願掛け、執着、引き寄せ、願望の成就する仕組み

成功率上げるにはメンタル意識

今宵はエスバットの願掛け儀式について、願いが成就する仕組みの話。
黒猫魔術店では、魔術用のブレスレットを販売するのがメインで御座いまして、「ブログをご一読なさってからご注文ください」と申し上げております。

何故なら黒猫のブレスレットや他魔術具はただつければ願いが叶うというものではなく、正しい願掛けをして、願いにおける執着を手放して初めて、成就するという脳科学のプロセスを辿っております。
これが古より「魔術」と呼ばれる仕組みなのです。

魔術ブレスレット等の魔術具を扱う前に今一度、願掛けについて書き記しておきますね。

 

魔女の魔術ブレスレットの魔術的能力|黒猫魔術店

 

エスバットの願掛け儀式とは

 

願掛けというのは魔術具、護符等に対して、自分の願う処を、言葉・イメージ等の五感を駆使して伝える、魔術における基本の儀式になります。

 

私は石に対してパワーがあるとかないとか、そういう売り方をする方々が嫌いですし、またスピリチュアル偏りで得た知識を右から左へと流すだけの商売も嫌いなのでそれらの方々の考え方とは違うという事をまず一言申し上げた上で。

 

では、西洋魔術とは何か? と問われれば、それは「科学的に追求するべき分野」であり、また、特に日本では医療や科学等から既に迫害されたせいで正しい知識が伝わらないが為に勘違いされる分野です。
故に私は、この分野では科学的にデータ分析等で実験考察をはかったり、脳科学や生理学、また人類学、生物学、すべての学問を統合させて更に深く思考する必要があると感じており、そしてもしこれから此方に参入をお考えの魔女諸君には特に、座学での勉強を怠らず正しい知識を身につけて欲しいと思います。

 

それは、自分自身や、世界のこと、宇宙のこと、その仕組みや真理を追求する為にです。

 

…と話が脇道に逸れていますが、そんな訳で私に言わせれば占いも石もハーブも、我々が扱うものは全て科学的に説明がつくものです。

ですからすぐに霊の仕業にしたり、運気のせいにしたり、人のせい、環境のせい、目に見えないもののせいにして理論的にお話が出来ないのは、私も困ります。

 

感情と冷静の両方が大事

 

冷徹な私でさえ、これでも人の子、鬼ではないので、「感情」を理解する事は出来ます。
しかしその「感情」は我々魔女に向けるものではないことを今一度ご理解ください。
私が「元気をだして、頑張って、大丈夫だよ」と声をかければ刹那救われるかもしれませんが、私の使命はその刹那的希望を与える事では御座いません。

 

語弊の無いように申し上げます。
魔術にとって「感情」は、願掛けの際にはとても重要なものです。
解りやすく言えばLIKEとLOVEの違いのように、深い感情があった方が術も強力になりますわ。

 

しかし、その感情は持ち合わせつつも、貴方の頭は冷静で居なければいけません。
冷静でなければ、論理的に話を進める事が出来ません。
「何をどうして、どうなりたいのか」を現実にする為に行うのが魔術です。
これも解りやすく言えば、富士山の頂上まで登るというゴールがあって(どうなりたいか)その為には何処から登るのかを決めなければいけない。静岡なの? 山梨なの?
その為の装備は? 服装は? 靴は? いつ? 誰と?

 

感情だけ熱くなって先走ったら、社内で一人熱くて浮いた上司のようになりますよ。
魔術は頭を使うんですよ…冷静に計画を練り上げて、こうこうこういう計画のもと、私はここまでのリスクは負えるけどこれは出来ない、とかあるじゃないですか…
念入りに組み立てていくんですよ、ジグソーパズルを。

 

何を成したいのか、ゴールを決める

 

ゴールが何処なのか、これが解らない、決められない人も多い。
恋愛に例えるなら、付き合いたい、結婚したい、という社会的な形を求めるのか、それとも、相手の心を手とり足とり自分が居ないとダメにしてしまうのか、それとも愛は憎しみと表裏一体…他の願いもあるでしょうね。

 

貴方は一体どうしたいのか。
ここには曖昧な解答なんて要らない。
曖昧とは「富士山に登れればいいけど登れなかったらそれまででもいいし、五合目まででもいい」って言ってるようなもの。
これは貴方自身の願いだから、相手や世間、常識や概念は関係ありません。
自分の素直な気持ちで。それが例え醜かろうと、ね。

 

要するにハッキリしろって事ですね。
最初から言っているように、魔術には「叶ったらいいな」なんて無い。
馬鹿みたいに自分信じて素直に突っ走ったナルシストが成功します。
魔術でで早く確実に引き寄せる事が出来る人の性質はそれ。
私も含めて、詰まりは馬鹿正直なのです。

 

五感を使ってイメージする

 

そうして素直に願ったものを魔術具に願掛けする際に注意して頂きたいのが、先述の通り「五感を使ってイメージする」事。この時点ではまだ顕在意識です。

 

よりリアルに、夢を見る時のような感覚で、視覚・聴覚・嗅覚・触覚・味覚等の感覚器官を全て使い、イメージしましょう。

 

全部ですよ!
全部を使ってイメージするのですよ!

 

これは何故かというと、脳の仕組みのひとつで「イメージした事を具現化する」という能力があります。
人間は、常に思考をしながら生きているものです。
何かをしようとする時必ず「次はこうして、ああして…」等と思考をしている筈です。
それは貴方が意識してもしなくても、自然に思考をしているのです。
ぼーっとしている時でも、「ぼーっとしている事をしている」と思考している。

 

その脳の仕組みにより詰まり、思考した事は現実にしようと働く訳です。
逆に現実に考えられないこと(しようと思わないこと)は、想像や実行しようとは思わない筈です。
もっと言えば、少しでも「これやろうかな」「ほしい」と思った事は出来るし、やれるし、頑張れるし、手に入るんです。

 

ネガティブ禁止

 

ですのでポジティブ思考の方がいい運やラッキーが訪れる事になりますよね。
ネガティブ思考ならばその逆と。
ならば私たち賢く生きるのであれば、感情をコントロールしてポジティブシンキングになって、五感を使って欲しいものをイメージして手に入れたり、願いを叶える。
そこに行き着く訳なんですよ。

 

ブレスレットや護符等を使って願いが叶わない場合、原因の一つにこれが出来ていない事が挙げられます。ネガティブは禁止です。
願掛けの言葉も、否定形よりは肯定形の方がいいでしょう。
そして脳の奥深くへと押し込むような、煮え滾るような強い感情、意思も持ち合わせて。

 

願いは意識せず、忘れる

 

さて、ここまでがうまく行ったとして、次の工程は執着を手放す事です。
別の言い方をすれば、願いを潜在意識(無意識)の方へ落とすということです。

 

上記の段階では、願いをイメージする事はまだ顕在意識化です。
意識して「こうなろう」と思ってイメージしているという段階です。
これを無意識で願望を叶えようとする能力の方へ落としてやるのです。

 

解りやすく言えば、車の運転をする際に、初めて訪れた場所では注意深く運転をするでしょうが、普段通い慣れた通勤路等では全てを意識し注意深く観察し運転していない筈です。
人間の脳は(特に目は)、見た事のある景色、操作等を無意識の方へ記憶して保存する習性があります。キャッシュ機能のように。

 

執着の仕組み

 

願いが意識の方にあるうちは、執着と言います。

 

「お金がほしい」と思うのは(執着)、「お金がない」と言っているのと同じ。

「あの子がほしい」と思うのは(執着)、「あの子がいなくて寂しい」と言っているのと同じ。

 

ほしい、ほしい、と嘆いている(執着)うちは、「私は満たされていない!」と言っているのと同じなのです。

 

それは詰まり、「私ってすごく可哀想だから慰めてお願い神様!私満たされていないの寂しいの!」と聞こえるんですよ私には。

 

執着してしまう人は感謝する!

 

ではどうするか。その逆を言えばいいんですよ。
「私はすごく愛されていて幸せです神様!私は何もかもで満たされています!」

 

それが、今現在満たされていなくてもですよ。
大体にして、お金や人を欲しがるよりも今ある手持ちに感謝なさった方が宜しいですよ。
手持ちに感謝できないうちは、何を欲しても手に入りませんよ。
何故か。

 

先程の富士山で例えるなら、手持ちを感謝できないということは、自分がどこにいるか解っていない状態なのです。
自分がここに生まれて(出発地)、このくらいの財産があって(旅費)、大切な人はこれだけいる(旅仲間)って解ってないと計画も立てられないからね。

 

貴方は自分の現在状況を把握すると悲しいかも知れませんが、その状況すら感謝する処から全てが始まります。
願掛けをしたら、すぐにその願いを忘れ、執着する暇があるなら感謝をしてください。

 

意識を無意識に落とし込むのが願掛け

 

もうひとつ。
無意識が習慣となれば、貴方はその願いを叶える為の行動を無意識に行う事が出来ます。

 

本当に富士山に登りたいんであれば、自然と富士山の情報を集めたり調べたりしますしその際の服装や装備等も自然に目につくでしょう。
「~しなきゃ」と最初は思ってやった行動がそのうち「気づいたらやってた」行動になってきます。これが努力となるわけです。

 

願いが意識なのか、無意識なのかを見分けるには、まさにこれでしょう。
いつまで経っても「~した方がいい?どうしよう」と悩んでいるのはまだ意識です。
悩む暇があったら思考では感謝をし、行動では思考する暇がない程忙しく過ごしてください。

 

これが、ブレスレットや護符を使っても願いが叶わない原因その二ですわ。

 

自分の可能性を信じて努力する

 

もうひとつ。
叶わない原因その三は馬鹿みたいに自分を信じれないからです。
結局の処、悲しみに打ちひしがれもう誰も信じられなくなった時に、貴方が出来る最後に残されたジョーカーは、自分を信じる事なのですよ。
だってもうそれしか立ち上がる事が出来ないじゃない。

 

この世界で何を信じればいい?
自分しかないですよ。
自分を信じていれば未来を切り開くことができる。生きる事ができる。
誰を信じなくてもいい、自分を信じて頂戴ね。

 

もちろん世界には貴方を大切にしてくださる人もいるでしょうが
貴方を騙しておかしな知識を教える人もいるでしょうし様々でしょう。
そんな時に貴方は貴方を信じていれば迷うことはないですよ、感じたままに、心に素直に、冷静に。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。