【耳の魔術】薔薇しずくの金星×惑星の自然魔術とは?

金星は自然の力!

今宵は自然魔術についてお話です。
その文字の通り、自然を使った魔術のことです。
自然の力を取り入れることによって魔術の儀式が無理なく、やり易く、より有意義に感じることができます。
これを耳の魔術「薔薇しずく」シリーズで解説します。

 

耳の魔術、ピアスやイヤリングで魔除け防御

 

自然を意識することは魔術の基礎

 

祭壇作りなどほとんどの魔術は自然を使った魔術になります。
四大属性を配置したり、それを召喚・退去させるなどはこれにあたります。
また供物を捧げる時に食べ物や、水やワインを供えますが、これも自然信仰の自然魔術たるゆえんです。
ですから自然魔術というのは大元の基礎にあって、その中にイメージ魔術や願掛け魔術や呪術など、他魔術が色々あるわけですね。

 

日本での自然魔術

 

ちなみに日本では昔から自然魔術は行われてきました。
地鎮祭、地元のお祭り行事、なまはげ、阿波踊り等がそうです。
今では魔術的要素を失って行事として残っているものもありますが、元々は全て、シャーマンが神様と交信をして神託を授かるものでした。
踊りなどはもうそれですね!阿波踊り、よさこい踊りの掛け声には神の名が入っているものがあります。

 

魔女蜜猫の体験例

 

私も昔、霊視や浄霊を行う時には大きな木を使っておりました。
パワーチャージとアース的な役割のために。
そして今でも目に見えないものと対峙するような大きな仕事では自然の力なくしては遂行できません。
何分、山形は自然が豊かで霊峰出羽三山から流れる水と肥えた大地で潤っております。
魔女畑もそうですがその土地を生かして作物を育て、それを魔術で使用することが多々あるのです。
私はよく薔薇を使います。

 

過去の例はこちら
【蛇憑き落し】魔女のやり方と霊的考察【※注意喚起】

 

自然魔術では薔薇をよく使う

 

薔薇のように花弁が幾重にも重なりあったものは自然魔術の道具に使えます。
渦巻き状になっているといいので、キャベツでもレタスでもアーティチョークでも良いのですが、過去の例のように、私の場合は霊と対峙することが多いので防御の棘の意味でも薔薇を多く利用しています。
(ルーンでは薔薇はソーン・棘・魔除け・防御という意味合いがあります)

 

薔薇は金星のハーブ

 

ところで薔薇はハーブ学では金星を守護に持ち、魅力や愛情のための魔術に使われます。
カバラでは7番のネツァクを支配し、自然的な力を意味するのです。
金星の自然的な力とは一体どのようなものでしょうか?

 

本能的な力

 

恋愛感情、ロマンスは燃え上がる炎のように本能的で、官能的です。
これは自然発生の何物でもありません。
それほど、自然的力の本能とは強いパワーがあります。

 

自然意思

 

個人の意思が自分のものだとすると、自然の意思は全体の力を表します。
これらはお互いに作用しつつ、逆に作用を受け入れない時もあります。
個人で幾ら時間を止めたくても自然の意思が許しませんし、災害などもよかれと思って起こるわけではありません。
地球や宇宙の意思と解釈しても良いです。
私たちは、魔術を扱う時、「一は全、全は一」であることを肝に銘じなければなりません。
それに逆らった魔術はできません。

 

生産的な力

 

愛の女神ビーナス、アフロディーテに例えられるように、大地の実り、美しさ、生み出す力を意味します。
その力は女性が子を宿すように、自然の力と結びついています。
どこまでも伸び伸びと広がっていく豊かさを生み出していくのです。

 

金星=恋愛魔術、とお考えの皆様は多くいらっしゃるかと思うのですが、金星は他にも社交性や魅力アップ、お金(を持つ人)の願いも司ります。
それらも全て、この要因に当てはめて考えてみると生きようとする本能的な喜びや、自然的な運の流れが大きく作用するとも言えます。
魔術の基礎である自然を理解することは、その成功率も高めることでしょう。
生きる喜び(個人意思のスピリット)は力を与え、自然的な力を強化するのです。

 

金星と他の惑星を組み合わせる

 

また占星術で吉星と言われる金星は、他の惑星と組み合わせて魔術使用することもできます。
今回は耳の魔術として「薔薇しずく」ピアス(イヤリング)での魔術を構築しましたので、その意味も併せて書き記してみますね。
※組み合わせた惑星とは、薔薇の色とマジカルオイルで意味付けをしています。

 

  • ピンクの薔薇しずく(金星)×(金星)…女性らしさ、魅力、出会い、恋愛などの願いに。ピンクは金星の色です。
  • 水色の薔薇しずく(金星)×(金星)…ピンクのものよりも特に社交性、会話術などを強化したものです。女性らしさ、魅力、出会い、恋愛の願いもOK。水色は第5チャクラの色でコミュニケーションを表します。
  • 藍色の薔薇しずく(金星)×(木星)…占星術での吉星である木星の瞬発力のある幸運を取り入れ、成功や金運の願いに特化しています。青は木星の色です。
  • 赤色の薔薇しずく(金星)×(火星)…金星とペアを組む火星は、本能的な力やエネルギーを強化します。健康や活力の願いに。赤は火星の色です。
  • 黒色の薔薇しずく(金星)×(土星)…金星の成長した星が土星(母星)です。土星は全てから守る力を強化します。魔除けや防御の願いに。黒は土星の色です。
  • 紫色の薔薇しずく(金星)×(月)…金星と同じく女性性が強い月は、霊的な世界の可能性や直感力を鍛えます。瞑想や直観の願いに。紫は第7チャクラの色、魔術的なスキルを磨くための色です。

 

自然的な力や現象をイメージする魔術

 

今回の耳の魔術では、【自然魔術と惑星の守護】ということをテーマに、「このピアスをつけると自然体な力が出る」ということをイメージしてください。
イメージの力はエネルギーを持ち、無意識化に訴えかけて、現実化されます。(無理だと思うイメージは無理です)
願掛けを行わなければただのアクセサリーですが、それでもすごく可愛い薔薇です。
薔薇自体には金星のもつ、可愛らしさが備わっているので、デートやオシャレには良いと思います。

 

耳を防御する魔術

 

耳は外界との最初の入り口です。
人間は弱いので社会を形成しなければ生きれませんでしたが、それ故他者とのコミュニケーション、情報等はまず耳から入ります。
耳は防御や強化しておくべきものであり、うまく活用できれば、自分にとって良い情報を引き寄せることも可能です。

 

誰でも嫌なことを聞けば気分が沈みますが、社会の中では嫌なことは沢山あります。
それはこちらが意識しなくても入ってきます。
無意識的に何気なく聞き流している番組や、ネットの情報などです。
無意識化に訴えかける魔術では、意識では操作できないもの(RASの機能やセルフトーク等:詳しくはYouTubeの黒猫魔術店チャンネル「セルフコーチング」にて)を変えていくシステムになっています。
というか、魔術って昔からその仕組みで、やっと現代科学が追い付いたと私は考えています。

 

耳の魔術の詳細はこちら
【耳の魔術】対人魔除け言霊防御に魔術ピアスを

 

和紙の魔術的用途と歴史

 

和紙は昔から魔術で使用されてきました。
和紙は植物からできており、字(願い・意思)を書くこともできるし、それを祈願するために焚き上げる時にはよく燃えるのです。
それが昔から使い勝手がよかったので、日本各地で和紙は生産されましたが、特に越前と美濃の和紙は魔術に良いと言われています。

 

今回、「薔薇しずく」シリーズの和紙は柄が入った友禅和紙を使用しています。
ひとつひとつ手折りした薔薇を、薄く樹脂加工して固めて強度を持たせたものです。

 

和紙についてはこちらの記事
【紙に書く魔術】七夕和紙短冊や羊皮紙に神が宿る!その1

 

薔薇の露と妖精のジンクス

 

ネーミングにもある「しずく」はスワロフスキーを使用しており、薔薇の露はよく魔術に使用されるのです。
6月の薔薇の露を集めて、蜂蜜を入れて庭に捧げておくと妖精がやってきて、願いを叶えてくれると言われています。
これは特に魅力や恋の願いだったようですが…

 

そんな願いが叶うように伝説をそのまま形にした「薔薇しずく」
願いに合わせるもよし、色で選ぶもよし、ぜひ休日のオシャレにご活用くださいませ!

 

魔術アクセサリーのページへ!
↑耳の魔術ピアス等、アクセサリーのページへ!↑
魔術ブレスレットのページへ!
↑対人・魔除けブレスレットのページへ!↑

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。