【サンキャッチャー】に対する黒猫的見解【太陽神の恵み】

太陽礼拝、感謝を込めて。

今宵は、祭壇や窓辺に飾るサンキャッチャーのお話です。

皆さん、サンキャッチャーと聞いて漠然とイメージは出来ると思うのですがこれ、 その由来や歴史を知れば更に幻想イリュージョンに思いを馳せることかなう、 とても神秘的な魔術具なのであります!

 

祭壇や窓辺に飾るサンキャッチャーで太陽礼拝

 

サンキャッチャーとは

 

窓辺に紐状にしたカットガラスを吊るし、乱反射させて室内にプリズムを取り入れる道具を言います。
黒猫魔術店のサンキャッチャーは、作り手さん拘り!紐の部分は天然石で、先端はスワロフスキーで仕上げています。
スワロフスキー社製のカットガラスは、 光反射する際に外側に向かず内側に向くので、火事が起こらず安全です。

 

サンキャッチャーの起源

 
サンキャッチャーの起源を調べてみました。
 

  • ネイティブアメリカンが発祥だという説(ドリームキャッチャーと合わせて、 この民族も朝日拝んで夜闇を恐れる自然信仰の民族だと解りますね)
  • 冬の長い北欧が発祥だとする説

 
その他諸説あるのですが、 ネイティブアメリカンのお話はドリームキャッチャーの項でもしているので 今回は北欧のお話をしたいと思います。

 

北欧のサンキャッチャー

 
北欧はヨーロッパの北側諸国である、 ノルウェーやスウェーデン、デンマークやアイスランド等の地域をまとめた総称です。
北欧は歴史や文化に共通点があり、古くはゲルマン民族の地として北欧神話が栄えたところです。

 

北欧神話…世界樹ユグドラシルを世界軸として9つの世界が臨済した、最高神オーディンがおさめる世界。
指輪物語とか、エルフやドワーフ等も登場するファンタジーな世界だけど、 民族(神族というべきか)的には戦いが好き。
最終戦争ラグナロク(終焉)に向かって生きているという思想。

 

気候は、夏は沈まない太陽が有名ですが、 10月~4月は暗く長い冬が続きます。マイナス30度になる都市もある程です。
そんな北欧の人々は、暗くて寒い冬を過ごすために、窓辺にサンキャッチャーを吊るして より多くの太陽光を部屋に取り入れようとしたのではないでしょうかね。
サンキャッチャーの語源としては、ステンドグラスも指すようです。
北欧の窓のステンドグラスも、太陽光を少しでも明るくする為の工夫なんでしょうね。

 

冬の「太陽の消失」

 
魔術的観点から言えば、太陽は陽、月は陰を表し(陰陽)、神話的な言い伝えの中では「太陽の消失」は専らのテーマとなって登場します。
日本で言えば、天照大神が天の岩戸に隠れたあの事件がそうです。
 

北欧でも暗い冬というのは太陽の消失を表したのでしょう。
魔狼スコルが太陽に、ハティが月に追いつき一時食らいつく=日食・月食だと考えられており、 最終的にラグナロクにおいては、太陽も月も世界も人々も終焉を迎え消失するといいます。
そういった言い伝えがあったから特に、生活圏内は明るくしようとインテリアにもこだわっていますね、カラフルな北欧雑貨とか…なんか流行っていますよね。

 

太陽神で見る日本と北欧の類似

 
ところでその太陽神は、ギリシャ(アポロン)やエジプト(マー)等では男性ですが、 日本では天照大神(女性)(その対となる月読命は性別不明だがおそらく男性)です。
北欧でも太陽神は女神、月は男性とされるんですが、 これは当時の社会は女性優位の社会だったんじゃないかと、 私の考えなんですけれどもね。
 

古代の日本、北欧・ケルト(ヨーロッパ圏)は自然崇拝の国ですので、太陽に手を合わせ、月と星を読んで、 山や海や土地に感謝をして、自然と共に生きなければ生きられなかった土地です。
自然が厳しいですからね。
そういうところでは、子を成す体を持つ(つまり宇宙と同位体と見なした)女性が優位 だったんじゃないかな、と。それを神話で太陽に当てはめたわけで。
太陽神ひとつとっても、日本と北欧は似ていますね。

 

自然に感謝する心

 

また日本は昔から、「八百万の神々」と言ったように、 太陽にも月にも星にも、山にも海にも手を合わせてそれぞれ神格だとして拝んでいますよね。
漁師ならば海神さま、猟師ならば山神さま、農耕をするなら土地神さまや岩神さま、といったように 色々な神様(自然)を地域ごとに祀っていましたよね。
 

ちょっと話逸れますけど、ネクロノミコン等は創作として扱われてますが、 秋田県にはディープワンの伝説がありますし、出雲の地方ではクトゥルフ信仰もあったと言いますから、一概に偽だと私は言い切れません。
自然信仰を推奨する私はネクロノミコンは否定しません。
 

そういった自然信仰の心の観点からも、日本でサンキャッチャーは受け入れられて来たのではないかな?
太陽に感謝をし、自分のよく居る部屋(車内)の窓辺にこれを吊るし、元気がない時に見上げてみましょう。
うまく反射が起きてプリズムが出ていればそれを掴むもよし。
スワロフスキーを握れば内側に溜め込んだ太陽の力を体に取り入れられるでしょうね。
 

サンキャッチャーの魔術的能力

 

魔術で太陽は、繁栄やパワー充電、エネルギーの循環、 カリスマ性の発揮、リーダーシップの発揮を表します。
更に黒猫で販売されているものは、天然石と組み合わせていますから、 石の意味で選ぶのも勿論良いでしょうね。
 

  • ストレス緩和のアマゾナイト
  • 心に余裕を持たせるサンストーン
  • ポジティブに冷静さを与えてくれるシトリン
  • 体へ十分にパワーを溜め込む、活力のガーネット
  • 活力とともにそれを愛情に向けたい場合はルビー

 
また風属性の石は知性を高めてくださいます。陰陽では陽属性。
 

  • 学習能力向上のフローライト、学生さんにどうでしょう
  • 会話の能力はルビーインゾイサイト
  • コミュニケーション能力ではブルーレースアゲート

 
車内につける場合では、
 

  • 平穏無事を願うアクアマリン
  • 冷静と集中力のアメジスト

 
月読信仰の場合は、これを応用してムーンストーン等の陰性の石で組み上げ窓辺に吊るすのもいいでしょう。
月は可能性の扉を開いたり、直感力や女性性・陰性の能力を高めてくれます。女子力とか。

 

  • 女子力アップの場合は、ローズクォーツや真珠やモルガナイト
  • 直感力や、危険察知能力アップの場合はラブラドライト
  • 長期的な仕事に携わる為の忍耐をつけたい時は、スモーキークォーツやモリオン等の黒い水晶を

 
今の自分はどんな願いで、どんな能力が必要なのか…を考え、 その願いを叶える為には太陽なのか月なのか、と考え、 願掛けをして飾りましょう。
マジカルオイルも願望に合わせて塗布しております。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。