2019年を占星術で魔女が見るどんな年?

旅をしよう!

今宵は2019年を占星術で見るとどんな年になるだろう?の話。

私たちは宇宙の中の地球で生活しているので、宇宙の星や時の流れからの支配を受けていると言います。

流れに乗り自然体の状態でバランスよく生きることを魔女の教えでは提唱しています。

 

星空,占星術

 

一言で言うと「旅」

 

木星は自らが支配する射手座に2019年12月2日まで居続けることになります。
射手座は肉体・思考問わず「旅・哲学」することに長けた思慮深い性質を持ちます。
火属性でパワフルでアクティブ、ついでに体力も申し分ない。
いのしし年と被るのは偶然にしろ、そのように突き進む情熱を持ちます。

 

2019年12月3日に木星は山羊座へ移動

 

山羊座にはすでに支配星である土星がおり、この日木星までも山羊座入りします。
(さらに他の惑星も山羊座にいる又は周囲にいる状態)
つまり年末には山羊座的性質である「努力・忍耐・野心」が強調されます。
またそれらはコツコツ積み上げて、因習的な物事を守る土星らしさもあり、木星がそれを後押しするかたち。

 

2019年12月までに旅をする

 

つまり年末までに肉体・思考の旅(実際に旅行したり、本を読んだり)をして視野を広げておくことがカギとなります。
野心があっても視野が狭いと小さなものしか積み上げることができない。
今のうちに見聞を広めることが大事です。

 

2019年3月6日天王星が牡牛座入り

 

天王星が移動する時、時代の新たな変化が訪れます。
牡牛座的性質としては、ビジネスや物質的・五感を満たすような価値観に焦点があたりやすい。
これは長いスパンの「時代・世代的課題」です。
どのように価値を作っていくか、幸福へ、自然な方向へ、心が満たせるのか。