【占いは学問!】黒猫のタロット占い【深層心理学】

私達は魔女学研究者。

黒猫魔術店の占いとは?

今宵は占いとは何か? 特にタロットについてお話したいと思います。
私たちはケルトの自然崇拝の魔女であって、占い師でも呪術師でも、魔術代行でも御座いません。
古来からの学問を研究する処です。

  • 魔女学、占星学、ハーブ学、錬金術、これらが現代では、医学、天文学、化学になっていますから相互合わせて古来の考え方は正しいのか?
  • 中には現代の概念よりも理にかなったものはあるのか?
  • まだ科学で解明されていないことはなにか?

ということを調べています。

黒猫で取り扱うもの、またスタッフ含めて携わる魔女・魔術師は、論理的思考です。
だから黒猫は現代で流行っているスピリチュアルは全く興味ないですし、 寧ろ歴史が浅い分、信憑性が薄いと思っております。
スピリチュアルが嫌いで、それを盲信する人にも鳥肌が立つのですが、 一般的なイメージとして魔術やオカルトはスピリチュアルだと思われているので 私たちはそれを「いいえ、学問です」と言いたい。

 

タロットと深層心理学

黒猫式のタロット占いは、 ご相談者の深層心理を整理し現状把握と対策を考える「深層心理学」だと言えます。
極論を言えば、占いのあり方は深層心理学以外にないと、私は思っています。
私の先生(指導霊)が仰る、「未来告知してはならない」があります。
占いにおいて、こんなことが起きる、いつ結婚するなど解ってしまえば、 意識と無意識の相互作用で自然だったはずのものがズレていきます。
未来は見えても、本人に伝えない方がいいんですよ。基本的に。

しかし今を生きる人たちにとって必要な「現状を整理する力」。
つまり本来深層心理ではYES/NOが解っているのに 常識等の概念が意識で邪魔をして思考や動きが鈍くなりがちな人には、 黒猫の深層心理学であるタロット占いはぴったりですよ。
その為にはご本人が「どうしたいか、何を成したいか」が重要ですけれどね。
「これは占いとは違います」というカードリーディングってありますよね。
あれも深層心理学を使っているものです。
その占いが当たるか、当たらないか、自分が満足するかしないかは、占い師の知識量(経験量ではない)によりけりです。

 

タロット4枚だけでも多くの情報が

黒猫魔術店がタロット占いをすると、現状把握の4枚を使います。

少ないと思われるかもしれませんが、過去―現在―未来、現状の対策という、この4枚を展開した時点で、数多くの情報が入ってきます。
何故ならタロットカードは78枚全て、1枚1枚に、 4属性と星座と惑星と2区分、3区分、色や動植物が割り当てられていますから、物凄い情報量です。

 

魔女のタロット占いと黒魔術

・相談者の状況
・考え方、嗜好、行動傾向
・思考タイプか行動タイプか
・共感タイプか合理的タイプか
・能動的か受動的か
・過去を見るのか未来を見るのか
・属性の偏り、過不足
・正位置、逆位置によってストレスの状態

 

 

だから大体4枚で、10分で解決するんです。どんどん展開すると逆にわからなくなります。
展開されたカードの意味を読み解いていくと、 相談者の頭の中で深層心理の中でシンクロニシティーが起きていて「当たる」となるわけです。
当たってるんじゃなくて、元から心の奥にあった事に本人が気づいてないだけです。
ほら、スピリチュアルじゃない(笑)。

 

魔術の基礎を集めたものが「占い」

何が言いたいかというと、魔女や魔術師は占いができて当たり前なんです。
朝飯前すぎて占いで飯食うなんてことが寧ろできないくらいです。
何故ならタロットも、他占いも全て、魔術で学習する基礎的な知識を寄せ集めた「実践」だからです。

賢い魔女は、インプットとアウトプットのバランスがとれています。
自分の中に入れた知識を、いかにしてアウトプットするか、それが占いというツールなのです。
私たちも何もスピリチュアルじゃない(笑)!

しかし最終的には、ご本人の努力で未来を築いていくわけですから、私たちに丸投げしないでくださいね。
自分を救えるのは自分自身と、その心の成長のみです。
ついでに申し上げれば、タロットは現状整理ですから何も解決されていません。
そこから自分で行動して初めて、成果を刈り取ることができるのですよ。
もひとつついでに、魔術研究者としては色んな魔術に触れてみることも良いですよ。
キャンドルマジックやブレスの願掛け、ヴードゥーも御座います。
やってみて、興味が御座いましたら是非その古来からの叡智を勉学なさるのも面白いですから。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。