に投稿

藍玉(アクアマリン)の意味、歴史、能力【平和】

鉱物学

緑柱石(英名:ベリル。ベリリウムを含む六角柱状の鉱物)のうち、
不純物として鉄が混入し、青色になるものをいう。
和名は藍玉。水宝玉とも呼ばれる。
市販品の多くは緑色から黄褐色の緑柱石を熱処理したもの。

緑のエメラルドを熱処理によってアクアマリンの色に変化させる事が可能。

  • 化学式Be3Al2Si6O18
    主成分であるアルミニウム珪酸塩と、色の成分であるベリリウムでできている。
  • 結晶系 六方晶系
  • モース硬度7
  • へき開なし
  • 産地はスリランカ、マダガスカル、ロシア、パキスタン、アフガニスタン、インド

歴史

海に投げ入れると瞬時に色が溶け込んでしまうので、
その事から古いヨーロッパの船乗り達は、
この石を海の力の宿ったお守りとして大切に持っていた。
月の女神ダイアナの石。

ギリシャ神話では、人魚の宝物が浜に打ち上げられて宝石になったという。
マリーアントワネットが愛し、当時の社交界でも人気を博した石。

魔術的能力

ことなきを得る。
無事を祈る。
±0にする働き。
ネガティブを取り除いて願いを届ける。

アクアマリンを使った商品

に投稿

天眼石(チベットメノウ)の意味、歴史、能力【循環】

鉱物学

アゲート(和名:瑪瑙)は縞状の玉髄の一種。
オパール(蛋白石)、クォーツァイト(石英)、カルセドニー(玉髄)が火成岩や堆積岩の空洞中に層で沈殿して出来る。
故にしばしば中心に空洞や水が入るなどし、模様は年輪の様に広がったものがメジャー。

  • 化学式 主成分はSiO2(二酸化珪素)
  • 結晶系は三方晶形
  • へき開はなし
  • モース硬度は6.5~7

チベットアゲート(別名:ボツワナアゲート、チベットメノウ)は縞瑪瑙に含まれ、特に黒、茶、白の縞模様のものです。
一般的には眼の模様が入っているか入っていないかで天眼石と呼べるかどうかの違いがあるらしいが鉱物学的には縞瑪瑙(オニキス)です。
世界各地で産する。特にチベットアゲートはチベット産が有名。

歴史

チベットでは法具や護符として、古くからお守りにされている。

魔術的能力

力を上手く循環させる。
魔除けの意味で捉えられるのは、力が上手く循環するが故に能力を発揮しやすくなり、自信によって自我を強く持てる為だと思われる(=霊が逃げる)。
ネガティブからポジティブへの陽転にも役立つ。
ただし循環させたパワーに慣れる事が必要。(装着していれば自然に慣れる)

チベットメノウを使った商品

西洋占星術の結果によっては、チベットメノウが含まれない場合もございます。

に投稿

天河石(アマゾナイト)の意味、歴史、能力【緩和】

天河石(アマゾナイト)の意味、歴史、能力【緩和】|黒猫魔術店
天河石(アマゾナイト)の意味、歴史、能力【緩和】|黒猫魔術店

鉱物学

青緑色の微斜長石を天河石(アマゾナイト)といい、微量の鉛によって色付いている。
緑青色の強いものは翡翠に類似し、空青色の強いものはトルコ石の色に類似している。

良質なアマゾナイトには長石特有のシーラーがある。
現在、アマゾナイトとして市場に出回っているものは
ブルークォーツァイト(珪岩:熱によって石英が再結晶化したもの)が多いが全く別の石。

  • 化学式K[AISi3O8]
  • 結晶系 三斜晶系
  • へき開 二方向に完全
  • モース硬度6
  • アメリカ、ブラジル、ペルーで産出

歴史

古代エジプトで宝石として利用されていた。

魔術的能力

外敵(環境も含む)からのストレスを緩和、軽減。
負荷がかかっていた物事の軽減。執着していた物事を気にし過ぎない程度にする。

アマゾナイトを使った商品

西洋占星術の結果によっては、アマゾナイトが含まれない場合もございます。

に投稿

鉄電気石(ショール)の意味、歴史、能力【引き寄せ】

鉱物学

鉄電気石(英名:ショール)はケイ酸塩鉱物の一種。

ナトリウムと鉄を含むため黒い色になる。
電気石の中で産出量が最も多く、花崗岩や花崗岩質ペグマタイトに産する。
世界的に見れば割と多く産出される石。

  • 化学組成NaFe3Al6(BO3)3Si6O18(OH)4
  • モース硬度は 7 – 7.5
  • 結晶系は三方晶系
  • へき開なし

トルマリンがマイナスイオンを発生しリラックスさせる、その他にもトルマリンは遠赤外線を放出する、有害な電磁波を吸い取るなどとされ、パワーストーンなどが販売されているが、科学的には何の根拠もなく、疑似科学の域である。
悪質な霊感商法として販売される場合もある。

歴史

アムステルダムの商人が、電気石にホコリがつくのを見てその性質を利用し煙草の灰をとるために使った。
シャーマンが瞑想する際に使用した。
ネイティブアメリカンはひらめきの石として使用した。

魔術的能力

ふと欲しいと思った、もの、人、心等を吸引する力。

ショールを使った商品

に投稿

柘榴石(ガーネット)の意味、歴史、能力【活力】

鉱物学

日本名では柘榴石。一般的な化学式はA3B2(SiO4)3
Aとしてカルシウム・マグネシウム・鉄(二価)・マンガンなど、
Bとして鉄(三価)・アルミニウム・クロム・チタンなど、
Cとしてケイ素・アルミニウム・鉄(三価)などが入る。

ガーネットとはこれらの総称。
端成分に分けることができ、天然にはこれらの固溶体(元素同士が溶け合って固まった状態)
として存在する。

ガーネット(柘榴石)
鉄礬柘榴石(アルマンディン)Fe2+3Al2(SiO4)3。変成岩、火成岩、ペグマタイト。赤。
苦礬柘榴石(パイロープ)Mg3Al2(SiO4)3。マントル、橄欖岩、玄武岩の変成作用。無色
満礬柘榴石(スペッサルティン)Mn3Al2(SiO4)3。マンガン鉱床。炎褐色。
灰鉄柘榴石(アンドラダイト)Ca3Fe3+2(SiO4)3。スカルン。褐赤色、黄緑色
灰礬柘榴石(グロッシュラー)Ca3Al2(SiO4)3。スカルン、蛇紋岩、変成岩。無色
灰クロム柘榴石(ウバロバイト)Ca3Cr2(SiO4)3。クロム鉱床。濃緑色。

  • モース硬度は 6.5 – 7.5
  • 比重は 3.1 – 4.3
  • 結晶系は等軸晶系。
  • 結晶は菱形十二面体または偏方多面体となる。

歴史

出エジプト記の中にも登場する宝石。アレキサンダー大王のお気に入り。
ユダヤでは「真理の石」として崇拝されていた。
古代エジプトでは護符として使われた。
丸く磨き上げられた宝石ははカーバンクルと呼ばれる。
硬度の高さから「金剛砂」という粉末状の研磨剤として利用されることが多い。
紙やすりなどに利用される。

魔術的能力

活力剤。
人間の本来持つエネルギーを、極限まで湧きたたせる。気の量を増やす。
水瓶座の守護石。

ガーネットを使った商品

西洋占星術の結果によっては、ガーネットが含まれない場合もございます。

に投稿

鷹眼石(ホークスアイ)の意味、歴史、能力【見定める】

鉱物学

ホークスアイは、角閃石の一種であるクロシドライト(青石綿)に石英が染み込んで硬化した混合石。
クロシドライトに含まれる鉄分が酸化するとタイガーアイになる。

アスベスト(石綿)はクロシドライトにも含まれ、繊維状になった鉱石である。(無機繊維状鉱物)
蛇紋石系(クリソタイル)と角閃石系(クロシドライト、アモサイトなど)がある。

ホークスアイ、タイガーアイに含まれるクロシドライトは完全に石英化が進んでいるため飛散せず、 むやみに粉砕しない限りはその危険性はないと言われているが取り扱いには注意が必要である。
石英化したクロシドライトの模様に光が当たるとシャトヤンシー効果が現れ、これが眼の模様に見える。

因みにレッドタイガーアイは天然色ではなく熱処理によって色を出している。
その他の色は染色。

  • 化学式Na2Fe2+3Fe3+2 (OH|Si4O11)2
  • モース硬度:6.5~7
  • へき開なし
  • 結晶系は単斜晶系
  • 産地は中国、南アフリカ
  • ホークスアイは紺色→酸化して→タイガーアイ(茶)

魔術的能力

見定める能力に長ける。
ターゲットを指定する魔術においてはしばしば使用される。
ロックオン能力が高い事も特徴。
よってターゲットを指定せず不特定多数を相手にする魔術では必要ない。
恋愛、就活、コントロール魔術等用途は様々であるが組み合わせて使用するべき。

ホークスアイを使った商品

西洋占星術の結果によっては、ホークスアイが含まれない場合もございます。

に投稿

石英(クォーツ)の意味、歴史、能力【浄化】

水晶山で魔女修行!パワーストーンや鉱物の知識|黒猫魔術店
水晶山で魔女修行!パワーストーンや鉱物の知識|黒猫魔術店

鉱物学

石英(英名:クォーツ)で形成される、特に無色透明なものを水晶(英名:ロッククリスタル)と言う。
六角柱状の綺麗な自形結晶を成す事が多い→クラスター等。
古い日本の言葉では、玻璃と呼ばれる。
石英からできた砂は珪砂(例:砂漠や砂丘等)、鉱物は珪石と呼ぶ。

  • 化学式はSiO2 二酸化ケイ素の結晶である。
    1気圧、573℃で三方晶系の低温型石英から六方晶系の高温型石英に転移する。
    さらに高温では、鱗珪石やクリストバライトに、また超高圧下でコーサイトやスティショバイトに相転移する。
  • モル質量 60.08 gm
  • へき開 なし
  • モース硬度 7
  • 色 無色(紫色、黄色、黒色などもある)
  • 比重 2.7

お解りのように、地殻を構成するポピュラーな造岩鉱物。
火成岩・変成岩・堆積岩に含まれたり、水晶としては、花崗岩質ペグマタイト・熱水鉱床などで産出される。
日本では山梨県甲府市、岐阜県中津川市、愛知県春日井市などで産出された。
現在はアメリカ、ブラジル、ヒマラヤ等が産地。
低温型石英は圧電体として、時計等に使われる。

★細かい石英が集まったもの…玉髄系、瑪瑙系、碧玉系(だから化学式は同じ)

色付き水晶(水晶の中に不純物が入って色がつくもの)
┣ケイ素を置換した微量の鉄イオンによる紫、黄色…アメジスト、シトリン
┣不純物として混入する微量のチタン、鉄、マンガンによるピンク…ローズクォーツ
┣ケイ素を置換した微量のアルミニウムイオンが放射線を受けた茶や黒…スモーキークォーツ、モリオン
┣硫黄による黄色…レモン水晶
┣無色透明ではなく不純物の入った白…ミルキークォーツ
┗微細な角閃石による緑…緑水晶

注意!

※アメジストを熱処理→シトリン、アメジストを放射線照射→スモーキークォーツ、モリオン
※ミルキークォーツをパワーがあるとか言って販売する→アゼツライト
※水晶、アメジスト、カコクセナイト、ゲーサイト、レビドクロサイト、スモーキークォーツ、ルチルの7つを持つ石をスーパーセブンと称すが、鉱物学的に存在は有り得ない。

変わり水晶(水晶の中に内包物があるもの)
┣針状のチタン…ルチルクォーツ
┣針状のトルマリン…トルマリレイテッドクォーツ
┣水晶の中に不定形な緑泥石…ガーデンクォーツ
┗結晶成長途中に不純物が混入…ファントムクォーツ

水晶加工品
┣バーコード状の模様がある…レムリアンシードという水晶。
┣表面に金属を塗布…アクアオーラ、コスモオーラ、ゴールデンオーラ等。
┣ガラスの中に石英を入れる…石英ガラス、光ファイバー
┗水熱合成法で作る…人工水晶

歴史

マヤ文明ではまじないの石として。
オーストラリア先住民の神話にも登場する。
日本では水晶が多く採れた為、日本の国石となっている。

魔術的能力

 

善悪問わず、身近にあるものからリセット(無)の状態にする。
パワーを無にする。
但し透明度の低い石英は透明のものよりも浄化の作用はそこまで強くない。

ちなみに、エレスチャルという水晶もあるので参考までに。

関連商品

に投稿

縞瑪瑙(オニキス)の意味、歴史、能力【防御】

縞瑪瑙(オニキス)の意味、歴史、能力【防御】|黒猫魔術店

外部からの刺激に対して、動揺しにくくなる鉱物、縞瑪瑙(オニキス)…。

ここでは魔術的な鉱物のパワーを取り入れた魔術儀式を行ったり、ワンドやモジョバッグなどウィッチクラフトをする人のための「オニキス」の意味をまとめていきます。

※パワーストーンの意味とは違いあくまでも「魔術的能力」を特記します。

縞瑪瑙(オニキス)の意味、歴史、能力【防御】|黒猫魔術店

オニキスの鉱物学

縞瑪瑙とは、縞状のカルセドニー(玉髄)の一種で、 蛋白石や石英などが層状に沈殿して出来た鉱物のこと。

その内包物により名前が変わり、様々な種類に分類されます。

蛋白石と石英が交互に配列され、黒白の縞模様となるのがオニキス。
縞を生かしたカメオ細工や、単色での加工なども見られます。

  • 主成分は石英、SiO2
  • モース硬度 6.5 – 7
  • 比重は2.61
  • 主な産出国はブラジル、ボツワナ、ドイツ、ウルグアイ 他

オニキスの歴史

彫刻材料としてよく使われる他、 硬さを生かして、乳鉢や灰皿、革の艶出し用ローラーにまで使われています。
カメオ細工は大変に有名。

オニキスの魔術的能力

外部からの刺激に対して、動揺しにくくなる。
双児宮の守護石。⇒詳しくはこちら

オニキスを使った商品

に投稿

青縞瑪瑙(ブルーレースアゲート)の意味、歴史、能力【交流】

鉱物学

アゲート(和名:瑪瑙)は縞状の玉髄の一種。
オパール(蛋白石)、クォーツァイト(石英)、カルセドニー(玉髄)が火成岩や堆積岩の空洞中に層で沈殿して出来る。
故にしばしば中心に空洞や水が入るなどし、模様は年輪の様に広がったものがメジャー。

  • 化学式:主成分はSiO2(二酸化珪素)
  • 結晶系は三方晶形
  • へき開なし
  • モース硬度6.5~7

縞瑪瑙の中でも特に水色~白のものを青縞瑪瑙(ブルーレースアゲート)と呼ぶ。
石中の不純物や内包物によりその水色を出す。

歴史

瑪瑙という大きなくくりの中では古くからお守りとして利用。
近年ではヒーリングソトーンとして、特に第5チャクラ活性化させるとして使用されている。

魔術的能力

他者との交流を持たせ、その中を深める。
他者との交流による緊張をほぐす。

ブルーレースアゲートを使った商品

に投稿

紫水晶(アメジスト)の意味、歴史、能力【冷静】

鉱物学

紫色に色づいた水晶。
紫色の発色はケイ素を置換した微量の鉄イオンによる不純物が原因と考えられている。
最近の研究ではアルミニウムも関係しているとの説がある。
加熱するとレモン色や黄色に変わりやすい。紫外線に曝露すると退色する。
グリーンアメシストは紫水晶その他の水晶に、熱処理や放射線処理を施し、変色させたもの。

  • 化学式は SiO2
  • 硬度は7
  • 比重は2.65
  • へき開はなし
  • 低温型だと 三方晶系、 高温型だと六方晶系になる。

素焼きの陶板にこすりつけると白い条痕が残る。
ハンマーなどで割ると貝殻状の断口が残る。
ブラジルは世界最大の紫水晶の産地。スリランカ、マダガスカル、中央アフリカでも。
日本では、宮城県白石市の雨塚山や鳥取県で産出される。

歴史

ギリシャ神話の酒の神バッカスの伝承がその名の由来です。
故に、酔わせない石としてヨーロッパでは信じられてきました。
キリスト教では伝統的に、男性の宗教的献身のシンボル。
旧約聖書の『出エジプト記』では、高僧の胸当てに飾られている12種類の宝石の1つとされています。

魔術的能力

 

冷静沈着。
心や精神状態、また環境を冷静にすることができます。
喧嘩や争いごとを冷静な目で見れるようになります。
自分の狂気にあてられた「魔」を、正気に戻すことで除けます。
他人・環境に「魔」があるかどうかの見極めができるようになります。
元々冷静な人には必要ない石。
射手座と魚座の守護石。

アメジストを使った商品