魔術訓練は実践よりも知識から!黒猫魔術学園

知識があれば強くなる

今宵は、黒猫魔術店で魔術を教えている「黒猫魔術学園」のセミナーやその理念の話。
これは黒猫魔術店の考え方で、一般的な考え方かどうかは解りませんが、 魔術において一番大事なのは、実践ではなく知識です。

私の言っている「魔術」とは、目に見えないスピリチュアルの話ではなく、 脳科学や心理学、天文学やハーブ学、宇宙の法則を使った「学問」です。

 

魔術、魔女のセミナー|黒猫魔術店

 

霊感があるなら訓練は必須

 

しかしご周知の通り、私の体半分は霊界へ繋がっているので スピリチュアルとかヒーラーと言われるのはちょっと腹立たしいですね。

 

訓練を受け修行を積んだ魔術師や魔女は、 第三の目の乱用は超迷惑になるのでいざという時しか使わないと思いますが、 一般の方は「占い師は霊感がないとできない職業」だと思っているのでしょうし、 仮に第三の目が半開き開花している素人さんは、そういうものだと思って職業になさいますが、
…第三の目ばかり使っているとリスクが伴いますのでお気をつけてね。

 

能力使いは等価交換。未熟な状態の素人さんが何を交換するのか。
私も体を交換しています。家族を交換して、愛のない人もいます。人それぞれ。
第三の目は、邪眼、魔眼、などとも呼ばれます。意味解って使いましょうね?

 

スピリチュアルではなく、学問として教える

 

しかしながら黒猫では魔術の知識を教えている、「黒猫魔術学校」が御座います。
これは前述と何が違うのかと言えば、きちんとした学問としている点です。
つまり、目に見えないものどもを商材にしていないのです。

 

知識を伝え教えることは、第三の目を使いません。

もっと言えば、黒猫のタロット占いも西洋占星術も、ルーンもオガムも、 全て、知識の集大成ですのでこれっぽっちも霊感を使っていません。
覚えれば、理解できれば、誰でも使えるものなのです。

 

因みに、私は唯一、霊感を使っている(つまり第三の目を開眼して目に見えないものを商材にする)のは、 スピリットリーディングという霊視をしております。

 

これは私が生を受けてから、後ろの方々との対話によって30年間金銭的なやりとりはしないよう止められていました。
何故ならアストラル体がまだ未熟で幽界チャンネルしか合わせられなかったのを、 知識を高めることによって霊体・コーザルに合わせられるようになったので許可がおりたのですが、 …↑これ何言ってるか解らない人は知識不足なので、目に見えないものを相手にするべきではないですね。

 

知識は自分自身を強くする

 

黒猫魔術店は提唱します。

 

「知識を持たぬ者は、それ以上向上しない」

 

無知の知です。

 

占星術でも説明できます。簡単に言いますが、

 

宇宙も、人間も同じエネルギーで出来ているので、 これを知っている者は、人間の現実界での体は「宇宙の縮図」と知ることができます。

 

しかし、宇宙も人間も同じエネルギーでできているということを知らない人はどうして、 宇宙=自分と考える事ができるでしょうか!

 

当然のことですよ。
六法全書を勉強したから弁護士になれる(=六法全書を知らなければ弁護士にはなれない)
医学を勉強したから医者になれる(=医学を知らなければ医者になれない)

 

同じ理由で、お客さんが来ないとか、売上上がらないとか悩んでる人もいますね。
お金の勉強をしたからお金持ちになれる(=お金のことを知らなければお金持ちになれない)
ドラッカーとか七つの習慣とか読んだらどうですか。

 

あったりまえのことですよ!
それと同じですから、魔術という部門も、魔術を勉強しなければ使えません。

 

魔術の基本ルールを知れ

 

願掛けにしたって、何も知らなくてもやり方はお教えしていますね。
しかし四大元素と組み合わせたり、ユング心理学で深層心理を鍛えたり、 鉱物学で鉱物の知識を得て構築の仕組みを理解したり、 マジカルオイルに使われているハーブと占星術の関係を理解したり…

 

そうする事で術の成功率はぐんと上がります。
何故なら知識を高めるということは、霊性を高めるということに繋がるからです。

 

カバラでもそうですよ。ダアト(知識)を通らなければ、ケテル(王冠)までは行けません。
ダアトを鍛え高めることで、物質界、幽界、霊界へと向かっていきます。

 

意識と無意識は確かに1:9で、意識なんてほんの少しの領域だから、 先に無意識を鍛えようとする学派は沢山います。否定しません。勿論それは大事なことです。
しかし意識も無意識も解らないような人にいきなり無意識を鍛えよう!として 例えば…無意識は体を動かすことで鍛えやすそうですからスポーツやヨガや山歩きしよう!って、 いいんですけど、仕組みも解らないのにいいの?とも思うわけです。

 

部活やるにしても、まず基本ルールは知ってるじゃないですか。
それと同じで、まずは意識の領域でコントロールできること、 つまり「頭に叩き込む」ことから始める方がいいと思うのですよ。
意識から無意識に落とし込むんですもの。まずは意識しないと始まりません。

 

ですから黒猫では実践よりも知識を重要視しています。
一回で理解できる程の量では御座いません。難しいかもしれません。
しかし一番、コントロールできて達成度も目に見えてわかるものです。
現実界にいるんだから、まずは現実的なところからやりましょうね。

 

魔術セミナーのページへ!
↑魔術セミナー御座います↑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。