【キャンドルマジック】制約(リスク)してより強力にする方法

キャンドルマジックより効率的に!

今宵はキャンドルマジックをより効果的にするための方法をご紹介します。
「時間」というリスクを付加させるのです!

 

キャンドルマジック魔術の効果的やり方

 

キャンドルマジックとは

 

キャンドルマジックは誰でも簡単に出来る魔術として、黒猫魔術店でご紹介しております。
キャンドルマジックはおおまかに分けて二種類あります。

 

 

今回の効果的方法は、イメージのキャンドルマジックに有効です。
イメージのキャンドルマジックとは、願望に合わせた色と形状のものにマジカルオイルを塗り火を灯し望みをイメージしながら瞑想する…というものですよ。

 

こんな人におすすめ

 

黒猫魔術店で相談者さまが沢山いらっしゃる中で多いのが、
「自分は何をしたらいいのかわからない」
「自分のルーツがわからない」
「自分の内面をなんとかしたい、精神安定したい」
というものです。

 

キャンドルマジックは精神安定(統一)とか、意思を強く持ちたい時に有効です。
キャンドルマジックと一緒にお香も組み合わせたりするのもいいでしょうし、 ただ浄化やリラックスのために行うのもいいでしょう。
炎の癒しの効果は疲れている時程強く感じるでしょう。
弱っている時に炎の火を見れば心に消えかかった炎もまた燃えるというもの。
投げやりになってしまった時にこれをやって精神統一するのも良いでしょう。
本当に、何か不思議な力で落ち着きますよ。

 

キャンドルマジックと脳の仕組み

 

なぜ、キャンドルマジックで願いが叶うのでしょうか?
脳科学的に言えば、意識をすればした分だけ、 それがいいことでも悪いことでも事象となってきます。
例えば、あの仕事をしてみたいなと思う。
これはつまり可能性や興味でもってそれを意識するから、実際にしたいと思う。
最初から興味がなかったり無理だと思えば、したいと思わない。
だから、意識したり、そう思った時点で既に、宇宙はその意思を受け取っている⇒現象になる
というプロセスを辿るわけです。

 

「やっぱり自分はダメだ、無理だ」と思うのは、 自分に自信がない等の理由で自分に制限をかけているだけに過ぎず、 本当は可能性があるのにそれを潰している行為になるわけです。
当然、意識の法則で言えば、「ダメだ」と思った時点でダメになる(邪魔しようとする)現象が働きます。
よくこの思考の螺旋が悪循環になって、自信をどんどん無くしていってる人を見かけます。
どうせ意識するなら、脳をコントロールすればいいじゃない!魔術を使えばいいじゃない!と私は思うのです。
脳を使う時に皆さん意識しないでしょうが、ちゃんとコントロールして使えば出来ないことなんてないのです。

 

キャンドルマジックのルール

 

そこでキャンドルの炎を見つめながら瞑想をするというキャンドルマジックが考案されました。
よりよく願望を近づけさせ、鮮明にイメージさせる為に、以下のような決まりごとがあります。

 

 

  • 赤…恋愛や愛情、セックス、勝利の願いに
  • ピンク…魅力や出会い、女性らしさ、友情の願いに
  • 緑…金運、お金の獲得、富の願いに
  • 青…平和や癒しの願いに
  • 白…健康・治療・病気に関する事、平和の願いに
  • 灰色…黒と白の間。中立な願いに
  • 黒…コントロール、呪い、攻撃、邪悪を跳ね返す、防御の願いに
  • 茶…裁判や自然の願いに
  • オレンジ…新しい物事へのチャレンジ・創造の願いに
  • 黄色…自己主張、カリスマや人気獲得の願いに
  • 紫…力を得て名誉を獲得する願いに

 

願望に対応した色のキャンドルを使用します。

 

マジカルオイルで聖別

 

魔術的な意味合いを持たせる=聖別と言います。
例えばお仏壇用の白いキャンドルでもお香で浄化して、 マジカルオイルを思いを込めて塗れば、魔術用キャンドルとして使用することが出来ます。

 

形状

 

魔術用キャンドルには様々な形状のものがあります。
デイリー使いのものなら棒状やグラスに入っているもので良いのですが、 ここぞという特別な日や願いの場合に使用するならきちんと形状を選んで使用するべきです。

 

極端な例を出せば、性魔術の際に使用するキャンドルは男女それぞれの性器を象ったものもあります。
赤いものなら肉体関係の成就、黒いものなら浮気防止や精力減退になります。
結婚の際に使用するものは男

 

イメージ

 

女が向き合った赤いキャンドル、 離婚の際に使用するものは男女が背中合わせの黒いキャンドル。
形状を象ったキャンドルに火を灯して、だんだんとそれが溶けていく様を想像してみてください。
蝋が溶けていく分、その思いが脳の一番深い処…イメージに刷り込まれていく。
それはつまり無意識の中に、刻まれていくのです。
じっと、眺めていた事がありますか?キャンドルの火を。

 

形状が表すものが意識であるならば、じっと眺める事は無(意識)の境地。
そこで貴方の脳は意識と無意識の相互伝達を行っている状態なのですよ。
つまり、色、オイル(香り)、形状が意味のあるものである事が意識によって意思を表している。
それは色覚、嗅覚、視覚によって意識の深い所から、 無意識の深い処へ刻み込まれるという、なんとも理に叶った脳科学(魔術)なのよ。

 

より効率的にするために「制約リスク」を

さて、これらの決まりごとを再確認したところで、より効率的にするにはどうすればいいのか。
それは、時間や季節を意識することです。
特に形状を指定するような願いごとでなければ、 「季節の形状をしたものを取り入れる」ことをおすすめします!

 

例えばイースターの頃にはエッグ型、ハロウィンはカボチャ、クリスマスはクリスマスツリー等。
魔術にとっての時間的制約(リスク)を設けるという行為はとても強力です。
なんでもそうですが、こと魔術においてはハイリスクハイリターンだということを覚えておいてください。
いえ、語弊がありますね、ハイリスクを支払えない人はリターンすらない。ということです。

 

例えば、惑星護符魔術では月に1度、しかも決まった1時間の間に行わなければならないという時間的制約があります。
これをキャンドルマジックに応用すればその時期限定の形状のものを使用すれば、 時間的制約が加わって魔術の精度があがる訳ですね。

 

また、「自分で作った」という制約(リスク)も付ければより強力な魔術になるのですよ。
内なる自分と、深く対話出来るチャンスがこの魔術。
他者と関わる前にまずは自分のメンタル強化が必要だと、私は思います。
ゆっくりと過ごす心の余裕、意思の力強さを、ぜひキャンドルの炎で再認してみてくださいね。

 

魔術キャンドル
↑黒猫魔術店オリジナル魔術用キャンドルがオススメです↑

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。