魔術と人生はゲームのようにロジカル思考で!

魔術を麻雀ゲームに例えてみたら

今宵は、麻雀と魔術の関係性を脳科学を用いて検証していきます。
麻雀じゃなくてもトランプでも花札でも何でもいいのですけれどね。

私、数字が苦手なくせに麻雀だけはできるので好きなんです。
だってあれ、絵柄じゃないですか、数字。
頭脳系ゲームではチェスも好きですし、 心理戦ゲームでは「汝は人狼なりや?」も好物です。
どちらかというとゲームにそういった鬼畜さがないと好まないので、ただ楽しいだけのゲームはつまらないですね~。

 

人狼ゲーム、麻雀、クトゥルフTRPGなど!魔術に欠かせないゲーム|黒猫魔術店

 

麻雀は魔術に近い要素を持つ

 

麻雀は4人プレイで手牌の絵柄(笑)を揃える単純なゲームです。
花札のように、揃える絵柄によって難易度や点数が違います。 トランプだったらポーカーに似てますね。

私はこれが人生であり、魔術であると考えています。

 

洗牌(シーパイ)

 

まず、洗牌(シーパイ)で牌を混ぜます。
じゃらじゃらという音を鳴らすのが、古くから幸運とされ魔除けの効果があり、大陸の方ではよく正月に麻雀をしたそうですよ。
トランプゲームでもカットするし、タロットでも最初にカードをシャッフルします。
この世も世界の混沌(カオス)つまり渦巻(自然的な姿)の中から生まれています。

 

理牌(リーパイ)

 

手牌(配牌)が配られたら、見やすいように理牌(リーパイ)します。
同じ絵柄や続き柄の数字を整理するということです。
配られた手牌は、今の自分の現状であり能力を表します。

 

初期地点であがりに近い手牌もあれば、遠いものもあります。
でもその中でいかに早く簡単に、絵柄を揃えることができるかを見ていくのです。

 

これは、タロットでも同じことが言えます。
正位置ばかりで何も問題がないね!という時もあれば、逆位置ばかりのストレス状態もありますし、 私の場合は火属性なので本来多いのですが、ソードの風ばかり出て忙しい時もあります。

 

けれど、私はすごく言いたい。
この現状把握が大事なのだと。

 

タロットのリーディングに似ている

 

よくタロットで、「お金がなくて困ってるんです」と相談されます。
なので金運の流れについて出すんですけれども、この多くの場合が「現状よくわかってない」なのです。
では、「どのくらいあれば困らないのですか?」と聞くと「わかりません」と言う。

 

その認識であればずっと自転車操業ですよー。
麻雀的に言えば、三色あるのに国士狙うような無謀さです。
まず現状を見てください、そしてそこを伸ばしていくことが大事です。

 

また、タロットで「どうしたら結婚できますか」と相談されます。
「相手はいますか?」と聞くと、「いません」と言う。
「じゃあ出会いからですね」と、恋愛運を出してみる。
するとソードやペンタクルの冷静と現実直視のカードばかりでる、つまり「結婚しか考えてない(執着)」。

 

これを麻雀に例えると面白い

 

これは麻雀でいうところの、両面待ちにすればいいのに間待ちとか、頭決め打ちみたいな感じだと思うんです。
感情的になっていると正しい冷静な判断がくだせません。
何故なら主観的に物事を見ているので、客観的に俯瞰して見れないからです。

 

結婚できない方々について、麻雀で敢えて言うとすればもっと楽な処へ身を置くべきと思います。
例えば、配られた手牌(自分の元々の能力)が3-5-6と持ってて、4が来れば良い。
でも4だけじゃなくて7でもいいわけですよね?
そこをなぜ4だけに固執するのか、と私は言いたい。
そしてどうせなら3を捨てて解りやすく4と7で待っていたい。その方が確率いいですしね。

 

自分の持っている能力(手牌)をわかりやすく整理したい。
そうすれば無駄なことや難しく考えずに、シンプルイズベストになれるんです。
あれやこれやと考えると二手も三手も遅れていきますので。

 

人生にもゲームにも安定はない

 

あと、これは誰にでも言えることですが、人生において「安定」はありません。 そんなの幻想です。
だって、時間は過ぎ去るものだし、季節は巡って年を取れば老い、いずれ死にます。
安定というのは、「不変的なもの」ということです。
この一瞬一瞬で変わらないものなんてありません。人の心もね。

 

麻雀でもポーカーでも札を切って、新しいものに変えます。チェスも駒を進めます。
自分の番が回ってきたら、自分の現状の能力を見て最善策を考えます。

 

  • どれが要らないのか
  • どこを伸ばしていけばいいのか

 

そして牌を捨てたらいちいち悩まない。目的の牌を引き当てるまで引けばいいんです。
(悩んでるとフリテンしそうだし)
過去は執着しない、魔術の考え方もこれに同じ。

 

また、一発で引き当てようとか、思うことも馬鹿げてます。
ギャンブルでもそうですが、リーチ一発なんてあまりこないですよ。
男運ないとか、出会いないとか、一発で引き当てようなんて考えたら駄目。
下手なガンマンでも100発撃てば1発くらいは当たるでしょ、という理論が好きです。

 

仮に盛大に転んで大失恋したとしても、手を変えて作戦を練り直せばいいのです。
感情論では「もう傷つきたくない」という気持ちがあるのも理解できます。
しかしあくまで目標到達のための冷静なロジカルでは「じゃあ次の手を考えよう」になります。

 

魔術はロジカル思考の脳科学!

 

魔術を行う上では、勿論感情は大事なソースです。
元になる感情が無ければ魔術儀式をしようだなんて思いませんもの。
でもその先、日々の生活において、魔女たちはとてもロジカルであることを認識ください。

 

そして私をこんなロジカル思考に育ててくださいました私の脳科学の師匠である完戸修平先生に感謝!
この度「魔術vs心理学」というテーマでトークライブもやっています!

 

私が言いたいことは、魔術って魔法みたいな不思議な力じゃないってこと。
願えばそれだけでうまくいくか、そんなこたあないよ!
移り変わる現実の中で様々な現象が起きた時に、冷静に対処したり、 何を捨てて何を得るのか、能力を生かすにはどうすれば良いのか、ということを客観できるからこそ、 先人の仰る魔術であったり、引き寄せの法則が使いこなせるという訳です。
それを全体的に不思議な力の総称として魔術と呼んでるだけ。

 

まずは自分の与えられた能力を見て、現状を把握しましょう。
それができてからの魔術です。
現状把握することが怖くて何もできない人には未来を変えていく力すらありません。

 

まして「運命の赤い糸」があるかないか論争は、きのこたけのこレベルの戦争に発展するのであまり言及しませんでしたが 私としては、「変えられない運命もある(=宿命)」 「運命は切り拓いていくもの」だと思っています。

 

ですから10発撃った程度の努力では足りないでしょうし、 失恋したとしてもあと90発の中に超いい人がいる確率が高いのです。
ここをロジカルに考えられるか、スピリチュアル女子と魔女の違いがここにあるかと思うのですよ。

 

冷静になりたい時はこのように頭脳ゲームをやっています。
黒猫魔術店でも月例会を開催しておりますのでご興味あるかたはぜひ。
遊びながらロジカルを鍛えられるなんて最高ですよね!↓黒猫卓上遊戯会で心理と精神を鍛えよう!
卓上遊戯会、カードゲーム、人狼、麻雀、チェス、ボードゲーム等!

 

魔術ブレスレットのページへ!
↑ロジカル思考魔女が構築する魔術ブレスのページへ!↑

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。