【蛇憑き落し】魔女のやり方と霊的考察【※注意喚起】

憑き物でお困りのかたへ

今宵は憑き物のお話。私自身は猫憑き筋で、見た目猫の霊体を使役しています。

先日あった憑き物落としの体験が、私自身教訓になったのでここでシェアしようと思います。

もし憑き物でお困りの方がいらっしゃれば、参考になるかもしれません。

あくまでも、陰陽道と西洋魔術が混ざった私なりのやり方なのでご了承ください。

またもしこのような術をお使いになる場合はきちんと意味を理解してから、自己責任で行ってください。

 

憑き物落としに自然魔術、薔薇の塩

 

憑き物とは?

 

憑き物というのは一般的には、動物霊や自然霊、想像霊、人霊があります。
どのような方々でも少しくらいはこのような者どもと共存されているのが普通です。
それは物質の世界と幽体、霊体の世界が重なるようにして共存しているため、 霊等が人体に対して通り抜けたり、影響を与えたり、居座ったりするからです。

 

ずっと人の心に棲みついて共存すると「憑依」の状態になります。
憑依までの潜伏期間はそれぞれの霊で異なりますし、種類によっては剥がしにくくなったり増殖したりします。
故に、世の中の霊能力者・霊媒師の皆さんはこれを除霊したり浄霊したりします。

 

私はと言えば、そうした拝み屋の仕事は請け負ってはいませんでした。
物質界の(人間相手の)仕事なら尚更です。理由は疲れるからです。

 

憑き物と対峙すると、疲れる(憑かれる)んですよ。
生半可な気持ちではできないし、やるならそれ相応のお代を戴かなければできません。
拝んで終わりじゃないのです、陰陽道とカバラを使う儀式形式の祓い行なので 色んな道具を用意しなければいけませんし。

 

本当にあった蛇憑きの依頼

 

先日、ご依頼があった例を載せておきます。
最初の依頼主は霊体の女性です。

この女性の息子さんが蛇憑きにあっているということでご相談にこられました。
最初は断りました。私の猫の大将である琥珀(という名前の猫の霊)も「かかわんなや」と言いました。

 

しかしこの母親はたいそう息子のことが可愛くて仕方なかったのだろうなあ、必死に懇願していました。 私はとうとう根負けしました。
息子の方の蛇が首を絞めている様子を目の当たりにしたこともあり、 霊だろうと人間だろうと目の前で屋上から飛び降りようとしている人を助けなければいけない衝動に駆られました。
(後々思えばこれは蛇の手口だったのかもしれませんが…)

 

琥珀の反対を押し切った形で賢い蛇に気付かれないように作戦を練ることにしました。
蛇憑き落としは、本人に気付かれたりすると面倒なのです。
蛇は主の感情を操り、攻撃的で、性的ですから。

 

蛇の霊の特徴

 

蛇の特徴を挙げておきます。

 

  • 金には困らないが散財する癖がある
  • 気持ちを大きくみせようとする
  • 口がうまくてエロい、賢い
  • 肉体関係をもった者に伝染していく
  • 蛇の道は蛇(交友関係も蛇がいる)
  • 長期間憑かれていると増殖する

 

これはデメリットの方です。
どうしても憑き物は「心の隙をついて」侵入してくるんです。
だから「寂しい」とか「つらい」とか「悲しい」気持ちになっていると憑かれやすいんです。

しかし心のコントロールさえうまくできれば蛇を飼いならすこともできます。
さすればお金に困らない生活ができますよ…
しかしその金を自分の寂しさを埋める為に使うと蛇に足をすくわれますのでご注意を。

 

風呂で様子をみる

 

どのように蛇憑きを落としたのかというと、まずは風呂です。
蛇はお湯が嫌いなので、熱めの風呂に1時間も浸かれば初期対処可能です。
しかしこれでは息子の蛇は出てきませんでした。
長期間憑かれると中々剥がれないからです。

 

そこで酒を飲ませて風呂に浸かり、深紅の薔薇80本程を浮かべる作戦にしました。
薔薇風呂ですね、そうただの薔薇風呂と思ってくれるところがいいんです。
気付かれないようにしないといけないので。

 

蛇、と一言で言っても様々なタイプがあります。
蛇の形状から、青大将クラスの大きなもの、逆にミミズや糸のような虫まで。
大きさに合わせて仕留める道具を変えます。
今回はミミズタイプがかなり多く発生していたので、薔薇を相当量使いました。

 

金星の守護を持つ自然魔術の薔薇

 

薔薇というのは、花弁が渦巻の形状をしています。
渦巻というのは自然の広がりを意味し、金星の守護を持ちます。(カバラです)
酔った蛇がふらふらと出てきて、とぐろをまく(これも渦巻なのですが)のが薔薇の中。
逃げ込んだ先が薔薇で、しかも蕾は入ったら最後抜け出せない形状になっています。

 

1時間程浸かったところで薔薇を回収し水切りをして乾燥させます。
この時1日程置いておきます。
その後、薔薇の花弁を一枚ずつ剥ぎます。
傷んでいない花弁は水分をふき取って電子レンジでチンしてドライにし、塩と一緒に瓶詰にします。
傷んだ花弁は別で取って置き、花の中心部分に蛇がいるのでこれも別でとっておきます。
(これ一日作業だから)

 

自然の中で儀式を行う

 

その後、夜になるのを待って待宵月~満月前夜の頃に河原へ行って儀式を行います。

禊から始まり、詩編、小五芒星追難、ディアナへの祈歌、魔法円の作成した後に、 その薔薇の花弁を川に(自然に)お返しします。

 

私たちは自然信仰の魔女であり、忌み嫌われた陰陽道の術者です。
塩を持ち浄化を行いながら、お帰りください、お帰りくださいと唱えます。
詩編を何度も読み上げたり、般若心経でも良いですね。

 

蛇といっても自然のもので、私たちは殺すことはできないのです。
お帰りいただくことしかできません。

最後に魔法円を閉じ、祈りの歌と感謝を捧げて儀式は終了。

 

儀式後の注意事項

 

しかしながら憑き物を落としたとはいえ油断なりません。
儀式終了後、やっと本人に事情を説明します。
薔薇風呂の儀式後はまるで憑き物が落ちたかのように軽くなってとお話されていました。
そこで私も今後の注意事項を御話しました。
以下の通りです。

 

  • 寂しい心をコントロールすること(=強くなれ)
  • 悪縁・悪友を断ち切り関わらない事(=蛇の巣窟からの脱出)
  • 週1程度の薔薇の塩漬け風呂(禊)

 

そうです、最終的には本人の心の在り方です。
目に見えないものに憑かれる程の気持ちが解らんでもない。
でも自分のことは自分が救ってやる意外に方法は無いのですよ。
救世主なんて、いないのです。しかし、物語はこれで終わりではなかった。

 

増殖する蛇、高校生の依頼

 

【蛇は増殖する】という性質と、私自身が蛇憑きと縁を繋いでしまったため 様々な蛇を目の当たりにすることになりました。
(後に琥珀が「せやからやめとき言うたのに」とか言ってた)

蛇の道は蛇…本当にその言葉がぴったりな程。

 

まず蛇憑き症状だった高校生を似たような儀式で落としました。
この子は親しくしている友人の娘さんで、相当な霊感持ちの霊媒なのです。
上記の大仕事を1か月もかけている間に、蛇の霊力を感知してしまい縁を繋いでしまったのだと…思います。

 

しかし娘に憑いている蛇は最近のものでもあり、古くからの縁もある、 ニシキヘビサイズが5匹程巣食っていました。
(何故そんなことになったのかはプライベートな理由だったので割愛)
友人(とその息子も霊感が強いので)力を借りてこれを祓う儀式をしました。

 

少し大きめの蛇サイズですので、薔薇に閉じ込めることは出来ませんからレタスを使いました。
渦巻形状になっていれば何でもいいのですが、入手が極めて容易いものを選んでいます。
また最初に薔薇の儀式を行った川はしばらく使えないので、こちらは海で儀式を行いました。
それ以外は薔薇の作業と同じです。

 

憑き物に憑かれている間は怒りっぽく、飽きっぽい、怠惰な生活状況だったのが (普段はそんな性格ではない) 普通の女子に戻ってくれたの、と友人より報告がありました(笑)。

しかし…まだまだ終わらない…

 

立て続けに女子社員からの依頼

 

その後、立て続けにとある企業(A社とします)の女子社員が駆け込んで来ましたところ 紛れもなく蛇が居座っておりました。
しかしながら儀式を連続で行えないので、しばらく様子を見るように伝えたのですが、 そのうち別の方からまた女子が駆け込んで来まして。

 

よくよく話を聞いてみますと、そのA社に出入りしている方なのです。
そしてそのA社内では昼ドラのようなドロドロな私情の縺れがあり、 いやカッコよく書く必要はありませんね、つまり日常茶飯事的に複数人の肉体関係(集団レイプ)があるそうなのです。
そのやり口も酒を飲ませて等、酷いものなのだそうです。

ああ…そりゃ蛇になるよな…

 

主犯格の男性がおそらく蛇憑きなのです。
その蛇は、肉体関係をもつと伝染し、長期間蛇がいれば卵を産み、増殖していきます。
このA社はもう巣窟です。私じゃどうしようもないな。

 

幸い、相談に来られた女性ふたりは蛇憑き初期でしたので、熱い風呂でなんとかなるでしょう。
蛇のことは伝えずに(感付かれたらダメなので)、 「熱い風呂に1時間程、リラックスして入ってください。」
そうすれば運気上がります云々、と付け足し、「それが終わったら再度ご来店ください」と促しました。

そして再来店後、蛇はいなくなっていたので本当の事を御話しました。
A社を辞めるか、または主犯格と一切の交流を断ちなさい。そうお伝えしました。

 

縁が繋ぐもの

 

いや普通にさ…蛇関係なく、そんな会社も人間も関わりたくないですよね。
きちんと考えれば解ることです。

金のために自分の体を犠牲にすることはありませんよ。
目に見える・見えない問わず、「なんかおかしいかな」と思ったらそうなんですよ。

 

というか憑き物落としよりも、そんな男、陰陽道の呪詛してしまえばいいと思いましたよ、正直。
しかしそれだけの恨みや悪意をかっているんですもの、私がやらずとも天罰がくだります。
そうでなければ彼女たちの霊の導きで、私のところまで縁が紡がれませんもの。

 

蛇は悪くない、悪いのは弱い人間

 

蛇が悪いのではないのです。
蛇は元々は豊穣の神、破壊と再生を司るものなのです。

しかし人間がその力を得る(=憑依される)と、弱い心で天狗になってしまうのでしょうね。
寂しくて孤独で、でもそれを、後ろにいらっしゃる指導霊の皆様方に気付かせてもらいながら ひとつずつ修行して成長していくのでしょうね。

 

何度も言います。
憑き物が悪いのではありません。

あなたの心が憑き物を呼んでいるのです。

もし強く在りたいと願い、堕落な気持ちを捨てればそれらと共存し、富を得ることもできます。

 

目に見えないものたち

 

動物霊でなくとも、普段から私たちの世界には目に見えない者が共存しています。
認識するか、しないか、人それぞれの考え方の違いは当然あっていいと思います。
しかし私は、生まれつきに自分の見えている世界がこうなので、それを信じてるってだけです。
逆に言えば、目に見えるものしか信じませんし。

だからこのお話を馬鹿の戯言だと言うのも全然ありだと思います。
人それぞれ見えている世界が違うからです。

 

勿論、私はそれを解っていて尚、こんな話を発信しています。

 

どうぞ強くなってください。
様々な感情に流されぬよう、自律してください。
そう祈っています。

 

※この話は依頼主に了承を得て掲載しております。

 

魔術ブレスレットのページへ!
↑憑き物落としのための黒猫魔術店の魔術ブレスのページへ!↑

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。