魔女の生活や知識、自然信仰を広めたい

魔女って何なの?自然と共に生きる暮らし

今宵は「魔女の本質とは何か?」という話。
お陰様で魔女やその知識を広める様々なかたの活動を通して、近年魔女ブームになりつつあります。
出版物も魔術書は増えてきましたし、魔術自体に触れることも昔に比べて容易にできるようになりました。
どこかのカヴンや結社に所属しなくてもソロで活動もできるようになりました。

 

黒猫魔術店の各種SNSアカウントでは、大勢の魔女の皆さんと繋がっています。
これは本当に嬉しいことだし、その和の広がりで魔女の本質についてもっと広められたらな、と思います。

 

イギリス修行,ハーブや魔術、魔女について|黒猫魔術店

 

魔術・魔女の本質は自然回帰

 

結論から言うと、私にとって魔女の本質とは「自然回帰」に他ならないと思っています。

どのような魔術書であっても…例えば法の書、777の書、金枝篇、ゴールデンドーン、ウィッカンの書等を垣間見ても、結局のところ行き着くのは「自然崇拝、回帰」です。
日本人にわかりやすく言えば、老子の「無為自然」ということ…あるがままに自然に生きる。という教えそのものです。

 

朝日がのぼったら手を合わせ祈り、活動できることに感謝する。
大地の恵みである食べ物に感謝する。
体、仕事、お金、人は無理をせず自然に生きる。
必要な分だけの命を戴く代わりに必要な分だけのライフワークをする。
1匹の虫であっても殺生をしないこと。
月の満ち欠けによって農業をすること。

 

そうして自然と共生していくことが、願いを叶える(叶えやすくする)ことなのだと思います。
現に、魔女たちは季節の祝祭であるサバトの儀式を大切にし、その儀式中では自然の女神と男神と共に祝杯を交わし「一体となろう」とします。

 

魔術書ソロモンの大いなる鍵中の惑星護符の儀式では、惑星の力を模し視覚化した護符に宇宙や自然のパワーが注ぎ込まれることをイメージします。

 

金枝篇の呪術であっても自然と共生してきた結果(昔は共生せざるを得なかったのだと思いますが)、私たちの本能の中に植え付けられた無意識の思い込みを利用しています。

 

目に見えないエネルギーも自然の力

 

それらにならって、黒猫魔術店が開発する魔術ブレスレットをはじめとする魔術具は自然回帰の本質を利用しているものばかりです。
きちんと伝え受け継がれてきた魔女の知識(民衆信仰)を、現代になってやっと脳科学や心理学で説明できるようになっています。

 

引き寄せブレスレットが引き寄せられる仕組みは脳の構造と香りの無意識的記憶によるものが大きいですし、逆に呪いや霊のように目に見えない力とされてきたものも説明できます。
でもまだまだ科学は完全ではありません。

 

電気や電波やWi-Fiは目に見えないけどそこにエネルギーがあって普通に使いこなせているけど、数年前まではWi-Fiって?な時代でした。
だんだんと科学がスピリチュアルやオカルトを解明してくれると考えています。

 

石のエネルギーの神秘

 

目に見えないといえば石のエネルギーもそうです。
人間がパワーストーン等ともて囃し爆発的に売れるわ、信じ込む消費者が増えるわで市場は既に飽和状態となっていますが、そもそもの本質をお忘れではないかしら?

 

自然崇拝のケルトの時代では石はモニュメントであり祭壇に飾る立石でした。
イギリスのストーンヘンジのように、あそこで儀式が実際に行われていたのです。
勿論、きちんとした作法で浄化聖別をおこない、ドルイドという司祭が管理していました。

 

なのに現代はどうですか、腕にはめるアクセサリーならお洒落の一環として個人の自由だからいいのですけど、「~のパワーあるストーン」とか「作り手(霊能者など)のパワーが入ったもの」とか、ある意味世論的な洗脳という名の呪いがかけられておりますよね。
洗脳されてるうちはそれが真実だろうとなかろうと叶いますよ、業者も沢山売れてラッキーですから良いことしかありません。

 

それを信じることは悪いことではありません。
でも、何事にも「本質」ってあるじゃないですか。
石にパワーがある、浄化を行う、毎月ホワイトセージでやるのがいいんだよって、嘘っぱちが横行しているから本質が全然見えてない。
そして知ろうともしない!何故なのかと考えないのか!

 

魔女の知恵を正しく広めたい

 

私は魔女たちが冤罪で濡れ衣を着せられた歴史に正義感をもって、だからこそ現代で広めたいという思いが強くあるんです。
きちんと本質を理解してくれる人もいます。
きっとそれを共感してくれた方々が新たに魔女として生きようと思ってくれたんだと思います。
だけどもっと世間的に見て、魔女はまだまだ、未だに迫害されますね。

 

私はリアルでも魔女として生きてもう何年か経ちますが難色を示す方も多いですし、石のことで言えば、テキトーに作ってテキトーに浄化してテキトーな管理方法を教える一般的なお店と、願いを叶える為に特化した黒魔術のうちとじゃ私としてはジャンルが違うと思ってるんですが、同じく見られたりもします。
(因みに本当に本当に叶えたい願いがある方のみしか制作できないし1本作るのに2週間かかるので、占星術をどれだけ調べ上げて組むのかをご想像願いたいですね。)

 

自然と共に生きる

 

魔女とは自然崇拝を行いながら自らの願いを叶える術の知識をもった人のことを言います。
黒猫魔術店でも日々ずっと石やらハーブやらを研究しています。テーマはその時その時の私の興味で変わります。
しかし一つずつ魔術書と照らし合わせながら、実際にやってみたりすると結果がでるし考察できます。 そしてそれが魔術を行う時に糧になります。

 

魔術研究結果の殆どは不思議な力を持ってますが、自然回帰という共通性があります。
だから私は田舎でハーブを育てながら魔術を研究するといったスローライフに幸せを感じます。

 

イギリスではロンドン郊外から少し行くと田舎が広がります。
羊や山羊は放し飼いにされて丘や崖に住みます。
庭や畑はきちんと整備されており、隣の家まで何十メートルも離れています。
そこに住む魔女は自分でハーブを育て、それを決まった日に収穫して、マジカルオイルを調合したり、ハーブティーやサシェにします。
これは仕事ではなくライフワークです。
料理と同じくらい、昔はできて当たり前の知恵、技術でした。

 

そんな魔女の本質、生活や考え方などをもっともっと知ってほしいと思います。
スピリチュアルというよりも生活に根付いたリアリストだと思います。
そしていつか、魔女であることをカミングアウトしても誤解のないような最低限の知識を持った社会的認知されるように私はこの活動を頑張りたいな。
活動というか、私にとってはもう生活ですけれど(笑)。

 

サバトはこちら
サバト儀式

 

魔術ブレスレットのページへ!
↑黒猫魔術店の魔術ブレスのページへ!↑

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。