コントロール系キャンドルマジック【やり方】

古来より操作の魔術は存在した!

今宵のお話は、イメージのキャンドルマジックの欲望とコントロール魔術についてです。
相手を操作することなんてできるのでしょうか…?
しかしコントロール魔術は古より語り継がれ、恐れられながら、存在したのです。

 

キャンドルマジック魔術のやり方

 

他人を操る魔術は難しい

 

どうしても叶えたい欲望は根底に誰でもあるはずです。
私はそういった欲望を自覚することが、まずは楽に生きるための一歩だと考えています。
そしてその欲望がもし、一人でどうにもならないようなものだったらどうしますか?

 

自分が頑張れば解決できるものならば、必死に頑張ればいいだけの話です。
しかし頑張っても、頑張っても、どうにもならない…
何故なら人間は、自分と未来を変えることは出来ても、過去と他人を変えることはできないからです。
申し訳ありません、できないってのは誤りですね、訂正します。
他人を変えることは「難しい」のです。魔術を使ってもね。

 

コントロール系キャンドルマジック

 

例えば、復縁。相手を手中でコントロールする等。
相手に魔術ブレスをつけられるなら、その本人のパワーで動きますからいいのですが、 あんな怪しさ一杯ブレスで「これプレゼント、願掛けしてね」と渡すわけにもいきません。

 

ではどうすればよいのか。
ひとつの方法として、イメージのキャンドルマジックがあります。
マジカルオイルのコントローリングやコマンディングといった、コントロール系オイルを塗るか封入されたキャンドルを使うのです。

 

勿論、自分自身でキャンドルマジックを行うのが一番良いのですが、特殊例として、それを相手に渡して使用してもらうというやり方もあります。

 

操りたい相手に渡す所作・流れ

 

  • イメージのキャンドルマジックのカラー、形状を参考にキャンドルを選びます。操り系は前述のように難しいので制約リスクを盛り込むのもおすすめです。
  • キャンドルを灯さず、キャンドルに対して願掛けをします。
  • 相手に渡します。
  • 相手がキャンドルを使い、なるべくなら使い切ってもらいます。

 

操る相手は自分自身でも可能

 

コントロール系魔術は外部に対して行うと思いがちですが、自分自身の内面をコントロールすることにも有効です。
例えば、自分の一部の感情をコントロールしたい時によく使うことも多いのです。

 

日常的に私たちは操られている

 

ん? 操り系? 何か引っかかりますか?
他人をコントロールするという欲望は常に昔から存在するものです。
貴方もコントロールされているではありませんか。
知らず知らずのうちに、世論やマスコミや常識の概念に囚われ、刷り込まれ。

 

例えば恋愛ドラマ、映画…そんなご都合主義なメルヘン恋愛、起承転結ハッピーエンド。
世の中にはバッドエンドもありますよ。
なのに恋愛とはこうでありたい、あらねばならないと若者は刷り込まれますね。

 

日常的に刷り込みは行われています。コントロールが悪ならば、世の中全て悪ですね。
ですのでメディアが無かった時代、魔術によってコントロールする事は最大の利点だった訳ですよ。

 

コントロール魔術の注意点

 

しかしですよ、 いくら願望を叶えたいからって、何でも願掛けすればいいってもんじゃありませんよ。

いいですか、これの唯一の注意事項としては、「自分に正当な理由がある」ことです。
正当な理由がない場合は使用しても、自己責任でお願いしますね。
何故なら、それは因果の法則を無視する行為に他ならないからです。

 

例)相手の浮気癖を直したい、でも私も浮気してる←これだめですよ?喧嘩両成敗。
この場合、まず直すのは貴方の浮気癖ね。

 

また、当たり前のことですが、魔術には必死の思いが必要です。
叶えたいという欲望が必要なのです。
コントロールできたらいいな…とか、そんな甘い考えは捨ててください。

 

そんな人が魔術を行っても全く意味ないですから。

他の例としては お付き合いしている人を結婚に導くためにコントロールするとか。
かまってくれない相手を自分の方に向けるとか。

 

【最重要】相手を所有しないこと

 

最後に、ひとつ。矛盾することを言います。
コントロールすることは確かに貴方の欲望であって、それを叶えれば楽に生きられるでしょう。
しかし、他人は所詮、貴方の所有物ではないのです。
逆に言えば、その所有したいという執着を手放さない限り、相手を受け入れること叶わないでしょう。
どう頑張っても、貴方の思考は相手には理解できないし、相手の思考も貴方には理解できないからです。

 

ですから、所有したくてコントロールするのではなく、貴方が楽に生きられるための事象のきっかけを掴むだけに過ぎません。
きっかけを掴んだら、後は努力で何とかしてください。
しっかりと、そこんところ踏まえて実践なさってくださいよ。

 

 

魔術キャンドル
↑黒猫魔術店オリジナル魔術用キャンドルがオススメです↑

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。