カテゴリー:サバト

日本の祭・西洋魔術と自然崇拝・サバトの共通性

ストーンヘンジの祭壇と自然信仰、魔術的能力、鉱物|黒猫魔術店

今宵は、日本の祭りと西洋魔術の関係性の話。 魔女は自然崇拝をするペイガンですが、日本人も昔から八百万の神々とともに生活をしてきました。 現代の祭もその名残があり、魔女のサバトと同じような意味を持っています。 実は日本人の身近にある、西洋の魔術の共通点が沢山あります!     魔女の自然崇拝   先に魔女の話なのですが、私たち魔女にとって一番大事にしなければいけない思想…

続きを読む

サバトの意味、女神と男神の時の歯車に感謝を

スピリチュアル,魔女の黒魔術と儀式

今宵はサバトについて正しい意味をお伝えしたく思います。 と言うのも、サバトで検索するとウィキペディアにはきちんと書かれていませんし、他サイト様でも見解はまちまちで御座います。 実際にサバトを行う宗派の違いや、信ずる神話の違いにより様々な解釈はできるのですが、ここでは黒猫魔術店的見解をお話ししたく思います。     サバトは感謝をする祝祭   まず初めにお断りしておきま…

続きを読む

魔女の7つ道具で祭壇を作ろう(基本編)

魔術を研究する黒猫魔術店

今宵は祭壇の飾り方についてのお話。 サバトやエスバットではなく、日常的な祭壇の飾り方です。 少々コツがありますが、覚えてしまえば後は自由に飾っていただいてOKです!     必要な魔女の七つ道具   火属性   ワンド   お好きな樹木で作ったものや装飾が施されたもの、自分で彫ったものなど様々ございます。 自分の誕生日の守護樹木でワンドを選ぶ人もい…

続きを読む

オスタラのサバトのやり方・意味・祈祷文・祭壇の作り方

魔女のサバト、オスタラ(春分)の魔術|黒猫魔術店

今宵はオスタラサバトのやり方について。 3月20日頃の春分の日をオスタラといいます。 植物が芽吹き命が育まれるこの季節に感謝を捧げる魔女の祝祭の儀式です。     オスタラでの女神と男神   世界の全てを統べる女神は、オスタラでは貴婦人(処女)の相になり、若い君主(陽神の男神)と出会います。 ここで情熱的な恋が芽生え、大地のすべての動植物の種は芽吹き、徐々に昼の時間が…

続きを読む

ベルテーンのサバトのやり方・意味・祈祷文・祭壇の作り方

魔女のサバト、ベルテーン(ヴァルプルギス)の魔術|黒猫魔術店

今宵はベルテーンサバトのやり方について。 4月30日をベルテーン(通称:ヴァルプルギスの夜)といいます。 植物が茂り子を宿すこの季節に感謝を捧げる魔女の祝祭の儀式です。     ベルテーンでの女神と男神   世界の全てを統べる女神は、オスタラで出会った貴婦人(処女)と君主(太陽神の男神)が婚姻し交わるのがベルテーンです。 これにより大地のすべての動植物に生命が宿ります…

続きを読む

リーザのサバトのやり方・意味・祈祷文・祭壇の作り方

魔女のサバト、リーザ(夏至・ミッドサマー)の魔術|黒猫魔術店

今宵はリーザサバトのやり方について。 6月20日または21日は夏至、ミッドサマー、リーザといいます。 一年で昼が最も長いこの季節に感謝を捧げる魔女の祝祭の儀式です。     リーザでの女神と男神   昼が一番長い夏至では、太陽である男神の力が最も強いのが特徴です。 これ以降、太陽の男神は光となって、大地の女神が宿す作物や人間のエネルギーとなります。   太陽…

続きを読む

ルーナサのサバトのやり方・意味・祈祷文・祭壇の作り方

魔術を研究する黒猫魔術店

今宵はルーナササバトのやり方について。 8月1日の第一収穫祭をルーナサといいます。 第一収穫祭では小麦と果実を喜びをもって味わい、この季節に感謝を捧げる魔女の祝祭の儀式です。     ルーナサでの女神と男神   リーザ以降衰退する太陽神・男神のエネルギーは、女神の子である大地の作物や動植物へ少しずつ流れていきます。 敢えて男神が自らを犠牲にすることで、私たちはその作物…

続きを読む

メイボンのサバトのやり方・意味・祈祷文・祭壇の作り方

魔女のサバト、メイボン(秋分)の魔術|黒猫魔術店

今宵はメイボンサバトのやり方について。 9月23日の秋分の日を第二収穫祭をメイボンといいます。 恵み多き豊穣の作物を戴きながら、この季節に感謝を捧げる魔女の祝祭の儀式です。     メイボンでの女神と男神   第一収穫祭のルーナサでも感謝を捧げ、メイボンでもまた感謝を捧げます。 リーザ以降衰退する太陽神・男神のエネルギーは、女神の子である大地の作物や動植物へ少しずつ流…

続きを読む

サウィンのサバトのやり方・意味・祈祷文・祭壇の作り方

魔女のサバト、ハロウィン、サウィンの魔術|黒猫魔術店

今宵はサウィンサバトのやり方について。 10月31日の最終収穫祭をサウィン(ハロウィン)といいます。 最後の収穫物を蓄え、厳しい冬を乗り越える準備をするこの季節に感謝を捧げる魔女の祝祭の儀式です。     サウィンでの女神と男神   第二収穫祭である秋分のメイボンから少し経ち、大地は最後の収穫を迎えます。 冬に向けて日照時間や作物が少なくなるこの頃、太陽神である男神は…

続きを読む

ユールのサバトのやり方・意味・祈祷文・祭壇の作り方

ユール(クリスマス)のサバトのやり方|黒猫魔術店

今宵はユールサバトのやり方について。 12月22日の生誕祭をユール(クリスマス)といいます。 ユールに復活をとげた太陽神の男神にと、この季節に感謝を捧げる魔女の祝祭の儀式です。     ユールでの女神と男神   ハロウィン(ソーウィン)で1年間の恵みである収穫祭が終わるといよいよ冬を迎えます。冬至の日、憂鬱な冬の眠りについた新たな生命に思いを馳せながら、大地の女神から…

続きを読む