幸運をよぶ黒猫米・繁栄魔術の仕組み

山形県産お米と豆で繁栄の魔術!

今宵は、黒猫魔術店がお送りする繁栄魔術専用「黒猫米」、今秋最大の魔術のやり方を記します。

秋~冬は一年の中で最もパワーが高まる季節です。
この季節にとびきりの繁栄魔術(金運、財運、子孫繁栄の魔術)を考案しました!
秋のハロウィンから、旬を迎える米と豆です!

 

魔女とスーツ農家コラボ!繁栄魔術の米と豆!黒猫米!|黒猫魔術店

 

山形県で栽培した米と豆

 

今年に入ってすぐ、黒猫魔術店では山形県川西町にあるスーツ農家さんにお願いをしていました。

「1年間の繁栄魔術に使うとびっきりのお米と豆が欲しい」…と。

そしてスーツ農家さんでお米を、また別の農家さんで紅大豆を、丹精込めてお世話頂き収穫となりました。

 

繁栄のハーブである米と豆

 

魔女の言い伝えでは米は、古くから豊穣や守護の魔術が行われ、多産や金運のパワーがあるとされたハーブです。
今回の米は山形県特産の「つや姫」という品種です!

 

豆もまた、守護や繁栄、悪魔祓いや浄化の魔術に多用されてきたハーブです。
今回の豆も、霊峰出羽三山のエネルギーを蓄えた、川西町特産の「紅大豆」というソイビーンです。

 

これらハーブとして日常的に使っている感覚は私たちにはあまりないかもしれません。
しかし昔は米も豆も貴重なエネルギー源であり、環境が厳しく不作になれば山神様へ生贄まで捧げるほどの貴重な作物でした。
米も豆もおなかいっぱいに食べられる現代ですが、今ひと度、繁栄ハーブの恩恵に深く感謝をし魔術をほどこしてみませんか?

 

米も豆も火を加えることによって心も体も暖かく、体液を調整する働きがあると、ハーブと占星医学の祖であるニコラス・カルペパーは説いています。

 

ニコラス・カルペパーによると、米は獅子座の太陽のハーブ、豆は天秤座で金星/水星のハーブと言われています。
どちらも体に取り入れることで陽性として働き、風の属性を持ち、体液バランス・体温調節・思考力を担い、生命の恒常性維持機能という大事な部分をサポートしています。
繁栄したかったら何事も、生命力と健康が一番!

 

また、獅子座~乙女座~天秤座の時期は収穫祭のサバトが3度も行われます。
ハーブ学の鉄則として「エネルギーが最高潮の時に種蒔き・収穫を行うこと」があります。
従って土属性である牡牛座の頃に種蒔きを、秋分点であるメイボン収穫祭(9月22日)前後の時期に収穫しています。

 

1年で最もパワーが高い時期の魔術!

 

そうです、忘れてはならないのがこの季節の行事です。

 

他の作物がそうであるように、この秋の季節は実りと収穫の時期なのです。
今年も沢山の実りに感謝を捧げ、頂くという気持ちでエネルギー(体力、精神力、霊力も)が高まるんです。

 

またその後には本格的な冬の到来。冬は「死と再生」という、環境が変わる季節。
種を撒き芽吹いた(再生)ものを収穫(死)した後、「敢えて休ませる」ことにより、 来年また新しい種を撒けます。
種を撒かなければ収穫できません(成果を受け取れない)が、収穫しなければ種を撒けません。
何事も、願いを叶える為には行動と努力いう種を撒く必要があります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。