満月・新月でハーブ収穫に与える味の違い

収穫時期でこんなに味が違う!

今宵は、太陰暦で収穫したハーブの味やエネルギーの違いについて、実験した結果を記します。
黒猫魔術店では山形県の霊峰出羽三山の麓、大自然の中で無農薬と太陰暦の農法を取り入れた「魔女畑」を運営しています。
こちらは主に魔術に使用する素材のため、魔術研究用のためのハーブと、自分たちが食べる野菜を育てています。

 

魔術とオカルト、無農薬・太陰暦農法からハーブ学を|黒猫魔術店

 

無農薬の理由

 

きっかけは私が持病持ちだったり、家族がアレルギー持ちだったので無農薬農法で自分で育てた野菜を食べれば健康になるのではないかという考えでした。
勿論それは「食生活を変える」という点で健康です。
また「自分たちが無農薬で育てた野菜は市販のものより良いにきまってる」というプラシーボ意識もあったろうと思います。

 

結果的に、私も家族もとても良くなりました。
たまに「魔女なんだから魔術で病気治せばいいじゃない」とマリーアントワネットもびっくりの嫌味を仰る人もいらっしゃいますが、病気とは則ち老化や時の流れによるものなので、生活を変えることはできても時間は操れませんので。

 

太陰暦農法の理由

 

体調が良くなったので更にハーブの研究を行うべく、魔女畑では沢山のハーブが栽培されています。
また、その種まきや収穫を太陰暦で行っています。
太陰暦とは月の満ち欠けの暦のことです。
ケルトの魔女たちはこれを使っていました。
皆さんは「本日は…」と1日のことを言いますが、太陰暦では夕方から1日が始まりますので、私はいつも「今宵は…」という言い方をしています。

 

月の満ち欠け、太陰暦は太陽暦が採用される前の暦でした。
月は28日周期ですので1年は13ヶ月ありました。
また春分の日(3/20頃)を境にして黄道十二宮(12星座)が充てられ、季節に従って祭事を行っていました。これがサバトです。
日本でもありましたが現代では祭日は失われていますね。

 

祭事の他に満月、新月、上弦の月、下弦の月等の日に特別な儀式を行いました。これはエスバットといいます。
例えば入浴(禊)や契り、結婚式や、薬草の摘み取りです。
日本でも十五夜の月、八十八夜に茶摘みをする等がありますね。

 

このように昔は月の満ち欠けによって行事や祭事、種まきや収穫を行っていました。
何故か?
月の影響が大きいからに他なりません。

 

私たちは地球で生活している以上、天上の星の動きや時間の流れに逆らうことはできません。
例えば新月の日は、太陽―月―地球と一直線に引力がかかりますから、地球にいる私たちも植物もその影響を受け、体液が地面に近い方へ集まります。
ですから植物で言えば新月の頃は、剪定に適していますし、玉ねぎや人参などの根の野菜は充分なエネルギーをもった時に収穫できます。
逆に満月は引力が均等にかかるので、頭や新芽の方まで体液で満たされています。
葉物野菜はみずみずしく、虫も卵を植え付けやすいですし、蛇も活発になります。
これは実際魔女畑でもそうです。

 

私たちは満月に収穫することが多いので畑へ行くと必ず虫やその卵が多いし、蛇もにょろにょろしています。
満月の他にもサバトの日にもこれが多いです。
動植物は太陰暦で動いているのだと、本当に感じます。

 

新月・満月で収穫したハーブを食べ比べる実験

 

今回、その説を証明するひとつの実験として魔女畑で採れたローズマリーで面白い結果がでました。

 

魔術とオカルト、ビオディナミワインと太陰暦農法からハーブ学を|黒猫魔術店

 

Gulukぱん教室で、フォカッチャとドーナツを作り、イタリアのチーズとマリアージュしようという、マーヤさんで行われたイベントです。
このフォカッチャの材料として、魔女畑のローズマリーを使いました。

ローズマリーは2種類で、ドライにしてからオイル漬けにしたものを使用しました。

 

  • 2017/2/26に収穫した新月(魚座で日食)
  • 2017/4/11に収穫した満月(天秤座)

理論での味の違いはその体液量から、新月の方がピリ辛で少し苦く、満月の方が香り高くマイルドになるはずでした。
(因みに魔術での違いは、新月ハーブは体から悪いものを追い出したい魔術に、満月ハーブはエネルギーを取り入れたい魔術に使うことが伝統的に言われています。)

 

皆さんには新月と満月それぞれでフォカッチャを作っていただきましたが、その味の違いがわかる人が多くビックリしました!
プラシーボにならないよう味の違いは説明していません。

 

新月の方が葉も細く、色もモスグリーンで、やはりピリ辛、少し渋く苦い味がします。
満月の方は葉が太く、青々としていて水分量も多く、甘く、マイルドな味です。
ここまで月の影響で味が変わるのかと!

 

目に見えないエネルギーの違い

 

ハーブでこうなのだから、他の野菜や果物も同じなのです!

 

恋愛魔術だったら満月に収穫した林檎…
金運魔術だったら満月に収穫したオレンジ…
呪術用や魔除け用なら新月に収穫したセージやタイムなど…

 

このように願いによって植物やハーブの力を借りる魔術。
これは太陰暦、月の力、時間の流れに逆らわずに味方にするという、自然の術なのです。

 

自然の農法は昔は太陰暦で行われてきました。
しかし現代では効率や利益によってそれは失われ、忘れられました。
勿論、それがなくても生きていけます。
何も不便は感じませんが、少しずつどこかが歪み、不調や病気に繋がるのかもしれません。
目に見えないことなんで何とも言えませんが、生活習慣病って、目に見えるところだけの話ではない気もします。

 

言葉は目に見えませんが言葉に力があるように、
対面する相手が何も言わなくても何となく雰囲気が伝わるように、
目に見えない何かの力が働いていることを、農業をしていてすごく感じます。
もし宜しければ、魔女の皆さんも自宅で鉢植えなどで育ててみてください。
バジルやセージ、タイムやミントなどは育てやすいのでおすすめです。
そして満月や新月で採取して食べて、違いを感じてみてください。
本で読んでもわからなかった、目に見えない何かの力を感じることができるでしょう。

 

ハーブスワッグのページへ!
↑ハーブスワッグのページへ!↑

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。