般若心経に対する黒猫的見解・魔防御回2

般若心経の教えは素晴らしい

今宵は般若心経についての解説です。

秋は何かと霊が騒ぐ季節なのですよ。収穫祭ですからね。
収穫祭の盛んな霊気はその猛々しさに人間が気押される事だってあるのですよ。

そんな時に手っ取り早く防御をする方法、般若心経の使い方についてです。

 

般若心経で魔術防御・魔除けをする使用法|黒猫魔術店

 

人霊には般若心経!

 

言葉の通じる相手…人霊には手っ取り早い方法がありますので!
はい、般若心経!

 

はい、皆さんの言いたいことはわかります!
西洋魔術を研究する魔女の癖に般若心経かよ!って思いますよね。でもこれは本当に凄いんです。

 

般若心経の歴史

 

まずは歴史からご紹介しましょう。
正式名称『般若波羅蜜多心経』(はんにゃはらみったしんぎょう)

 

西遊記のモデルにもなった有名な玄奘三蔵が、般若心経を含む大般若経をまとめ、その一部、真髄として266文字の漢字にしたものが般若心経です。

日本では法相宗・天台宗・真言宗・禅宗が般若心経を使用し、各宗派で解釈も様々。
日蓮宗や浄土真宗はこれを唱えないものの、般若心経の考え方が元々根付いているのです。
それ程、日本人にとってはポピュラーなお経なんです。

そう、この「ポピュラー」っていうのが肝心なんですよ。

 

日本人には日本語で説得!

 

人霊というのは、様々ありますが殆どきっと日本人な訳です。日本に住む皆様なら。
外人や海外にお住まいの方、そちらにご縁のある方はまた違うと思いますけれど、このブログをお読みになっている方は殆ど日本にお住まいだという前提で話してますよ。

 

例えば、土地に住まう地縛霊、徘徊する浮遊霊、人語のわかる動物霊、そういったものどもだって日本人である訳ですから、西洋魔術のヘブライ語や聖書の一節なんて唱えても「意味わかんないし!」で終わりますよね?

 

霊は言語の壁がないとも言いますが、霊が博識ある方で西洋式のものでも伝わったとしましょう、しかしこちら生身の方もちゃんと意味を理解していた方が、実はいいのです。
般若心経は漢字で書かれているので、なんとなくでも意味合いが理解できるじゃないですか。
その点がとてもいい。

 

般若心経の使い方

 

さて、使い方ですが体調が悪くなったり、悪寒がしたり、気持ちわるいけど行かなきゃいけない、通らなきゃいけない処へ差し掛かる時に、般若心経の蛇腹を広げて体へ巻きますよ。
漢字の文字を上にしてくださいね。

 

そして術者(貴方)は、強く「邪悪なものはここから立ち去れ」と思ってくださいね。強くですよ!
何の魔除けでもそうですが、悪意を払い除ける術は、術者のその強い思いがエネルギー源となります。
「私は霊媒体質だから仕方ない」なんて決して思わぬように。
そう思っているから、引き寄せているんです。

 

「私に来ても無駄」「私に来ても何もしてあげられない」「早く立ち去れ」と思ってください。
貴方が強く在らねばいけないのです。肉体も、精神もね!

 

話を戻して、そうすると般若心経の文字が人霊の方に見える訳じゃないですか。
そこで楽になればOK。
人霊もその意味を理解してさっさと昇ってくださる、又は「こいつに何しても意味ねーや」って去ってくださればいいのですからね。
これだけでも十分に効果があるものだと私は身を呈して提唱していますが!

 

般若心経の意味

 

それでも楽にならない場合は、般若心経の日本語訳を覚えておきましょう。
※お経の文ではなく、日本語訳がミソです。

 

では、蜜猫的分かり易く語訳したものを載せておきましょう。

 

この世は空虚、故に痛みも悲しみも最初から空っぽ。
この世は変わりゆく。故に苦を楽に変える事ができる。
苦しみ悲しみ痛み病に拘るな。
見えるもの、聞こえるもの、何より心に拘るな。

生きていれば色々な事が起こるけど、全ては最初から空っぽで、目まぐるしく変化するのだから
つまりそこには何もない「無」なのだと気付きなさい。
全ては「無」なのだから、苦しく生きるのをやめて、明るく愉しく生きなさい。

 

細かい処は省いていますが、多く訳しても覚えきれないと思いますのでね。
これだけを覚えといてください。
そして何より術者自身もこのように生きていけば楽ですよ。

 

これは霊に対して言い聞かせる(=説得させて浄霊する=導霊)ものです。
霊媒体質のかたよ、年がら年中霊媒師の元へ行くのはお止めなさいな。
うちもそうですが、こういう場所は霊の溜まり場なんですよ。
行けばまたついてくるし、霊媒師の人だって浄霊するの疲れるし、だったら貴方が浄霊の仕方を覚えればいいだけの事。

 

この世の痛みも苦しみも、全ては無なのです。
あるように見えるのは、我々人間の所有欲と独占欲とプライドが成すもの。
それを飛び越えた感情とは、とても清々しいものだと思いませんか?

 

イライラするのはあいつがこうしてくれない、愛してくれない、これは所有欲です。
そもそもあいつは貴方のものではないし、愛してくれなくても此方が好きかどうかでいいじゃないですか。
相手の心なんてまずは読めないし、真実がどこかは後になって解るもの。
死んだ後にね。

 

全てを手放し、「無」というものはどういうものなのかと気付いたら、貴方の霊媒体質はもう霊媒体質ではなくなりますよ?
それを気付かせる為の般若心経なのです。

 

痛いのならその痛みを陽転すれば、それはもう痛みじゃない。
悲しみも苦しみもそれを陽転する事ができるエネルギーを持った存在が人間です。

 

人霊とは、長年そこに居続けているものどもは特に、「無」の感情を持ち合わせていません。
何故なら感情(ポジティブでもネガティブでも)があるが故にそこに居続けられるものたちだからです。

 

ネガティブな波動を感じたら、この般若心経の真髄である、「この世とはね、空っぽなんだよ。痛みも苦しみもなくて、世界は変わるものだから、貴方の苦しみも楽しみに変わるよ。それが無ということだよ。」

と諭してあげて、「さあ、御行きなさい」と言ってあげればいいのです。
簡単でしょう?
そのものが見えるか見えないかはどうでもいいのです。
貴方が嫌だな…って波動を感じたらこれを思ってくださいね。

 

般若心経で体調が悪くなる?

 

ところで逆に、般若心経で体調を悪くするという事例がありましたので調べてみましたよ。
写経や読経を熱心にすると低俗霊が寄ってくるとか来ないとか。

それが本当かどうかは、私自身は遭遇した事がないので分かりませんが、本当だとしたら、寄ってくるのは言葉の解るポジティブな感情を持った人霊でしょうね。
成仏したいけど出来ないものたちが、集まるのかも知れません。

 

私は修業中は何度も何度も、繰り返し般若心経を唱えますが、一度もそういった現象に陥ったことはありませんし、仮に私が能力者だから平気なのかと言われれば、それも違うと思います。

修行していない人が般若心経を読んでそういう現象が起こる事自体が有り得ないからです。
何故ならこの世に生きるもの全てが修行であり、菩薩だからです。
貴方は正式な修行を行う行わないに限らず、修行する為に生まれてきている訳で、つまり菩薩(=修行僧)のエネルギーを持っているのですよ。

 

だからもしも万一にもそういう事が起こったとしても、貴方のパワーで蹴散らすことが出来るのです!
般若心経を持って、唱えて、ゾワゾワするって人、確かに沢山いらっしゃいます。
それは悪いものではなくて、心がとても綺麗なかたなんですよ!

 

だって般若心経の意味が解らずとも、体が神聖なもの(般若心経は宇宙の真理を教えているので)に反応してるって事ですよね。
ぜひ、意味をご理解して、更に自分の中へ落とし込んでみてください。
そうすれば自然と魔を払い除ける事ができるようになりますよ!

 

般若心経で防御・魔除けのまとめ

 

因みに般若心経はどこで買ってもだいたい同じものです。
うちでも売ってるし、百均でも売ってます。
一刻を争うような人はとりあえず蛇腹になっているタイプのものをお買い求めくださいね。
本タイプもミニサイズも色々ありますが、大きいものの方がいいですよ。
人も霊も、見やすさ的な意味で。

 

さて、般若心経について最後にまとめると。

 

言葉の解る人霊に対して有効。
尚且つ術者もその意味を知っていれば、自分で浄霊する事ができる。
霊媒体質で行列が出来る、吸着シートのような人はこれです。

 

霊媒体質じゃない一般の人であっても、楽に生きる術が書かれた教典。
特に夫婦喧嘩、恋人の喧嘩、人間関係等で大いに役立つこと間違いなし!な教え。
つまりこの教えを知っていれば生きた人間からの悪意敵意もある程度回避可能(自分が変わるから)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。