魔術とは古来からの知性であり学問!

その知識を知ることが始まりの一歩!

今宵は、黒猫魔術店で魔術を教えている「黒猫魔術学園」のセミナーから、「魔術」の話。
私の言っている「魔術」とは、目に見えないスピリチュアルの話ではなく、 脳科学や心理学、天文学やハーブ学、宇宙の法則を使った「学問」です。

 

魔術、魔女のセミナー|黒猫魔術店

 

魔術の歴史

 

これは歴史を遡ってご説明をば。

 

ずっと昔、まだ我々が狩りをして生活をしていた頃、大自然の驚異を占ったり、石のパワーを借りたりする…これが魔術でした。

 

その後、まだ医学が発達していなかった頃、人々は病気になると占星術とハーブを使ってお薬にしたりしていました…これも魔術でした。

 

その後、哲学者達が「宇宙とは何たるや」、「宇宙の真理とは何たるや」を研究しカバラ、錬金術等が発達していきました…これも魔術です。

 

その後、願いを叶えようとするお祈り儀式の一種として「黄金の夜明け団」等の秘密結社が設立され、
悪魔召喚や惑星護符等が有名になり…これはもう皆さんが知ってる魔術ですね。

 

このように、歴史を見ていくと色々なものが魔術として挙げられるのです。
身近で言えば、陰陽師、風水、家相、お清め、地祀りもそうですよ。
極論ですが、日本の場合は火葬ですね。
それだって魔術に含めてもいいんじゃないかと、私は思います。
それは神聖な儀式なわけですから。

 

願いを叶える魔術

 

まとめると、現在では、願いを叶えるために術を施すこと、が魔術と言えそうです。

私の勉強するケルト魔術では、自然の力を借りた魔術で病気を治したり(ハーブ)、魔除けをしたりと色々な使われ方をしていますし、魔術の大元になっているカバラの思想では、人間も宇宙も同じ大きな木から出来ているとされ、エネルギーも一緒。
このパワーを理解することで成長していける、というもの。

 

占星術はどちらかというと天文学的要素が大きくなりますが、これもカバラの思想やケルトも含むので、これら魔術は分野に分かれていても同じ一つの大きな魔術。

 

「願いを叶えよう、成長しよう」という、意思の表れ。

そしてそれを知ることによって、楽に生きられるようになる。

 

それが魔術です。

 

欲望に貪欲な人間

 

昔から、人間は隣の芝が青く見えたり出る杭を疎ましく思ったりと、「こうなりたい、ああなりたい」と希望を抱いて来ました。
特に恋愛面。昔は身分制度もあって、恋を叶える事は乙女の願望でした。
他にも戦争。そして昔は困難だった旅行なども。

 

そういう時に、編み出されたのが魔術。
恋に効くハーブ、時間、数字、色々考えられてまとめられたのがソロモンの大いなる鍵-惑星護符であったりします。
願いを叶える、事に対して昔の人は貪欲でした。
その秀でた知識を持つ魔女を「魔女狩り」として処刑した背景には、そういった魔術が恐ろしい驚異を持っていた、という事です。

 

でも。私は思います。

 

特別な儀式をしなくたって、強い思いは必ず叶います。

 

本気で、明日生きるか死ぬかの瀬戸際でも希望を捨てずに貪欲にチャレンジしていれば、必ずその意思は、宇宙まで届いて成就しますよ。

 

うまくいかない、理由は様々あります。

自信がない、努力がたりない、意思がブレる、等。

 

これらをはっきりとクリアにして挑めば、魔術なんて知らなくてもいいんです。
元々みんなが持っている力なんです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。