陰陽五行・東洋の属性!木火土金水

五行は奥深い!

今宵は東洋魔術の属性である「陰陽五行」の話。

陰陽と五属性に分け、すべてのものごと・体や心に作用すると説かれました。

今でも漢方や整体、経絡などの学問で、五行が使われています。

ここでは西洋魔術の四大属性との違いも踏まえて、ご紹介します。

 

魔女のタロット占いと黒魔術

 

陰陽五行

 

陰陽五行は、中国の古い時代に生まれた思想で、 陰陽思想(男と女とか、表と裏とか、太陽と月とか、光と闇とかの相対的なものが世界を作っているというもの)と、 五行思想(自然界にある元素木・火・土・金・水が相乗したり相殺したりする関係があるというもの)が 合体して出来たものです。(ざっくり)

 

そして合体した陰陽五行は、 木火土金水にそれぞれ陰陽を振り分けて10個にして、 甲、乙、丙、丁、戊、己、庚、辛、壬、癸と呼びました。

 

コウオツヘイテイ・・・ではなくて、

 

  • きのえ
  • きのと
  • ひのえ
  • ひのと
  • つちのえ
  • つちのと
  • かのえ
  • かのと
  • みずのえ
  • みずのと

 

と読むとほら。

 

  • きのえ、きのと→木
  • ひのえ、ひのと→火

 

のように、解りやすいでしょう?

この、「え」と「と」は、それぞれ「陽」と「陰」という意味ですね。

 

五行

 

さて、五行の方。
木火土金水は、季節や方角、それを守護する聖獣、象徴するもの等もそれぞれ表していて、 まあ西洋のものとは少し違うけれども、まとめるとこうなりますね。

 

 

春、東、青、…東の青龍。現在を表す。

肝を司る。(自律神経系や気持ちらへん)
ストレスや感情の起伏が激しいため怒りやすい。短気とか。
それを改善するためには酸っぱいものをたべると良い。

 

 

夏、南、赤…南の朱雀。過去を表す。

心を司る(頭と心臓らへん)
コミュニケーションを司るため喜んだり緊張しいだったりとすぐ顔にでやすい。知恵熱とか。
それを改善するためにはハーブ等の苦味をとると良い。

 

 

土用、中央、黄色…中央の麒麟。(土用はそれぞれの季節の最終18日間の事)精神面を表す。

脾臓を司る。(胃らへん)
生命力。病気になったらこれだ!
甘いもの。炭水化物。タンパク質の甘味。

 

秋、西、白…西の白虎。体を表す。

肺を司る。(呼吸器らへん)
ショックな事があって凹んでしまう時はこれだ!
辛いもの。泣いて楽になってしまえよ的なね。特に野菜の辛味。

 

 

冬、北、黒…北の玄武。未来を表す。

腎を司る。(ホルモンらへん)
恐怖や不安を感じた時はこれ。
塩辛いもの。海藻等のミネラル類がいいね!

 

五行の使い方

 

書いてみるとわかる通り、日本人には親しみやすい単語満載ですよね。
風水もここからきています。

 

西=金運と言われているのは、秋が実りの豊穣の季節だからです。
黄色なのは、仕事をちゃんとこなすチャクラである第3チャクラが黄色だからだと思います。
(かと言って、西の方を黄色だらけにしても意味ないですけど)
私は風水はあまり信じてないのでね。

 

また、水は冬、つまり畑を寝かせる時期=死も意味します。
未来を表すのは、この世界も、ここに生きている人間も、移ろいで変わりゆくもの・・・
いえ、変わらなければならないもの、という事です。
(ここらへんは般若心経の項でお話しましょうか)

 

あ、ちなみに、 現在を表す…、とか書いたのは、たぶん他のサイトさんではないかも。
私がタロット占いをする際に、五行を使って五芒星の形でやってるので記載しときました。
タロット占いができる方はこのスプレッドでやってみてください。当たるから。
木が頂点の五芒星ですよ。

 

また、陰陽五行を使って漢方を処方したり、薬膳料理を作ったりします。
西洋のハーブ魔女に似ていますね!

 

そもそも人って、この五行(世界)全てで成り立っているわけで 一部分だけ悪いとか、甘いものしか食べないとか、そんなことってないじゃない?
だから結局はバランス良い食事が一番なのだよ。

 

どれが欠けてもだめで、バランスがおかしくなる。
バランスが崩れたらもう病気だからね。
その時はこの五行を参考にしてお食事したらいいと思うよ。

 

とまあ、こんな感じの陰陽五行です。
このように、日本人に親しみがあるものだから、東洋魔術師の方々は沢山いらっしゃいますけれどね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。