金剛石(ダイヤモンド)の意味、歴史、能力【増幅】

index1 鉱物学2 歴史3 魔術的能力 鉱物学   炭素Cの同素体の一つで元素鉱物。和名は金剛石。 モース硬度は10 へき開4方向に完全。 結晶系は等軸晶系 結晶構造は多くが8面体で、12面体や6面体もある。   地中深くのマグマの高圧で生成され、原石は形が様々なので人間の手によってカット加工が施される。 ダイヤモンドの結晶の原子に不対電子が存在しないため、電気を通さない。…

続きを読む

黄月長石(オレンジムーンストーン)の意味、歴史、能力【容認】

index1 鉱物学2 歴史3 能力 鉱物学   ムーンストーンとは、ケイ酸塩鉱物の一種で、高温で形成されたアルカリ長石の事。 正式には、サニディン(玻璃長石)、アノーソクレース(曹微斜長石)の内、外観が美しいものにつけられた、宝石としての名前である。 名前の由来は、カットした際に見られる青や白の光沢を、月の光に見立てたことから。   オレンジムーンストーンは、銅イオンやインク…

続きを読む

煙水晶(スモーキークォーツ)の意味、歴史、能力【忍耐】

index1 鉱物学2 黒猫的考察3 放射線について4 歴史5 魔術的能力 鉱物学   水晶の一種で石英グループに属する鉱物の変種。 水晶(石英)に僅かのアルミニウムを含み、地中深くで何年も放射線を浴び続けると黒や茶色に変色すると言われているが、科学的にもまだよくわかっていない。 クラスターの状態で採れるのが普通で希少である為、一般的に市場に出回っているアクセサリーとして使用するものは熱…

続きを読む

リシア輝石(スポジュメン)クンツァイトの意味、歴史、能力【適応】

index1 鉱物学2  3 歴史4 魔術的能力 鉱物学   リシア輝石、英名:スポデューメン リチウムとアルミニウムを含む単斜輝石。 ペグマタイトから産するペグマタイト鉱物の一種(=ケイ酸塩鉱物)   化学式はLiAlSi2O6 不純物がアルミニウムと置換される事で様々な色を出す。   ピンク(マンガンイオンによる色)…クンツァイト 緑(クロムイオン、鉄イオンとマン…

続きを読む

フッ素魚眼石(フルオアポフィライト)の意味、歴史、能力【殻破り】

index1 鉱物学2  3 歴史4 魔術的能力 鉱物学   魚眼石(アポフィライト)は、ケイ酸塩鉱物のグループ名。 一番産出の多い、   フッ素魚眼石(フルオアポフィライト)KCa4Si8O20F・8H2O。正方晶系。   を指す。その他、   水酸魚眼石(ハイドロキシアポフィライト)KCa4Si8O20(OH,F)・8H2O。正方晶系。 ソーダ魚眼石(ナ…

続きを読む

トルコ石(ターコイズ)の意味、歴史、能力【幸福】

index1 鉱物学2 歴史3 魔術的能力 鉱物学   化学式 CuAl6(PO4)4(OH)8?4H2O モース硬度では6以下。 産出地はイラン、シナイ半島、アメリカ。 アメリカ産スリーピングビューティーやNo8等、近年人気の鉱山もある。 12月の誕生石。   化学的には水酸化銅アルミニウム燐酸塩。 青色は銅による発色であり、緑は不純物の鉄によるものか、または脱水によるもの。…

続きを読む