【惑星ドリームキャッチャー】願掛け儀式【やり方】

基本の願掛けに惑星パワー召喚で!

こちらは、黒猫魔術店が構築・販売している魔術用惑星ドリームキャッチャーの儀式のやり方になります。
惑星ドリームキャッチャーは占星術を石を組み合わせた魔術で、それぞれの惑星の力を儀式で召喚し、願いの達成に役立てるものです。
惑星の力の召喚のためにプラネタリーアワー(惑星時間)で儀式を行いますので月に1日限りの決まった時間に儀式となります。
面倒かもしれませんが、その分リスクという制約が加わり、トランスに入りやすい(集中しやすい)ので術は強力になるでしょう。
こちらはプリントアウトする等して本番中でも携えながらやることが可能です。

 

占星術と石を使った惑星ドリームキャッチャー
 

必要なもの

 

  • 願いにそったドリームキャッチャー
  • その惑星のオイル(例:太陽ならば太陽のマジカルオイル)
  • 浄化聖別用のお香(アルターやフランキンセンスミルラ等)
    (他にもキャンドルもあると便利)
  • 不安な方は銀の指輪を左中指へ

 

ドリームキャッチャーお買い上げ後の場合は浄化聖別が済んでおりますので オイル・お香は必要ありません。

 

儀式可能な日・時間を調べる

 

  • 物事を増幅させる魔術の場合⇒上弦の月~満月前日の期間
  • 物事を減退させる魔術の場合⇒下弦の月~新月前日の期間

 

更に使用する惑星ドリームキャッチャーの種類によって
 

  • 太陽⇒日曜
  • 月⇒月曜
  • 火星⇒火曜
  • 水星⇒水曜
  • 木星⇒木曜
  • 金星⇒金曜
  • 土星⇒土曜

 
更に、目的の日の日の出・日の入りの時刻を調べ、プラネタリーアワーを算出します。
 

  • 日の出から1時間以内、日の出8時間目から1時間以内
  • 日の入り3時間目から1時間以内、日の入り10時間目から1時間以内

 

更にこの時間帯にボイドタイムが重なっていないかを調べます。
ボイドタイムが重なっていなければその時間に儀式が可能です。
プラネタリーアワー4選択肢ありますがいずれか1つを選べばOKです。

 

儀式の準備

 

1)儀式を行う部屋の掃除、整理整頓
2)禊(入浴)
3)黒服に着替える
4)惑星ドリームキャッチャーの意味解説を読み、知識を高める

 

儀式のやり方

 

瞑想

 

あぐら等の無理のない姿勢で目をつむり、心、体、頭の中をからっぽにします。
吐く息と一緒に内側のネガティブが外へ出ていきます。自然の呼吸で、約10分ほど。

 

グラウディング

 

瞑想からの流れで、仙骨から大地深くへと根を下ろし、一本の木になるイメージをします。
母なる大地から根を伝ってポジティブなエネルギーが体の中へ入ってきます。
それは胸のあたりに集約されます。

 

丹田呼吸法

 

丹田(へそから指2本文下)を意識した呼吸法。
3つ数えて吐く→2つ止める→3つで吸う→2つ止める…のリズムで丹田を意識して行います。
鼻よりも口で息をした方が(音が出るくらいの方が)いいでしょう。
トランス状態(意識と無意識の狭間)を維持してください。
体が熱くなり、負荷を感じてください。以降は丹田呼吸を行いながら儀式をします。

 

練気

 

丹田呼吸法を行いながら、胸の前で合掌します。
これで自然に練気(体の中で気を巡らす)が出来るのが普通です。
通常は左手から右手へ流れていきます。
手のひらを少し離してみて、暖かさや色、筋や煙や蒸気のようなものをイメージします。

 

魔法円の聖別

 

キャンドル、お香に火をつけ、魔法円(儀式の部屋)の中央へ入ります。
ドリームキャッチャーは自分の前に置き東を向きます。

 

 

心の中・イメージの中に結界を作ります。
東を向き、利き手の人差し指と中指2本を空を切り裂く剣に見立て、五芒星を描きます。
五芒星は右下から頂点への一筆書き→最後に中央を刺します。
剣で空を切り裂いたところから炎が立つイメージ。

 

その後詠唱「東の監視人の名において、我、東の門を開かん」
次に南を向き、同じ動作。
「南の監視人の名において、我、南の門を開かん」
次に西を向き、同じ動作。
「西の監視人の名において、我、西の門を開かん」
次に北を向き、同じ動作。
「北の監視人の名において、我、北の門を開かん」
最後に東に向き直ります。
上手く結界が出来なければやり直してもよいです。

 

惑星ドリームキャッチャーの浄化聖別

 

香を焚き、ドリームキャッチャーを煙の中をくぐらせ7往復します。
その後該当のマジカルオイルを石に塗ります(塗り方に決まりはない)。
※初回お買い上げ時は浄化聖別済みですのでこの工程は飛ばしてもOKですがこちらのダビデ詩篇八節は読みましょう。

 
旧約聖書ダビデ詩篇八節
 

「主、我らの主よ、あなたの名は地にあまねく、いかに尊いことでしょう。
あなたに栄光は天の上にあり、みどりご(嬰児)と、
ちのみご(乳飲み子)の口によってほめたたえられています。
あなたは敵と恨みをはらすものとを静めるため、仇に備えて砦をもうけられました。
私はあなたの指のわざなる天を見、あなたがもうけられた月と星とを見て思います。
人は何者なので、これをみ心にとめられるのですか
人の子は何者なので、これを顧みられるのですか
ただ少しく人を、神よりも低く作って、栄えと誉れとをこうむらせ、
これにみ手のわざを治めさせ、よろずのものをその足の下におかれました。
全ての羊と牛、また野の獣、空の鳥と海の魚、海路をかようものまでも。
主、我らの主よ、あなたの名は地にあまねく、いかに尊いことでしょう。」(原典より)

 

ドリームキャッチャーが浄化されるまで何度も唱えてもよいです。

 

惑星パワーの召喚

 

ここでは特に、丹田呼吸法と練気を行いながらやります。
ドリームキャッチャーを両手の平に乗せ胸のあたりで、宇宙から惑星のパワーを注入します。
惑星の光、石の意味に理解を深めつつ、イメージします。
惑星の力を感じながら、練気と願掛けを行う。惑星色の光で練気の光が回るイメージ。
最後にふと我にかえる頃に、宇宙から惑星の光がドリームキャッチャー目掛けて降りてくるイメージ。

 

門と円を閉じる

 

願掛けが終わったらまずは門を閉じる作業です。
東を向き、今度は手の平五本全てで切り裂いた門をなぞって閉じる(消す)イメージ。
開いた時とは逆向きの書き順で消します。右下→左上→右上…の順で、最後に中央に手を添えます。
 

「東の監視人に感謝しつつ、この魔法円を閉じん。永遠に定められし汝の住処へ帰るべし。」
南を向き、同じ作業。
「南の監視人に感謝しつつ、この魔法円を閉じん。永遠に定められし汝の住処へ帰るべし。」
西を向き、同じ作業。
「西の監視人に感謝しつつ、この魔法円を閉じん。永遠に定められし汝の住処へ帰るべし。」
北を向き、同じ作業。
「北の監視人に感謝しつつ、この魔法円を閉じん。永遠に定められし汝の住処へ帰るべし。」
最後に東に向き直る。
 

儀式はここまでです。

 

ドリームキャッチャーの管理

 

願掛けが終わったら、寝室・枕の頭上に吊るすのがいいでしょう。
願いが叶ったり、変える場合、意味にそっていれば同じものを使用することができます。
1回のプラネタリーアワーで複数のドリームキャッチャーを願掛けすることは可能ですが、 1枚ずつそれぞれ願掛けしてください。本人が、願掛けを行ってください。
※こちらに記載したやり方は惑星護符の願掛けと同じです。
簡易的にやる場合は惑星パワーを召喚せず、基本の願掛けでやることが可能です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。