イギリス修行5ストーンヘンジで感じたサバトの重要性

本格的サバトを日本に広めたい!

今宵は2016/12/12~12/20までの魔女蜜猫のイギリス修行について、私が見て、感じてきたこと、 そしてこれからの黒猫魔術店の在り方や、私のしたいことについて。
毎夜度重なる御拝聴感謝致します。
本当にこの話は私の中で革命的なのですが、稲妻の閃きをどのように言葉にして伝えるべきかと1ヶ月ほど悩みました。
いよいよ私の中で起こった変化について、私も感じるところがあったので筆を取ります。

 

ストーンヘンジで感じた魔女のサバトの重要性|黒猫魔術店

 

自然崇拝の儀式

 

私は魔女で、その起源である北欧神話やケルト教のドルイド達に伝わる儀式(サバトやエスバット)について深く感銘を受けています。
エスバットは月齢で願掛けや祈りを施す魔術のことです。
サバトは季節に感謝をする年8回の儀式です。

 

これらは現代人が半ば忘れてしまった自然学であり、私はそこに回帰することが楽に生きられる魔術であると説いてきました。
何故なら昔も今も変わらず、私たちは自然を享受しており、時間などの絶対的な流れには逆らえないからです。
では自然と共に生きるためには命に感謝を捧げるべきだと、ケルト教のドルイドは教えています。

 

ストーンヘンジでのチャネリング

 

私がイギリスで修行するにあたって、ストーンヘンジでのチャネリングはメインイベントでした。
予備知識を入れると鈍るので何も見ないで行ったんです。
その時の衝撃たるや、今でも思い起こせば鳥肌が立ちます。

 

それはストーンサークルであり、祭壇であり、宇宙の縮図なのです。
別に水晶やら宝石ではなく、ただのブルーストーンという玄武岩です。
しかし立石の聳え立つそれは荘厳で、陽に照らされれば鱗のように光るし、夕景に沈めばべっ甲のように輝きました。

 

草原の中に佇み、共にあったかつての人間はなく、羊と烏だけが祭壇に取り残されていました。
ここでドルイド達は季節をよみ、星をよみ、篝火を焚いて儀式を行っていたのだ。
そんな光景がビジョンと共に浮かび、涙が溢れました。

 

私の心は喜んでいるのだ。
かつてのドルイドの儀式を知って、この失われたサバトを現代にも蘇らせなければいけない。
形式的なサバトという意味ではない。
本質である、感謝の心を、だ。

 

星空の下で円陣を組み、ゆっくりと歩きながら女神と男神、貴婦人と君主に感謝をする。
篝火の中に自分をさらけ出し、願う。
供物で祝うけれど、全て食べずに自然に還す。

 

…という儀式が行われていたのです。
これを一瞬でビジョンが見えて…なんて言い方が正しいのかわかりませんが、私はきっとこの地に呼ばれて参ったのです。
それが霊なのか神なのか精霊なのかはわかりません。
でも私はたぶん、以前、ここに来ている。そんな感覚でした。

 

イギリスの話を方々でさせて頂いていますが、ストーンヘンジでのこの体験は、言葉にするのが本当に難しい。
何も感じない人もいるでしょうが、私はきっと何かとのチャンネルが合ってしまった。
合って知ってしまった。それは稲妻の閃きだった。

 

 

 

不思議な話をして申し訳ありませんが、これは感覚やインスピレーションでしか表現できません。
物理的に何が起こったのかを客観的に見れば、確信レベルが変化しただけ…だと思います。
今までも確信はあったけど、実際に五感で体験したらもっと具体的な確信になったんだと思います。

 

黒猫魔術店で販売しているメイン商品であり、1番おすすめしている魔術ブレスレットもそうです。
だってストーンヘンジは本当にただのブルーストーンです。
それを切って加工して、特別な場所だと決めた所にわざわざ精密な占星術の計算をして石を立てたり積んだりするんです。
儀式ではお香や塗油が使われました。
そして祭壇ができてそこで願掛けや感謝の祈りをやるんです。

 

この工程はうちの魔術ブレスレット作りとまったく同じですよ?
本当にまったく同じですよ!!

 

願掛けの魔術儀式はエスバットとして現代に受け継がれてきました。
全てが大昔からあったことで、なんにも間違っていない。
そしてサバトの感謝する心があれば、願掛けもより強力になると確信しました。

 

本場のサバトを日本で再現したい

 

そうしたわけで魔女達は勿論、皆さんも誰ひとりであっても、サバトは行うべきであると思いますが、果たしてきちんとやっている魔女がいるのだろうかと疑問にも思います。

 

私がイギリスに惹かれた要因もそこです。
アメリカ人が寿司料理店をやりたくて、流行りのアメリカ流寿司職人と組むのはなんか嫌で、本場の本物の寿司を提供したいから日本人寿司職人に弟子入りする…みたいなことが私の中で起こっています。

 

サバトに関しては広める目的で1年間簡易的なものをやってきましたが、イギリスで私の意識が変わり、やはりガチの本物を後継していきたい。
現代風や国柄で変化するものではなく、本物の在り方を知っていただきたい。
もしどこかアレンジしたいなら、古きを知ってから改革してほしい。そう思います。

 

ガチで本気のサバトを、黒猫魔術店プロデュースでやっていきたいと思います。
年8回あるサバトをぜひ全てご参加ください!
通年で参加すればきっと全身全霊での変化が起こり、願掛けや他の魔術であってもコツや、引き寄せなどが簡単に起こってくると思います。

 

黒猫魔術店ではサバトに参加できます

 

実際に脳の仕組みで、幸せや感謝を感じながら生きるとそこにフォーカスするためにより多くの幸せなことが起こる(目に付きやすい)状態になります。
不幸せや独りよがり、無関心なまま生きれば、そこにフォーカスするので孤独や不幸を感じやすくなります。

 

どっちでもいいけど、折角魔術をやるなら効率よくやりたいですよね。
例えば恋人選びであっても、幸せはすぐそこにあるはずなのにそこにフォーカスしないで、自分のことや見た目などにフォーカスするがために、幸せや感謝を感じにくくなってしまいます。

 

心の素直な声を無理なく自然な状態で在るがために、季節の節目に感謝するサバトはとても重要です。
これを心からおこなってから、願掛けの儀式に挑むことは理にかなっています。

 

黒猫魔術店では、魔女だけではなくすべての人達に、サバトを伝えたい。
形式は違えど日本でもあったものですから、日本人にとって受け入れやすいものです。

 

魔女の七つ道具の販売

 

アサメイなど輸入、販売しています。
その他、コルドロン(釜)、ワンド、ベル、箒、聖杯、ペンタクルなども。
皆さんにはまずこれを揃えていただきます。

 

本格的サバトに参加できます

 

サバトの日、チケット予約制で本格的なサバトに参加できます。
七つ道具以外の、サバトに必要な道具やサバトの供物パンもすべて揃えます。

 

自宅でできるサバトセットの販売

 

イベントに来られないかたでもご自宅でサバトができるように、セットを販売します。

必要最低限の道具が揃っていますので便利です。

※七つ道具や祭壇用品はセットに含まれないので各自揃えてください。

 

SNSやYouTube動画が充実

 

やり方や意味合いを説明するブログやyoutube動画を充実させます。
サバトにふさわしい料理もクックパッドにレシピ掲載します。

 

その上で願掛けの儀式(エスバット)をおこなえます

 

魔術ブレスレットなどの願掛けが、サバトの後で行えるようになっています。

感謝の儀式の後、実際に願いが叶うように!

 

私はストーンヘンジで感覚的にビジョンを見せられましたが、それがやっとまとまり現実的に具体化させることができました。
とは言え、サバトと言っても皆さんピンとこないかと思います。
まずはブログやyoutube動画などでどんなものか雰囲気が伝わるように配信していければと思います。

 

魔術ブレスレットのページへ!
↑黒猫魔術店の魔術ブレスのページへ!↑

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。