【ドリームキャッチャー魔術】に対する黒猫的見解【ヴィジョンボード】

ドリームキャッチャーの魔術的使用法を研究中

今宵はドリームキャッチャーの魔術的意味や能力についてのお話。

これが脳科学と呪術に深く関連していて面白い。

そしてうまく取り入れることによって未来地図のようなヴィジョンボードとして使えるので、ぜひ祭壇に取り入れてみるのもおすすめですよ!

 

ドリームキャッチャーの魔術とヴィジョンボード

 

ドリームキャッチャーとは

 

ドリームキャッチャーは元々はネイティブアメリカン、つまりインディアンに伝わる 悪魔・悪夢祓いの魔除け装飾品です。
赤ちゃんが生まれる時にそれを作り、枕元に吊るし 悪夢(悪魔)は網の部分を通らず、いい夢は羽を伝って降りてくるといわれています。

 

輪は宇宙を表す

 

輪の部分は占星術とリンクしており、宇宙の倫理・法則を意味しています。
日本と同じく、インディアンも輪廻転生の思想があり、 肉体が死を迎え朽ち果てても、魂はまた新たな器へと転生すると信じられているのです。

 

網目は蜘蛛の巣

 

蜘蛛は日本でも西洋でも良い虫(害虫を駆除するから)とされてますが、 魔術的にもその巣は魔除けとして用いられるため、魔女の家は蜘蛛の巣を取り去ったりはしません。
魔に操られた人、又は悪意のある術者には、 ハンカチで取った蜘蛛の巣をその人の心臓に当て厄祓いをする等の言い伝えがありますので、 蜘蛛の巣を模した網目の部分で魔を通さず、 害の無い良きものをキャッチする、というのは合点がいきます。

 
因みに網目の部分にある石は蜘蛛そのものを意味していますので、 その「蜘蛛」がどんな良きものをキャッチするかは石の効果も関係性があるのでは、と私は思います。
ローズクォーツなら恋愛やら魅力を オニキスやマラカイトなら悪意を持つ人を遠ざけるでしょうね。
タイガーアイなら仕事と努力を。
長期的な仕事ならば忍耐であるスモーキークォーツが良さそうですね。
アクアマリンならば日々の平穏を、 ラピスラズリやターコイズ等は幸運をキャッチするでしょう。

 
蜘蛛の巣でキャッチした良きものは、羽を伝って術者の中に落とし込まれるようです。
つまり羽が無い状態であれば魔除けとしての意味合いが強く、 羽があれば体内に良きものを取り込んでくれる、という事ですね。

 

羽は魔除け

 

羽についても魔術的観点から補足しておきますと、そもそも羽というのは魔除けの意味合いが強く、 店頭でも産地直送抜けたて本物の孔雀の羽を販売しておりますし、 烏の羽も防御(=魔除け)として羽ペン等で使われます。
こういった生物から抜け落ちたものや、剥製等は「死」を連想させる事から、 中国の風水的思想では運気が悪くなると云われておりますが、 西洋的には魔除けそのものとしてお部屋に飾ったりします。

 
形状的に申し上げるならば、ドリームキャチャーをネイティブのように枕元に吊るすなら、 その下に頭がある訳ですから、しゅんと真っ直ぐな羽の形状の方が宜しいでしょうし、 部屋のドアや窓(気が入ってくる処)に吊るすなら、羽はふんわりしてる方が宜しいかと思います。

 
ドリームキャッチャーを調べると、「寝ている間の夢」に関する意味合いが多かったのですが、 それよりも、ネイティブアメリカンの思想で掘り下げていくと実に面白いのです。

 

グレイトスピリット思想

 

彼等はとても古く、そして賢い民族なんです。
星の起動を読み、四大元素を使いこなし、特に火を操るのでね。
グレイトスピリットという宇宙思想と輪廻転生を信じているものは 必ずその夢が叶えられる、目的に到達する、という教えが残されています。

 
彼等の言う、グレイトスピリットとは、創造神のこと。
四大元素を生み出し、我々人間を創り出した「精霊の御霊」。
同じ処から作り出された我々も宇宙も、全て網目のように繋がりエネルギーを共有している。
故に自らが嘘を付けば、宇宙はそれを知っている。
悪しき行いをすれば、宇宙はそれを知っている。
故に良いことをすれば良い家庭が与えられ、悪しき行いをすれば悪しき家庭が与えられる。

 
そんな因果応報の考え方なのです。
これは日本でももだいたい同じ考え方です。
その日本人的感覚で言えば神様仏様かな?

 

「神様は何でも見ている、だから悪いことをしてはいけないよ」そんなことを幼少の頃に教わって育ってきたのではないかしら。
日本人もそうですが、ネイティブアメリカンも「魂の徳を積む」ことを大事に考えています。
ですが個人的にね、日本人とちょっと違うなって思うのは、 自分の欲望により素直だな、と感じます。

 

夢や目標到達のために使用する

 

彼等の思想では、このグレートスピリットを信仰していれば、 目的とするヴィジョンが必ず訪れるし、目的地に到達することができると言います。
夢に到達するために、これ(ドリームキャッチャー)を役立てなさい。という言葉もある位です。

 
ということは、本来の使い方では寝る時に見る夢のことではなく ヴィジョンの確立の為にこれを使用するのでは、と私は思いますね。
ユダヤもそうですが、インディアンも迫害を受けてきた歴史がありますから、 「成りたい姿」に「成るための方法」を追求してきたんじゃないか…と私は思ってます。
ですから魔術的というよりは、願望を叶える力、目標地点に到達する力は本物だと!

 

イメージを視覚的に見る「ヴィジョンボード」

 

ヴィジョンを明確にするために、それを持ち得た姿のイメージ、感情のイメージをしますが、写真や文字等をボード等に貼ったものをヴィジョンボードと言います。
受験生の合格!張り紙とかハチマキと一緒です。

 
視覚や触覚等の五感全てを使って、【もうそれが叶った状態にする】という、 一種の洗脳であり脳科学なんですが、これが引き寄せの法則を加速させるためにはとても効果的なんです。
(それを我々は魔術と呼んでいるに過ぎません)

 

ドリームキャッチャーは、 【ヴィジョンを明確に確立させるために具現化した魔術品】とでも言いましょうか。
蜘蛛の巣で【目標到達までに必要な事柄・技術・チャンス等のアンテナを張り巡らせキャッチする】 ようなイメージで願掛けすれば…

 

願掛けのポイント

 

寝室で、寝る前の状態は意識から無意識へスイッチが切り替わりやすい。
故にパッと閃いたり、思いついたりするかもしれない。
寝る前の状態じゃなくても、日常生活している中で無意識の時間が多いような処でもいい。
テレビの前でボーッとするようならリビングでもいいだろうし、 車内が唯一気持ちを落ち着けさせる処ならマイカーに。
無意識というのは、副交感神経の制圧下なので、「落ち着く場所」がポイントですよ。
できれば、1日の中で長く居る場所がいいでしょう。
勿論、魔術目的で使用する際には願掛けを行ってくださいね。

 

ドリームキャッチャーのページへ!
↑ドリームキャッチャーのページへ!↑

 

黒猫魔術店のドリームキャッチャーはアーティストにお願いして 本場ネイティブアメリカン仕様+魔術的意味合いを持たせて 皆様にも使いやすく、制作して頂いているものです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。