか生き抜くことができません。
その際の身は自分で守るしかないのです。

 

 

魔術アクセサリーのページへ!
↑耳の魔術ピアス等、アクセサリーのページへ!↑

魔術ブレスレットのページへ!
↑対人・魔除けブレスレットのページへ!↑

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。