Q&A魔術のよくある質問

質問する前に読んでください。

今宵は魔術に関して寄せられるメールの中から、よくある質問を記しておきます。
とても多いご質問であり、これがきちんと理解できていませんと魔術できないので、ご一読くださいませ。

 

願掛けがうまくできるかどうか不安です

 

A、これはどの魔術具の願掛けにも、言えることですけれども。
そもそも、こういうオカルトなものに走るっていうことは、もう滅茶苦茶切羽詰まっていて、ほんとにどうにかしないとマジでやばい…生きるか死ぬかの瀬戸際位に、叶えたいものがあるって事ですよね?
現実的にどうにかできる問題だったら、別にわざわざ面倒な儀式をする必要もありません。
解決できる施設に相談しに行くとか、本人に直談判するとか、自分で行動した方が得策ってもんです。
 

しかしそういった魔術具をご所望の皆様はそんな事は既に試されていて、それでダメだったから最後の手段で魔術をお選びになるのが一般的かなと、私は認識しています。
「叶ったらいいな」とか「お金持ちに憧れる」とかそう言った軽い気持ちでやるようなものではないと思うのです。

 

そして、必死の思いでこちらにたどり着いた方ならば、「できるかどうかではなく、やってやる!やらないともう後はない!」と思うのだと。
実際、願掛けについては、特殊能力(霊感など)は必要ありません。
誰にでもできるイメージ力等が必要になりますが、必死な人程それは無意識に出来るものです。
なので極論を言えば、願掛けがうまくできるかどうかとご心配をなさる方はまだ必死さが足りない、ということでもありますね。

 

願掛けまでやって貰えませんか?

 

A、電話占い◎◎の館じゃないんだから。
「○○○先生のパワーが篭ったブレスレット」的な宣伝のせいですかね?
そもそもこの「パワーを込めて販売する」っていうのはどういう意味なんでしょうね?

 

神社で形代や神棚に精入れ(しょういれ)するように、石等にも精入れするってことですかね?
精入れとはそのものに魂を入れるとか、神様をお迎えするという意味です。
これにはちゃんと神主になるためのお勉強をした人(そういう大学があります)じゃないと出来ない筈です。
家を建てる時にも地祀りをしますけど、日本古来のそういうものは全てやるには資格が必要です。
 

じゃあ神社系の資格を持っていない方々はご自分の念を入れて販売してるんですかね?
それはご本人の思いを阻害してしまうものではないでしょうか?
ご本人が自分の願いを叶えるべく作ったのに、私が自分の念を入れてしまえば、魔術具として正常に機能しませんよ。
私がどんなに魔力溢れる強者だと仮定しても、それが(私が)願いを叶える訳ではありません。
何度も言うように、願掛けとは「願いを叶えたいという強い思い」です。
それがどのくらいの強さかは、ご本人でなければ知り得ないことです。
 

ついでに言いますと、私が「ものにパワーを込めて販売する」ことは絶対に有り得ません。
それを本当にやってしまえば、相当疲れますよ!!
もし千人に販売したら私の精神力は死んで廃人になるんじゃないですか?
やった事ないのでなんとも言えませんが…。

 

黒服・銀の指輪は絶対に必要ですか?

 

A、これはいい質問ですね。
銀のリングは左手中指にはめる防御のリングです。
これは絶対にはめてください。最低でも儀式を行う際は。

山登りに行くのに山登りの格好をするのと一緒です。
黒い服に関しても同じです。黒い服を着たくなければ裸でやってください。(本来は裸なんです)
儀式前の部屋の掃除、そしてお風呂に入って禊をすることも、同じです。

これは最低限のルールですので。
銀についてはシルバー925以上、もしくは純金であればK18以上でしょう。純度の高いプラチナでも大丈夫です。
リングですよ、他のものではダメです。輪になっているものを使ってください。

 

(ウィッチクラフトで)うまく作れるか不安です。

 

A、結論から言うと、うまくできなくていいのです。
うまくできない、という意味としてはお手本通りにいかなかったとか、ちょっと線がズレてしまったとか、というこちらの認識ですが別にそれでもいいのです。

 

ご本人が「叶えたいという強い思い」が込められれば多少ラインがズレてしまったとか、文字間違ったとか、呪文が違った、所作が違った、そんなことはどうでもいいのですよ。

 

「うまくかけるかな、どうしよう」と思いながら作ったものと、無心になって藁をもすがるくらいの必死の思いで彫ったものと比べれば、後者の方が思いの強さで言えば強いものが出来上がりますよ。
ということで、うまく作れるかどうかではなく、強い思いが込められるかどうかです。

 

魔術をしたいけど時間とお金がありません。

 

A、やらなくていいんじゃないですか?
おっと失礼しました…えーと、無理にやることはないのでは? と思います。
先にも言いましたが、魔術というのは【切羽詰って生きるか死ぬか、藁をもすがるような必死の思いで】やるものです。

 

なので極論を言うようですけれども、その願いを叶えるためにお仕事のご都合をつけられないとか、お金がないとかで折り合いがつけられないのであれば、その位の思いでしかないと、思います。
厳しい事を言うようですが、私にはそれは「叶ったらいいな」という発言に聞こえます。
 

本当になんとかしなきゃ!前に進まなきゃ!
という人は、どんなに遠かろうと、お金がかかろうと、ジョーカーを切ります。
いえ、切るしかもう手段が残されていないのです。
その切り札を切れないというのは、まだ幸せなのです。
そんな人は魔術を使わなくても大丈夫です。
一番不幸なのは、切り札を切るべき時なのに切れない、胆の無い人ですよ。

 

遠方なので店に行くことができません。

 

A,、なにもこちらに来れなくとも良いのでは? と思います。
魔術のやり方も、護符などの画像もネットに沢山転がっています。無料占いもあります。
現代では、通信教育で資格をとれるようなスピリチュアル系の仕事が沢山あります。

 

黒猫魔術店の方針では、魔術を習うということは座学だけではできない自然崇拝を感じることが大事だと思っているので、できれば受講者は山形まで来てほしいと思っています。
わざわざ遠方からお越し下さる人が沢山いますが、皆さん自然と食べ物と水に感動して帰られて、また来たいと仰います。
ここは霊峰出羽三山の麓で、自然災害も避けて通るような神に守られた土地なのです。
ぜひそれを肌身に感じて欲しいと考えております。

 

儀式の時間を自分で調節できますか?

 

儀式の時間は変更する事はできません。
魔術では、増幅・減退の魔術は月齢によって、惑星の力を召喚する時には曜日と時間まで決まった時間に行わなければいけません。
さらにボイドタイムを除いた時間に行います。
私が決めたわけではなくって、そういうルールですので私はなんともできません。
自分で自分の時間をコントロールすることをおすすめします。

 

料金高いです。

 

黒猫魔術店で扱っているものは、魔女がオーダーメイドでお作りする魔術具や、ウィッチクラフトが多いので大量生産できませんし、時間をかけて作っています。
じっくりとその人柄・占星術や、素材と向き合い、対話を重ねています。

 

そして自分たちの魔術研究はどうなのか?と常に考えながらより良いものを制作しています。
素材にこだわりたい思いから、材料もイギリスやアメリカから直輸入しているものが多いのです。
そのためどうしても料金が高くなってしまいます。

 

しかしながら魔術具は、簡単なものでしたら自分で作ることもできますし、材料も売っています。
私は、本人がウィッチクラフトした方が思いがこもりやすいのでおすすめしているくらいです。
しかし石の組み方など複雑で多量の知識と技術を必要とするものは、ぜひお任せください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。