に投稿

【耳の魔術】対人魔除け言霊防御に魔術ピアスを

耳の魔術、ピアスやイヤリングで魔除け防御

今宵は耳にまつわる魔術とアクセサリーの関係について。
女性でしたら耳に揺れるアクセサリーは、色気を醸し出す道具としてここぞという時につけるかたもおられるでしょう。
もちろん恋愛魔術的な使用法で、男性心を鷲掴むことも良いのですが、耳には古くから魔術的な謂れが存在します。
それは…魔除けと護身の魔術なのです!
 

耳の魔術、ピアスやイヤリングで魔除け防御

 

耳こそ魔除けをして防御すべし!

 

魔除けとは、外敵に対してうまく避けることをいいます。
この外敵とは、目に見えない霊や病気や対人からの言葉の矢を意味します。

私達の心と体は繋がっており、外敵からそのような危害を与えられると弱ってしまいます。
そして、1番最初にその外敵と戦う部位は耳なのです。

 
耳…つまり音、言霊などにより、私達はとても弱りやすいし傷つきやすい。
耳で得た情報は脳へいき処理されますが、言葉を繰り返し反芻することで良くも悪くも現実化してしまうというのが脳の仕組みです。
なのでできればよい言葉、よい音だけを聞いていたいものですが、中々そうはいかないので、古きの魔女達は耳にイヤリングなどをし願掛けて防御しておりました。
 

脳科学的に言えば、ある特定の感情による洗脳状態を未然に防ぐ働きがあります。
未然にであって、洗脳されてからは中々働きづらいです。
これは願掛けして耳に装着することにより、自分の意識の中で戒めとなるため、例え洗脳の場に言っても催眠術等にかかりにくくなるのです。

 

魔女が耳につけていた石や羽

 

多く見られるのは天然の石を使ったイヤリングです。
 

  • 防御の石である黒のオニキス(黒瑪瑙)やチベットメノウ(天眼石)
  • 放出の石である赤いジャスパー(碧玉)やカーネリアン(紅玉髄)
  • 自他をコントロールするためのオブシディアン(黒曜石)

 
エジプトでは古くからラピスラズリ(瑠璃)やマラカイト(孔雀石)が願いを叶える為や魔除けの守りとして、イヤリングなどの装飾品は勿論、ツタンカーメンや壁画の彩色にも用いられました。

孔雀の羽は魔除けの効果もあり、蛇(感情の塊の総称で蛇そのものではない)除けの守りともなります。

 

魔除けの形は三角形が使われていた

 

また、魔除けの形としては三角形が良いとされます。
魔術的な力を持たせるものには様々な形があります。
円形、三角形等は古くから神聖な形として、古墳やピラミッドにもなりました。
特に三角形は、輪廻転生や肉体・精神・魂等の世界構造、人生そのもの(カバラのパス)を表しています。

 

三角形の扇の魔術、神話

 

この三角形を使った魔除けで有名なのは「扇」です。
風をもって魔を吹き飛ばす、ということで古くから中国、日本で使われてきました。
西遊記にも芭蕉扇が出てきますがこれも非常に興味深いものです。
 

「1度仰げば風を呼び、2度仰げば雲を呼び、3度仰げば雨が降る。 立て続けに49回仰げばどんな火でも消す霊水が降る。」

 
このように風を吹かせて魔そのものを吹き飛ばし滅却するということですね。
西遊記に関してはほんと面白い題材なので今度別記事でテーマにしようかな。

 

幸福を呼び込むには鶴と亀

 

逆に幸福の象徴としては、鶴亀が日本では有名ですね。
「鶴は千年、亀は万年」と言うように長寿の象徴でもあります。
鶴は親しみも深く、「千羽鶴」を祈りを込めながら折り吊るせば、病人が回復すると言われていました。
日本人ならではの謂れですが、日本人の心にはもともと鶴は縁起ものという潜在意識があるので、これらのモチーフを身につけることは無意識下でもポジティブになれるよう脳が働かせてくれます。

 

魔除けか、幸福招来か、使い分ける

 

このように耳の魔術としてイヤリングモチーフを合わせれば魔を祓い望むべきものを取り込むことができるのではと考えました。

 

  • 孔雀や扇は耳から入る全ての魔…噂や病気、嫌な情報を取り払ったり、最初から耳に入らないように自らの脳を促します。
  • 逆に鶴などは耳から入るものを縁のあるもの…良い事や感謝、良縁などをキャッチするように自らの脳を促します。

 

身を守る術を魔術で知ってほしい

 
耳の魔術は本当に奥深い。

私としては、悪いことばかり口に出す人の情報を耳に入れたくないので、そんな人とは最初からお付き合いすべきではないと考えます。
自分の貴重な人生の時間を、他人の言葉によって我慢したり、犠牲にする必要はないとも思います。
ですからそんなに悩むならいっそのこと環境ごと変えてストレスなくせばいいじゃんと思うのですが、中々そうはいかない世の中でもあります。
環境を変えることに大きなストレスもかかります。
 

それは最終手段で、その前にやれることを試すとすれば、このような防御魔術だと考えます。
辛くて悩んだりした時、自分の身を自分で守る術です。
言い換えて例えるなら、「相手が悪口言って止めてくれない変わらないなら、私は自分を変えて強くなって気にしなくなる!」ようなものです。

 

人間社会の敵は人間のコミュニケーションで、私達はその中でしか生き抜くことができません。
その際の身は自分で守るしかないのです。

 

 

魔術アクセサリーのページへ!
↑耳の魔術ピアス等、アクセサリーのページへ!↑

魔術ブレスレットのページへ!
↑対人・魔除けブレスレットのページへ!↑

 

に投稿

【紙に書く魔術】七夕和紙短冊や羊皮紙×ペンとインク!その2

七夕短冊に願いを書く魔術

今宵は、紙に書く魔術の、「何で書くか」ということに着目します。

前回の紙だけでもあんなに深い内容なので、それに伴う書く方だって深いんですよ!
紙については前回お話ししましたので、こちらをご参考くださいませ。
【紙に書く魔術】七夕和紙短冊や羊皮紙に神が宿る!その1

 

七夕短冊に願いを書く魔術

 

昔から使われてきたインク

 

日本では墨を硯ですって、筆で文字を書いていました。
墨は何度も焼いた炭が特に良いとされました。
また墨をとく水も神聖な場所の水が良く、その加減で濃淡をつけ、お札やお守りを書いたといいます。
また、魔力の高い人(シャーマンなど)の血、罪人の血や経血、動物の血も魔術用として用いられました。
これは西洋にも多くみられます。術によって使用する血は異なったようです。

 

硯は心を映す鏡

 

硯はとても面白い。
硯は心を見る道具として使われていたそうです。
そういえば「石を見る」という漢字を書きますものね。
心を映し出し、それを見つめること。

 

それは墨をすっている時かもしれませんし、文字を書いている時かもしれません。
心や思考イメージ、想像というのはエネルギーなので、それが実際の文字に表われ出ることは不思議ではありませんね。

 

動物製のペンや筆

 

筆も特別なものが使われました。
馬、ヤギ、イタチ、猫、狸、狐や女の髪の毛など、生体エネルギーから採取したものが好まれました。
術の用途によってその動物は違いがあったようです。

例えば馬の尾は力が必要な願いに使われました。
最近では赤ちゃんの髪の毛で筆を作ることができるそうで。
魔術的には特に女性の髪の毛は魔除けのお守りになるので、自分自身またはパートナーの髪の毛をいただいて筆を作るのもいいかもしれませんね。
 

一方西洋では、筆記具として羽ペンが用いられました。
羽の根本が固いので、少し加工すればペン先として使用できました。
イギリスではカラスを大事に扱っているので、カラスの羽ペンは多く出回りました。
ダチョウの羽も大きくてふわふわしていて素敵です。
羽の種類も、施す魔術によって変えていたようです。

 

イメージを「書く」ことで視覚化する

 

さて、どれほど「書く魔術」は重要だと感じて貰えたでしょうか。
カバラを基礎とする魔術では、こう言っています。
 

「この世はイメージの世界で、想像したものは実現する」

 

言葉は脳で想像して、口から発せられます。
それは目には見えませんがエネルギーを持っています。
しかしこれを書くことによって、目に見えない言霊は、見ることができるようになります。
見ることができれば、何度も読み返したり、唱えることができます。
書くことによって脳の整理もできます。
そうすることで、口から発するだけよりも、何倍も魔術が効率よくできることでしょう!
 

無意識化に願いを落とすためにわざわざトランスに入って儀式を行いますが、何度も読み返したり唱えたりすることこそ、トランスに近い運動なのです。
だってそこに文字があったら頭に入らなくても目には入る。
目に入ったら無意識の方で取り敢えず処理されるんですよ!
受験生が「合格!」って壁に貼るのも理にかなってるわけです。

 

魔術用の「血のインク」

 

仕組みが分かったところで私としてはもう1つご紹介しておきたいのがですね、魔術用のインクです。
シャーマンの頃には実際の血がインクとして使われていたのですが、臭かったり社会的な理由からだんだん使われなくなってきて、生み出されたのが「魔術用の血のインク」です。

 
え?血なの?
って思うかもしれませんが、血は入っていません。
(宗派によっては入っているところもあるのかもしれません)

 

魔術用の血のインクは、ほとんどがハーブの油、香料、染料をブレンドしてできています。
またそのハーブもきちんと魔術的用途でブレンドされている、いわば願いを叶えるためのインクなのです。
こちらで一例をご紹介しましょう。
 

ドラゴンズブラッドインク

 

大きな魔力を付与する目的で使われるインク。
ドラゴンズブラッドという樹脂、シナモンなどを合わせたインクです。
増幅魔術に使用できます。
ウィッチクラフトで魔術具を作る際、このインクで文字を入れるのもおすすめです。
 

ドゥズブラッドインク

 

鳩の血のインクで、恋愛系の魔術に使用されます。
ドラゴンズブラッドインクにローズなどの恋愛系ハーブがミックスされたものです。
日本だと、おしどり夫婦って言いますけどあちらは鳩らしいです。
愛の魔術、仲を良くする魔術、喧嘩防止など、増幅魔術で使用できます。
 

バッツブラッドインク

 

蝙蝠の血のインクで、緊張や不和を生み出します。
よくリバーシの術や呪いの方で使われることが多いので、減退期間が良いですね。
ドラゴンズブラッドやミルラなど特別な配合が多いようです。
 

マネーグリーンインク

 

血ではありませんが有名なお金のインクです。
緑色をしていて必要な額を書いたり、お金を得るための魔術に使用します。
増幅の魔術が良いですね!
 

インクの種類は他にも色々ありますが、主なところをまとめてみました。
インクの中にはアルコールが入っているので、紙や羊皮紙に書くと少し滲む場合があります。
主に羽ペンを使って書きますが、筆でも良いと思います。

 

さて、最後に実際に紙に書いて願掛けをするとどうなるのか、Yさんのメールより感想を抜粋させて頂きました。
とても参考になるもので、私も思わず凄い!と声を上げたものです。

 

Yさんのメール

 

ブレスレットをする以前に個人的にしていた新月の願い事は、紙に願い事を完了形で書いていました。
ブレスレットになってからも並行して書くことは実行していますが、今回は血のインクで書きました。

気に入って使っているクラフト紙があるのでそれに書きましたが、願い事を刻みつけるという感じです。
書きづらいけれどもそれがさらに想いが深くなる効果にもなり、普通にペンで書くより時間はかかりますが、より納得のいくように書こうと思うから下書きより良い文になったりする場合もありました。

多分、これまでしていた、さらさらと書きやすいペンと紙で下書きどおりに書き写すだけみたいなことよりも、より深く願い事にアクセスするのかもしれません。

ふと観た韓国ドラマが(建国神話なのですが)複数の部族を、戦いをしないでまとめた大将の物語でした。
それぞれの部族の長達の血で、巫女が、新しい一族の旗に三足烏の紋章を描いていました!
それを観て、やはり書くのは今日がよいと思い、実行しました。
準備しておいた引き寄せのハーブ香をぱらぱらとしながら書いたら、心地よくて、よかったです。

 

書くことでトランスに入る

 

このように、書くことで気持ちよい集中力の境地なのだと思います。
それはトランスであり、より深くその状態に入れると、現実では願いが叶っていなくても「叶ったような達成感」が残るのです。
トランスの状態からその達成感を感じて、もういいやという集中力が途切れたところで儀式をやめ、程よく疲れもするしそのまま願いを手放す…それがいつもの私です(笑)。
 

ある時ご質問があって「どうやってトランスのスイッチを切り替えるのですか?」と問われた時に答えられなかったんです。
だってそれは私にとって「どうやって寝るんですか?」と同じような質問なのです。
トランスへの入り方は訓練で、呼吸をやったらスイッチが切り替わります。
でもそれは特別なことではなく、皆さんも寝る前には腹式呼吸に無意識で切り替えているはずなんです。
 

私の場合は一瞬でトランスへ入ってしまう(これが寝る方面だったら、の●太くんか…!)のですが、もしトランス入りづらいという人は、紙に書く魔術もぜひお試しください!
自分にとってどの方法が入りやすいかを、見つけてみてほしいのです。
自分にとって特別な紙とペンとインクを使って、非日常の儀式を行うことで、特別だということが脳で認識しやすくなります。

 

そういった意味では、七夕の日は一年に一度の逢瀬の日…
特別な意味を持たせた和紙短冊は、魔術的にも理にかなった方法ですよね。

 
魔術アクセサリーのページへ!
↑耳の魔術ピアス等、アクセサリーのページへ!↑

羊皮紙や羽ペンなど、魔女の七つ道具と祭壇用品!
↑羊皮紙や羽ペンなど、魔女の七つ道具と祭壇用品のページへ!↑

 

に投稿

【紙に書く魔術】七夕和紙短冊や羊皮紙に神が宿る!その1

七夕短冊に願いを書く魔術

今宵は、七夕も近いので【紙に書く魔術】をご紹介しましょう。
これは古くから日本で行われてきた呪術です。
この記事では主に紙についてお話します。
東洋も西洋も術に共通点があってとても面白いテーマです。
ペンとインクについてはこちら。
【紙に書く魔術】七夕和紙短冊や羊皮紙×ペンとインク!その2

 

七夕短冊に願いを書く魔術

 

「和紙」は特別なもの

 
七夕の五色の短冊のように紙に願い事を書いて祈ったり、焚き上げたりする術です。
紙は何度もすいた和紙が用いられました。
「紙すき」は特別な作業だったのだと思われます。

 
その理由は「紙」という言葉から推察されます。
日本人は元々は神道を信仰しており、言霊の中に神と繋がる方法を知っていました。
祝詞などはその代表ですが、いつも使う日本語にもそれは隠されています。

 
例えば「鏡」は神棚の中央の扉の中に配置します。
扉を開けて拝む時、鏡には自分が映ります。
「か」「我」「み」となって、我は神の間に挟まれている=我は神(自然)のエネルギーを持っているという教えです。

 

氏神と日本の八百万信仰の概念

 
ところで日本では八百万の神の信仰です。
キリスト教のように唯一神ではなく、神様は自然の中の全てのものが神ですよ、という教えです。
その中の1つに、「氏神」というものがあります。

 
氏神は、様々な地域集落でそれぞれに信仰された神様の総称です。
神社や、後に神仏習合されお寺も加わりますが、それぞれ各所で祀っている神様が違うのはその名残です。
また産土の神とも言われ、人が産まれた処の神でもあります。
鈴木氏なら鈴木の神…という感じで、それぞれの氏(土地)に神様がいるということです。

 

信仰についてこれが本当かどうかという話ではありません。そんなの追求しようもないので。
ただ、氏神は田舎の人ほど、その土地を大切にする人ほど、信じているので逆に土地に縛られていることはあると思います。
先祖代々の土地や墓を守ることが生きている間の子孫の役目だと思っている人も多いからです。
ただ、結婚して氏神が変わることも、離婚して戻ることもありますが霊媒の経験上、離婚しても嫁ぎ先の氏のままでいることはあまりよくなかったですね。

 
その土地の神が氏ですので、その土地を守らない人が氏を持っていてもいいことないんですよ。
またその逆できちんと土地を守っている人にはかなり運要素でお返しがきます。
土地を守るというのは「長男は後継ぎ!」とかではなく、土の世話をして作物を実らせたりすればお金も実り体も健康になるということです。
平たく言えばガーデニングや家庭菜園です。お墓だけ綺麗にすりゃいいってもんじゃない。

 

思いを込めたものに神が宿る

 

何度も言いますが、氏神がいるかいないかではありません。
でも日本の八百万の神信仰は、ケルトの自然崇拝とかなり共通点があるので同じ原理だと勝手に考えています。
つまり、手をかけて育てたり思いを込めたものには神が宿るんですよ。
実際目に見えなくても思いやイメージや言葉のエネルギーが存在しますから、氏神もエネルギーだとすれば存在できるんですよね。

 

さて、話を紙に戻しまして。
「紙」という漢字は、糸の氏と書きますね。
氏というのは神を意味しますので、紙=神となります。
というか同じ「かみ」という言葉だから特別なものということで神と同じ言葉になったのかもしれません。

 

紙をすく、髪をすく

 

植物の繊維を糸のように細くして紙の原料にして、何度も紙をすいて作ります。
「すく」という言葉もまた面白いものです。
すくという行為には魔術的要素があるんですよ。
紙をすくこともそうですが、分かりやすい例では髪をすく方かしら。
(そしてこちらも、「かみ」=神ですね!)

 

現代では男性は髪は短いですが、昔は男女共に長髪でした。
髪すきは流れを整え、悪しきものを浄化する要素があると思われていました。
逆に髪結いは「願いを結ぶ」として願掛けに使用されてきました。
西洋だと女性や魔女の三つ編みは願掛けの道具になりました。
日本だと武士はちょんまげですがやはり思いのこもった願掛けだったのではと考えます。
(ちょんまげを切り捨てることは武士をやめる的な意味合いがあったようです)
 

ですので紙すきも、何度も何度もすくことで、悪しきものを浄化するという意味合いがあります。
勿論、そうして出来上がった和紙も同じ意味です。
そうした意味合いから神社では人型にした身代わりの和紙で身体をこすって川に流し身を清める呪法が今でも残っています。

 

紙を折る、こよりを作る

 

因みに和紙で、願いを込めて折ったり、こよりを作ったりすれば願掛けとして成り立ちます。
千羽鶴などは良い例でしょう。
千羽折りあげる頃には思いがこもっています、良い思いだと良いのですが。
というのも、これは良い思いにも、悪い思いにもどちらにも作用します。

魔術に良い使い方(白魔術)と悪い使い方(黒魔術)があるのと同じです。
なので紙を粗末に扱ってはいけないと、昔から教わってきました。
それは紙には元々の神(自然)のエネルギーがあるからです。

 

魔術的な和紙の歴史

 

多くの和紙を使った魔術は、美濃和紙か越前和紙(無地)を使用しているようです(蜜猫調べ)。
戦乱多い地では下剋上や貧困が激しく、紙すき手の思いも籠ったのでしょうか…
都心部に近い程、呪術が乱用されていたのでしょうか…
今よりも神や自然を信じていた昔人はおまじないから秘術まで色々やったんじゃないだろうか…
と考察できるわけです。

 

西洋の紙「羊皮紙」

 

ところで西洋の紙はというと、魔術で多く使われたのは羊皮紙でした。
羊の皮だけではなく、ヤギや牛などの様々な動物の皮を乾燥させたものを書き物として使用しています。

これは肉食文化ということもありますが、魔術では羊、ヤギ、牛などは特に神聖視された動物という点も興味深いのです。
彼らは大地の属性を持ち、人間に乳、肉などの食糧を与えてくれる他、草食動物の食物連鎖で大地に実りを与えてくれる動物です。
特に角を持った動物は有角神として崇拝されています。
そんな彼らの皮には神のエネルギーが宿っているのでしばしば魔術に使用されたのです。

 

魔術において「書く」ことが重要

 

さて、そんな紙。
その道具に特別な意味を持っているということは、書くこと自体がとても大きな意味をもたらすはずです。
実際、願いを叶えるためにはイメージだけではなく書くことが重要だと、脳科学の観点からも言えることです。
歴史的にも、言葉伝えだった民衆のあれこれを書物で保存することは重要な進歩だと思います。

 

しかし今や電子化が進み、ある意味、現実よりも電脳世界優位な世の中です。
私も執筆と言ってパソコンに向かい、実際の紙に書くということは昔よりも少なくなったように感じます。
だからこそ、魔術では、願いを叶える本気の時だけでも、紙に向かうことは良いのです!

 

魔術には特別な紙を使う

 

いつもあまり使わないものを使用すると非日常的だと脳が認識するので願いを叶えるには効果的です。
そのため、紙といえど普段使わないであろう、和紙や羊皮紙を使うことを推奨しています。
または逆に自分が好きで愛用しているような紙で、思いを込められるようなものなど!
ただ気持ちをこめて書くだけでいいんです。
手紙のように相手に見せるわけでもありません。
素直な気持ちを書くだけでいいんです。
 

それだけで魔術なの?
と、思うじゃないですか。
でもこれは古くから使われています、あなどることなかれ!
それこそ、お札(霊力を持ったであろうただの紙です)や、七夕の五色の短冊(思いを込めて書いたただの紙です)だってそうですよ!
この思いを込めたら霊力エネルギーが宿るという点が魔術足り得るのです!
 

ぜひ七夕の機会に短冊書いてみてくださいね!
そしてぜひ、いつもの願掛けにプラスして、願いを紙に書いてみてください!
キャンドルマジックをやりながら、願掛けの儀式の最中に、でも大丈夫です!
無心になって書いて書いて、あとはそれを仕舞っておいて、きっと叶った頃に出てきます。
羊皮紙、和紙もそんな意味合いで魔術にご使用くださいね!
 

魔術アクセサリーのページへ!
↑耳の魔術ピアス等、アクセサリーのページへ!↑
七夕の和紙短冊に願いを込めよう!期間限定魔術イベントです!
↑7月8日まで!七夕の和紙短冊に願いを込めよう!期間限定魔術イベントです!↑

 

羊皮紙や羽ペンなど、魔女の七つ道具と祭壇用品!
↑羊皮紙や羽ペンなど、魔女の七つ道具と祭壇用品のページへ!↑

 

に投稿

【ルーン文字意味一覧】魔力を持った文字を刻もう

ルーンストーンの文字意味一覧、占い方

今宵はルーン文字のお話。
ルーン文字は、北欧神話に登場する最高神オーディンが、辛い修行の果てに持ち帰ったとされる、魔力をもった文字のことです。
全部で25文字あり直線的な形をしており、石版に彫ったりしてそのエネルギーを得たりしたそうです。
その意味一覧はこちらです。

 

ルーンストーンの文字意味一覧、占い方

 

ルーン文字意味一覧

 

1 F フェオ(オサ)

 

裕福、豊かさ、豪華な生活、男神、男性性、女性性

 

2 U ウル

 

不屈の精神、スピード、弱点の克服、強さ、身体的健康、勇気

 

3 TH ソーン

 

魔除け、強い心、運命の門、いばらの道、防御、庇護、中立

 

4 A アンスル(アッシュ)

 

言葉の力、口、声の力、コミュニケーション、信号

 

5 R ラド

 

チャンスの風、旅のお守り、運命の輪、幸運な引っ越し、探索、探し物、同調

 

6 C,K ケン

 

炎の勝利、情熱の力、人生のたいまつ、不言実行、変容の炎、始まり、再出発、エネルギー

 

7 G ギュフ(ゲフ)

 

愛の贈り物、精神的な愛、人生の伴侶、才能、パートナーシップ、自信、結びつき

 

8 W ウィン

 

幸福、若返り、家庭の幸せ、願望の達成、安らぎ、愛と調和

 

9 H ハガル

 

偉大なる挑戦、宇宙の法則、夢の結晶化、稲妻の閃きと目覚め、限界と崩壊

 

10 N ニード

 

打破する力、無敵の勇者、必要な学び、束縛と自制、克服

 

11 I イス

 

停止、休息、時を待つ力、忍耐強さ、氷、不動

 

12 J ヤラ(イェラ)

 

収穫の季節、祝福の時、種蒔き、夢の準備、一年、報酬、実際的な結果

 

13 Y ユル

 

終わりと始まり、大きな変革、死と再生、縁切り、異界

 

14 P ペオス

 

正しい選択、楽しい挑戦、再発見、嘘を見抜く、予期せぬ幸運、宿命、直感

 

15 Z エオロー(エオルフ)

 

保護、結界、友情、慈悲のエネルギー、防御

 

16 S シゲル

 

成功、微笑み、夢の実現、復活の光、太陽車輪、完全、生命力

 

17 T ティール

 

勝利の剣、正義、秘伝の授与、不可能を可能にする、勇気と冷静さによる成功

 

18 B ベオーク

 

芽生えの時、始まり、浄化の涙、包容力、女神、多産性、成長

 

19 E エイワズ(エオー)

 

早い前進、協力者、好敵手、パートナーシップ、馬力、躍動感

 

20 M マン

 

正しい道、調和、内なる自己、自己愛、瞑想、支え合うこと、人脈

 

21 L ラグ

 

流れに乗る、浄化、人生の調和、予知力、流動的、水、超能力

 

22 NG イング

新しい誕生、想像する力、肉体的な愛、生殖力、有角神、多産、家族、完成

 

23 O オセル

 

所有、相続財産、集中力の強化、過去の知恵、社会的地位、家庭、獲得物

 

24 D ダエグ

 

偉大な成功、絶対的肯定、積極性、許す心、夜明け、打開策、狭間の世界

 

25 ウィルド(ブランク)

 

天命、宿命、運命の人、シャーマン的才能、未知なること

 

ルーン文字一覧|黒猫魔術店

 

 

※詳しくはそれぞれのルーン解説ページへ←構築中

 

ルーン文字の歴史

 

ルーン文字は今でもヨーロッパでは信じられているようです。
ドイツ人のヴァイキング信仰の友人はルーン文字のことをよく知っていました。
イニシャルには、対応するるアルファベットのルーンの意味が込められているのだそうです。
ヴァイキング信仰はケルトよりも前にあったと言っていました。
彼らも自然を愛する信仰です。

 

古くからある文字なので、未だによくわからないことだったり、それぞれに違った意味のニュアンスがあります。
ルーンの意味はそれだけ奥が深いのです。

 

ルーンを使った占いや魔術具

私は主に占いではタロットを使用していますが、昔はルーンを使っていました。
そして今はルーンは魔術や呪術で多用しています。
占いは勿論ですが、魔術構築のために使用したり、護符や、マジカルツールに彫ったりするのです。
タロットは絵柄が得意ですが、ルーンは文字の分、道具に刻むことに長けているからです。

 

例えば上記のようにイニシャルを刻むこともできます。
願望で選び、それが叶うように刻んだり、それをお守りとして持ち歩くと良いとされます。
1文字だけではなく、複数組み合わせて意味を足していくこともできます。
できた文字を入れ替えて1つの言葉にして何度も唱えたりもします。
また空中に指で書いて具現化するようにイメージすると良いとされます(視覚化の訓練も必要ですね)。

 

タロットも世界の理を表す体系として、聖典として、素晴らしい教えです。
そしてルーンもタロットと対応し共鳴しながら、素晴らしい深い教えを宿す文字であり聖典なのです。
現代社会に過去の自然世界を反映させることは難しいかもしれませんが、私達の生きている時間軸が違えど、世界の在り方やシステムは変わらないはずです。

 

ルーンが教えたい、この世の真理について思いを巡らせてみてください。
ルーンがその扉を開けるためのひとつのきっかけとなりますように。

 

ルーンのお守り

 

 

 

に投稿

【ペンデュラム】基本的な使い方【やり方】

ここではペンデュラムの実際の使い方を記します。
ダウジングはコツをつかんで慣れれば誰でも簡単に、いつでもできるお手軽な占い方法です。
困ったり、悩んだ時にさっとできるようになるため、日々練習しておきましょう!

 

ペンデュラムのダウジング、アースミステリーオカルト

 

手順に従ってお使いください。
ダウジングやアースミステリーの不思議はこちらをご覧ください。
付属のペンデュラムマットの上で練習しましょう。

 

ペンデュラムの持ち方

 

左右どちらの手で持って行ってもOKです。やりやすい方で。
持ち方は親指、人差し指、中指の3点持ちか、親指、人差し指での2点持ちが良いようです。
無理のない程度の高さでバランスをとります。
肘をテーブルにつける、つけないはやりやすい方でOKです。
一番リラックスできる姿勢で行いましょう。

 

センターポジション

 

ダウジングを始める前に、ペンデュラムの先をセンターに合わせます。
この時、微力に震えているか真っ直ぐ止まっているかなど、個人でそれぞれ違うようです。

 

イエス、ノー、わからない、の確認

 

イエス

 
首を縦に頷くように縦揺れするイメージをし、故意的に振り子を縦に揺らします。
その際もイエス、イエスとイメージしながら行ってください。
次に、イエスで答えられる簡単な質問をして潜在意識に落とし込みます。

 

ノー

 
首を横に振るように、横揺れをイメージをし、故意的に振り子を横に揺らします。
その際もノー、ノーとイメージをしながら行ってください。
次に、ノーで答えられる簡単な質問をして潜在意識に落とし込みます。

 

わからない、たぶん(アンノウン、メイビー)

 
首を傾げるように、斜め揺れのイメージをし、故意的に振り子を斜めに揺らします。
その際もわからない、わからないとイメージをしながら行ってください。
次に、わからないで答えられる簡単な質問をして潜在意識に落とし込みます。

 

質問の例

 

  • 私は男(女)である
  • 私の名前は○○である
  • 私は○歳である

 

質問の仕方

 

ダウジングの質問はより正確な言葉でなければアンノウンが出ます。

 

だめな質問の例

 

  • 私は彼と結婚したら幸せになれますか?
    幸せの定義が曖昧
  • 私は○○をした方がいいですか?
    するもしないも曖昧

 

よい質問の例

 

  • 私は○○までに○○をするべきですか?
  • AさんとBさんに求愛されていてどちらを選ぶべきですか。Aさんと幸せになれる。Bさんと幸せになれる。

 
期限、内容、具体性が必要です。

 

実際にダウジングを行う手順

 

1)センターポジションに合わせる
2)「私はダウジングを行ってもよいですか?」と聞く
3)「私は○○について知ってもよいですか?」と聞く
4)「私の準備はいいですか?」と聞く
5)イエスと出たら質問を始める
6)ひとつの質問が終わるごとにセンターポジションに戻してから次の質問をする

 

%をはかる質問

 

ダウジングマットの0~100のマス目を使います。
センターポジションから始めて、大きくふれた数字を読み取ります。
 

質問の例

 

  • 彼との現在の相性は何%ですか?
  • 私の○○の合格率や整合性は何%ですか?

 

星座マークを使う質問

 

ダウジングマットの星座マークマス目を使います。
センターポジションから始めて、大きくふれた数字を読み取ります。
 

わかること

 

  • 1年のうちの時期(その星座の時期)
  • その星座を使った情報(相性、必要性、エレメントなど)

 
質問の例

 

  • 私が○○を実行すべき季節はいつですか?
  • 私は今どのエレメント傾向にありますか?(その逆方向が今必要なエレメント)
  • 私と相性の良い星座はどれですか?

 

アルファベット、ルーン、へブル文字、カバラ数字など

 

その他のマス目にも様々な文字が描かれています。
こちらも質問によっては活用することができるでしょう。
また下記のようにヴィジャボードとしても使用することができます。

 

ヴィジャボードとしての活用

 

黒猫魔術店オリジナルのペンデュラムマットは、ヴィジャボードとしても使えます。
ヴィジャボードとはいわゆる、こっくりさんです。
10円玉やおはじきなどを用意し、センターポジションから始めます。
 

1)センターポジションに置いたチップに指を添えます。
2)自分の信仰する神(なんでもいい)に対して挨拶をします。
「どうぞおいでください。感謝します。ハロー」⇒ハローに動いたら始まりです。
3)質問をしていき、チップが動き止まった位置の文字を拾います。
4)終わる時は必ず感謝をします。
「答えてくださって有難うございます。感謝します。グッバイ」⇒グッバイに動いたら終わり。

太陽は陽(男、表、昼など)を表し、月は陰(女、裏、夜など)を表します。

 

に投稿

【ダウジング】アースミステリー世界の不思議【ペンデュラム】

今宵はペンデュラムを使ったダウジングのお話です。
実は私はこれが得意なのです!
そしてダウジングの世界はとても奥が深く、勉強になるんですよ!

 

ペンデュラムのダウジング、アースミステリーオカルト

 

振り子を使った占い

 

ペンデュラムとは、先端に金属や天然石の重りをつけて糸で吊るし振り子のことです。
振り子の運動が、縦・横・斜め・時計回りの円・反時計周りの円を描き、単純なイエス・ノーの質問等に答えてくれるものです。
この占いのことをダウジングと言います。
ペンデュラムの実際の使い方はこちらをご覧ください。

 

ダウジングの仕組みは潜在意識への刷り込み

 

その仕組みは、潜在意識を利用しています。

 

例えばイエスの時は、首を縦に頷くように縦揺れするイメージを意識することで、無意識に刷り込まれ、振り子を持った手に微量な電気信号でエネルギーが伝わり縦揺れに揺れるという現象がおきます。
逆に、ノーの時は、首を横に振るように、横揺れをイメージします。
わからない、という時は首を傾げるように、斜め揺れのイメージ…といった具合にどんどん刷り込んでいきます。

 

刷り込みが完了すれば、自分がした質問に対して振り子がイエス、ノー、わからないで答えてくれます。
しかしそれは、全て潜在意識が答えているということです。
つまり潜在意識では答えが全て解っているということです。
これはどういうことでしょうか?

 

深層心理下のものが視覚化される

 

例えば「AさんとBさんに求愛されていてどちらを選ぶべきですか。Aさんと幸せになれる。Bさんと幸せになれる。」というようにダウジングをしたとします。
結果、Aさんがイエスと出て、Bさんがノーとでました。

 

これは意識では二人のどちらかで迷っていますが、深層心理の中ではAさんの方が好きで、自分が幸せになれると解っているということです。
これは自分のことなので、潜在意識が答えを知っていても不思議ではありません。

 

アースミステリーの不思議

 

しかしこのダウジング技法は、古くはアースミステリーの学問として、地下にある水脈や石油や財宝を探すために用いられてきた歴史があります。
これは個人の意識も、潜在意識も遥か及ばないことだと思いませんか?
ここから東に50歩進んだ地下50メートルに温泉があるだなんて、潜在意識が知るはずもありません。

 

それなのに何故潜在意識を活用した占い方で水脈を探し当てることができるのかというと、魔術的なエレメントやプラーナの理論が考えられてきました。
もう私、この話は何度もしておりますが、おさらいですね。

 

魔術の四大属性(エネルギー)の理論

 

私たちはエネルギーでできています。生命エネルギーです。
私たちは60兆個もの細胞でできており、ひとつひとつを分子レベルで見ていくと、そこには原子核と電子がありエネルギーで働いていますよね。
他の生き物も同じです。動物も植物も大地も地球も宇宙も、分子であり原子であり、原子核と電子がありますね。
川の流れも大気の変化もマグマの噴火も植物の芽吹きも、全て小さなエネルギーの集合体です。

 

人間もそれらも一緒なのです。
むしろ、地球(宇宙=神)という兄弟であり、地球が生やし育てた木が人間です。
ですから私たちは神と同位体の存在であり、どんな能力も本当は持っていますが、何分人間は神の創りたもうた失敗作なので、疑ったり嘘をついたり自信がないために使いこなせないわけで。
ですが「元々神から生まれ繋がっている」のですべてを共有しているはずなんです。

 

ユングの元型(アーキタイプ)理論と集合的無意識

 

それは私たちの深層心理の中にあります。
ユングの提唱した「元型(アーキタイプ)」理論にも繋がります。

 

例えば、赤をイメージすると炎や温かい、行動力や情熱が、国や言語の壁を越えても共通イメージで存在します。
それは誰に教えてもらったわけではなく、先人から受け継がれてきたかのような、「当たり前」のイメージでしょう。
それらは元はどこから現れたのか…魔術では「すべてのものは一緒で共有している」と教えます。

 

ダウジングの使い道

 

なので、全く自分個人とは関係ない、地下の水脈であっても深層心理のチャンネルに繋がることでその在処を共有し、エネルギー伝達で現実に知らせることができます。
同じ原理で、言葉の通じない犬猫や植物に触れながら、ペンデュラムを使って会話することもできるでしょう。

 

また、タロットとの組み合わせで占いに正確性が増しますし、探し物を見つける時にこれを利用すると良いでしょう。
しかしきちんと使いこなすまではそれなりの訓練とコツが必要です。

 

ダウジング法は魔術セミナーで学ぶことができます。※coming soon
黒猫魔術店のペンデュラムはダウジングマット(A4の紙製)が付属で販売しています。
ダウジングマットを使うとすごく便利で、初心者にも易しいのでオススメですよ!

 

に投稿

【サンキャッチャー】に対する黒猫的見解【太陽神の恵み】

祭壇や窓辺に飾るサンキャッチャーで太陽礼拝

今宵は、祭壇や窓辺に飾るサンキャッチャーのお話です。

皆さん、サンキャッチャーと聞いて漠然とイメージは出来ると思うのですがこれ、 その由来や歴史を知れば更に幻想イリュージョンに思いを馳せることかなう、 とても神秘的な魔術具なのであります!

 

祭壇や窓辺に飾るサンキャッチャーで太陽礼拝

 

サンキャッチャーとは

 

窓辺に紐状にしたカットガラスを吊るし、乱反射させて室内にプリズムを取り入れる道具を言います。
黒猫魔術店のサンキャッチャーは、作り手さん拘り!紐の部分は天然石で、先端はスワロフスキーで仕上げています。
スワロフスキー社製のカットガラスは、 光反射する際に外側に向かず内側に向くので、火事が起こらず安全です。

 

サンキャッチャーの起源

 
サンキャッチャーの起源を調べてみました。
 

  • ネイティブアメリカンが発祥だという説(ドリームキャッチャーと合わせて、 この民族も朝日拝んで夜闇を恐れる自然信仰の民族だと解りますね)
  • 冬の長い北欧が発祥だとする説

 
その他諸説あるのですが、 ネイティブアメリカンのお話はドリームキャッチャーの項でもしているので 今回は北欧のお話をしたいと思います。

 

北欧のサンキャッチャー

 
北欧はヨーロッパの北側諸国である、 ノルウェーやスウェーデン、デンマークやアイスランド等の地域をまとめた総称です。
北欧は歴史や文化に共通点があり、古くはゲルマン民族の地として北欧神話が栄えたところです。

 

北欧神話…世界樹ユグドラシルを世界軸として9つの世界が臨済した、最高神オーディンがおさめる世界。
指輪物語とか、エルフやドワーフ等も登場するファンタジーな世界だけど、 民族(神族というべきか)的には戦いが好き。
最終戦争ラグナロク(終焉)に向かって生きているという思想。

 

気候は、夏は沈まない太陽が有名ですが、 10月~4月は暗く長い冬が続きます。マイナス30度になる都市もある程です。
そんな北欧の人々は、暗くて寒い冬を過ごすために、窓辺にサンキャッチャーを吊るして より多くの太陽光を部屋に取り入れようとしたのではないでしょうかね。
サンキャッチャーの語源としては、ステンドグラスも指すようです。
北欧の窓のステンドグラスも、太陽光を少しでも明るくする為の工夫なんでしょうね。

 

冬の「太陽の消失」

 
魔術的観点から言えば、太陽は陽、月は陰を表し(陰陽)、神話的な言い伝えの中では「太陽の消失」は専らのテーマとなって登場します。
日本で言えば、天照大神が天の岩戸に隠れたあの事件がそうです。
 

北欧でも暗い冬というのは太陽の消失を表したのでしょう。
魔狼スコルが太陽に、ハティが月に追いつき一時食らいつく=日食・月食だと考えられており、 最終的にラグナロクにおいては、太陽も月も世界も人々も終焉を迎え消失するといいます。
そういった言い伝えがあったから特に、生活圏内は明るくしようとインテリアにもこだわっていますね、カラフルな北欧雑貨とか…なんか流行っていますよね。

 

太陽神で見る日本と北欧の類似

 
ところでその太陽神は、ギリシャ(アポロン)やエジプト(マー)等では男性ですが、 日本では天照大神(女性)(その対となる月読命は性別不明だがおそらく男性)です。
北欧でも太陽神は女神、月は男性とされるんですが、 これは当時の社会は女性優位の社会だったんじゃないかと、 私の考えなんですけれどもね。
 

古代の日本、北欧・ケルト(ヨーロッパ圏)は自然崇拝の国ですので、太陽に手を合わせ、月と星を読んで、 山や海や土地に感謝をして、自然と共に生きなければ生きられなかった土地です。
自然が厳しいですからね。
そういうところでは、子を成す体を持つ(つまり宇宙と同位体と見なした)女性が優位 だったんじゃないかな、と。それを神話で太陽に当てはめたわけで。
太陽神ひとつとっても、日本と北欧は似ていますね。

 

自然に感謝する心

 

また日本は昔から、「八百万の神々」と言ったように、 太陽にも月にも星にも、山にも海にも手を合わせてそれぞれ神格だとして拝んでいますよね。
漁師ならば海神さま、猟師ならば山神さま、農耕をするなら土地神さまや岩神さま、といったように 色々な神様(自然)を地域ごとに祀っていましたよね。
 

ちょっと話逸れますけど、ネクロノミコン等は創作として扱われてますが、 秋田県にはディープワンの伝説がありますし、出雲の地方ではクトゥルフ信仰もあったと言いますから、一概に偽だと私は言い切れません。
自然信仰を推奨する私はネクロノミコンは否定しません。
 

そういった自然信仰の心の観点からも、日本でサンキャッチャーは受け入れられて来たのではないかな?
太陽に感謝をし、自分のよく居る部屋(車内)の窓辺にこれを吊るし、元気がない時に見上げてみましょう。
うまく反射が起きてプリズムが出ていればそれを掴むもよし。
スワロフスキーを握れば内側に溜め込んだ太陽の力を体に取り入れられるでしょうね。
 

サンキャッチャーの魔術的能力

 

魔術で太陽は、繁栄やパワー充電、エネルギーの循環、 カリスマ性の発揮、リーダーシップの発揮を表します。
更に黒猫で販売されているものは、天然石と組み合わせていますから、 石の意味で選ぶのも勿論良いでしょうね。
 

  • ストレス緩和のアマゾナイト
  • 心に余裕を持たせるサンストーン
  • ポジティブに冷静さを与えてくれるシトリン
  • 体へ十分にパワーを溜め込む、活力のガーネット
  • 活力とともにそれを愛情に向けたい場合はルビー

 
また風属性の石は知性を高めてくださいます。陰陽では陽属性。
 

  • 学習能力向上のフローライト、学生さんにどうでしょう
  • 会話の能力はルビーインゾイサイト
  • コミュニケーション能力ではブルーレースアゲート

 
車内につける場合では、
 

  • 平穏無事を願うアクアマリン
  • 冷静と集中力のアメジスト

 
月読信仰の場合は、これを応用してムーンストーン等の陰性の石で組み上げ窓辺に吊るすのもいいでしょう。
月は可能性の扉を開いたり、直感力や女性性・陰性の能力を高めてくれます。女子力とか。

 

  • 女子力アップの場合は、ローズクォーツや真珠やモルガナイト
  • 直感力や、危険察知能力アップの場合はラブラドライト
  • 長期的な仕事に携わる為の忍耐をつけたい時は、スモーキークォーツやモリオン等の黒い水晶を

 
今の自分はどんな願いで、どんな能力が必要なのか…を考え、 その願いを叶える為には太陽なのか月なのか、と考え、 願掛けをして飾りましょう。
マジカルオイルも願望に合わせて塗布しております。

 

に投稿

リンパ流しが肉体と霊体に与える影響【オーラ写真実験】

オーラ写真とリンパ流しの霊的魔術実験

今宵は、長らく実験をしておりました、リンパ流しに関する肉体と霊体の変化についての検証結果及び黒猫的考察をして参りたいと思います。
体内の滞りを正すため施術を受けた後に、オーラ写真を撮影しどのように変化があったかを実験しました。
私がいつも声を大にして「健全なる魂は健全なる肉体に宿る」と言っておりますが、これがちゃんと科学的に検証実験できないものかと考えておったのです…

 

肉体と精神を繋ぐリンパ流し

 

その折に丁度、魔女の手を持つ由美先生が技術に更に磨きをかけるために習得なさったのがモダンリンパドレナージュ(リンパ流し)でした。
私はその実験台としてその施術を一番に受けたのです。
私はばっちり能力全開で施術して頂いた訳ですが、これが物凄く良かったのですよ!

一言で申し上げれば、「肉体と精神(霊体)を繋いで調和のとれた状態へと調整する」事が出来ました。
私は自分の内側へ目を向ければ、体液(血液やリンパ液)の流れが解るのですが、施術して流して頂いてる最中からその感覚を理解することが出来ました。

 

肉体と精神がちぐはぐな状態の人

 

  • 自律神経が調子悪い
  • 食欲が異常
  • 夜なのに上手く眠れない
  • 逆に朝なのにやる気が出ない(寧ろ朝から甘いものが欲しい)

 

これを放置していくと自律神経失調症から体調が悪くなり、欝状態などと診断されることでしょう。
そこまで悪くならなくても、

 

  • 寝ても体が疲れてダルイ
  • 何故か体力ない
  • 精神が安定しない

 

そんな薬ではよくならないようなことが起こってきます。
そんな人へ、このモダンリンパドレナージュは良いだろうなと率直に思いました。
精神と肉体を統合させる訳ですからね。

これをどうにか検証実験する為に考えたのが、オーラ写真で実験してみることでした。
オーラ写真についてはこちらの記事でご確認ください。
【オーラ写真】に対する黒猫的見解

 

ケース1

 

施術1週間前

 

オーラ写真とリンパ流しの霊的魔術実験

 

全体的に暗いオーラ=オーラの量が少ない=体の内側に異常がある為に自己治癒で治そうとしている。
全体的に青…精神(霊体)の世界に偏っている=物質の世界(肉体)へ執着しておらず興味が薄いですね。

 

施術14日後

 

オーラ写真とリンパ流しの霊的魔術実験

 

オーラ量が増え、色も黄色や緑に変わり明るくなっています。
黄色や緑という色は、物質と精神の中間を意味します。
どちらとも偏りなくバランスが保てている状態。

 

円グラフを見て欲しいのですが、施術前はスピリットの青グラフが高いのに対し、施術後はマインドの緑が高くなっています。
これは赤が肉体を表し、青が精神。
緑はその中間を表します。これがすべて均一に3等分されていれば偏りなくバランスが保てている状態なのですが、まずそんな人はいません。
働きすぎ等で体を酷使している人は赤が、頭を使ったり悩んだりストレス等で精神に負荷がかかっている人は青が、偏る状態になります。

 

私の場合は、オーラ写真を撮るといつも、青や紫が多いので精神偏りなのですが、モダンリンパドレナージュを受けると精神世界に偏った意識が、肉体の器へと定着してくれる、それがオーラ写真で見ることができます。
私、黄色や緑の色って、ご飯を食べた時にしか出ませんもの(幸せを感じると黄色くなりますw)
私の被検体でこういう事が解りましたので、次は協力者を募って実験してみた結果が以下のようになります。

 

ケース1:肉体(赤)偏りの被験者の場合

 

こちらいつも実験協力くださいますT氏。

 

施術1日前

 

オーラ写真とリンパ流しの霊的魔術実験
黄色のオーラでバランスは取れてるかと思いきや少し暗め。
肩や腕のあたりのオーラが一番暗めの赤で、肩こりに悩まされているT氏。
因みにもっと前はこんなに暗かったんです…

オーラ写真とリンパ流しの霊的魔術実験
店の看板に貼っていたため写真ボロボロなのですが、暗い赤色は肉体を酷使しているオーラです。

 

施術後、すぐ

 

オーラ写真とリンパ流しの霊的魔術実験
施術は肉体を直接マッサージしてリンパを流すので、体温、血流、その他体液自体の流れが活発になる為、私も予想では赤だろうと思っていました。
案の定、赤が一番強く出ています!しかも物凄い放出量!!
T氏に感想文も頂いております。

 

背、足の後ろ側、足の前側、胸、腕、頭の順にマッサージを受け全身とても気持ちよかったです。
特に足と頭。ウトウトするくらいに。
自分の体のバランスや、マッサージした方がいいところ等も丁寧に教えてもらい、早速入浴時に試そうと思います。

 

  • 体温は施術後の方がポカポカ
  • 感情はポジティブになった。ユミさんの会話の力もあると思う。世界が明るい
  • リンパが詰まっているところと詰まってないところ、痛みでレベルが判断できた
  • 詰まっていないところのマッサージはとても気持ちがいい
  • 体感でのバランスは良くなっていると思うが、何回かした方がより実感できそう
  • 施術後はボーッとするためか、グラウディングよく解らない
  • 全裸と聞いていたけど紙のトランクスがあった。男でも抵抗ないよ

 

施術後、3日目

 

オーラ写真とリンパ流しの霊的魔術実験
プリンタの不具合でレポートが出てこなかったのですが、まだ赤いままですね。
という事は肉体に与えた影響がまだある(例えば筋肉痛とか)から赤いのかという仮説を導いてみる。
とすれば施術後すぐから3日位まではまだ統合はなされておらず、時間差があるものと推測される。

 

施術後、4日目

 

オーラ写真とリンパ流しの霊的魔術実験

 

グラフに注目して頂くと、施術後すぐよりもオーラ量は増えています。
更にハートチャクラの部分は黄色で表されており、写真でも胸のあたりに黄色い輪があります。
よく見ると3日目にも黄色い輪がありますね。

個人差はあれどだいたい4日〜5日目位には肉体と霊体が統合しているのではないかと思われます。
それを踏まえて、いつ頃までこの統合は続くのだろうかと(私は2週間は余裕だったけれども)考察してみました。

 

施術後、10日目

 

オーラ写真とリンパ流しの霊的魔術実験
オーラ量も更に伸びています!
またセンター(軸)のチャクラが黄色になっているということは更に統合をはかっているのでは…。
オーラの色も少しずつ綺麗な明るい色に変わりましたね!

 

ケース2:精神(紫)偏りの被験者の場合

 

こちらはMちゃんのご協力のもと、写真を撮らせて頂いております。

 

施術6日前

 

オーラ写真とリンパ流しの霊的魔術実験
全体的に暗く、頭上にほんのりと紫のオーラが見て取れる状態。
円グラフバランスでは精神が73%を占める精神偏りタイプ。
オーラ量を表すグラフを見ると、放出量が少ない為に体の機能を精神力でもって生かしている…そんな状態なわけです。

 

施術後、すぐ

 

オーラ写真とリンパ流しの霊的魔術実験
ぶっちゃけそんなに変わっていません。
しかしT氏の時もそうでしたが、施術後すぐはおそらくオーラ写真では正確に検出されないでしょう。
リンパ液の流れによって頭もボーッとしますし、筋肉痛等もあります。
現に、Mちゃんの施術感想でこのように頂いております。

 

  • 普段は冷え性です。施術を受けたあとから体がポカポカする感じがします。
  • 腕から足、全身筋肉痛のような感覚があります。
  • 表現が分からないのですが、精神、肉体共にフワフワした感じになっている気がします。
  • 食欲が全くわきません…少量は食べましたが…
  • 喉が渇いた感じはないのですが気付くと水分をとっています。
  • 排尿はいつもより回数が少なく、量が多い感じです。排泄はまだありません。
  • 欲求を抑えられない??今日出掛けたのですが、欲しい!と思ったもの、すべて買いました。
    次は何をしよう。みたいな欲が今どんどん溢れています。

 

実は私もこのようなオーラの色・量で検出されることがあるのですが、その時は黄泉戸喫(よもつへぐい)の状態に陥っている事が多いのです。
【黄泉戸喫】に対する黒猫的見解と対策【魔防御回3】
精神世界に偏りすぎて、もはや物質世界で生きていないが為にこの世の食物を欲しない、故にどんどん体力が落ちていく→精神も落ちていくという悪循環に苛まれるのがこの現象。
ということでMちゃんには食べ物も気をつけて頂き、T氏の時に4〜5日後位だとオーラ写真に現れるんじゃないかと推測しました。

 

施術、4日後

 

オーラ写真とリンパ流しの霊的魔術実験

 

おおお!!!
私と同じように、黄色と緑になりましたよ皆さん!!
そして写真では肉体の色である赤も見えますね。

何よりオーラ量のグラフがぐんと量が伸びている…つまり肉体が健康になったことにより、体の外側へ放出するオーラが増えたということです。
これで心身共にバランスのとれた、本当の意味での健康ということになるのです。

 

肉体と精神のバランスをとるリンパ流し

 

肉体を健康にするだけでも、精神(霊体)を健康にするだけでも、ダメなんです。
どちらもバランスをとって調和させる事により、うまく肉体という器に精神(魂)がおさまって、よりラクな力で行動できます。
バランスの悪い状態よりもかける力が少なく済むんです。

私は、リンパ流しは特効薬がないような心の病気を持った方々の新たなアプローチとしてとてもいいと思うのです。
どこか詰まっていたり、どこか偏りがあるんです。

 

なぜバランスが崩れるのか?

 

スピリチュアルに携わる人は、なぜこうも自分を傷つけて首絞めて居る人ばかりなんだろうと思うのね。
これは癖なのかも知れないけれど、すぐに直して得策というものですよ。

いいですか、魔術において大切なのは自己評価の高さです。
自己評価でもって自分に自信がなければ、幾らブレスレットに願ったってうまくいきやしませんよ。
これは実験なんぞしなくても言えることです。
これは宇宙の法則なんです。
自分を信じれない人が何を信じられますかって!

 

タロットの0番の物語

 

ご存知ですか?タロットカードの一番最初、0番のカードを。
愚者…自分の可能性を信じる「馬鹿者」なのですよ。
タロットカードはこの愚者の人生が詰まった物語なのです。
詰まりは、「自分を信じることが出来なければ物語すら始まらない」のですよ!

 

ですから、「ああ、私はダメなんだ、ここを直さなければいけない」というものは存在しないのです。
私は魔女ですよ?西洋魔術である西洋占星術を扱う魔女なのですよ?
占星術とは、自分が生まれた時の惑星の方角でもって自分の性格や行動傾向等を分析する天文学なのです。

 

私なら、こう言いますわ。
「貴方が悪いと思い込んでいるだけですよ」
だって、既に生まれた時にそういう性格って、なってるもの直せないじゃないですか。

 

そして、対応策としてはこう言います。
「短所を直すより長所を伸ばしましょう」
占星術を駆使する我々において、理論的に考えるとこういう結論に達します。
自分が「これが出来ないからダメなやつなんだ・・・」というのは幻想で妄想で執着するが故に行き着いた刹那的な感情だと。
(だから我々は大抵悩みません)

 

性格のせいではない

 

リンパ流しの話に戻すと、欝になったのは貴方の「性格」が原因なんじゃなくて、「生活習慣にて肉体や精神のバランスが偏った為に起きている不具合」と私は捉えていますよ。
だから、偏りを元に戻せば元気になれるはずなんです。
勿論その為にはそれを治そうとするやる気が必要ですけれど。

 

だから性格が悪いんだと卑下なさらないで下さい。
占星術的に申し上げれば、「生まれて来なきゃいい人はいません、宇宙のタイミングによってその星周りの時に必要な能力値を備えて貴方が生まれてきたこれは必然であり宇宙の意思」です。
だから!宇宙の意思に与えられた命と器ですので、因果に背くような行いをすればしっぺ返しが来るのですよ!=因果の法則

 

肉体は神様からの借り物

 

何より、私たちの肉体は宇宙からの借り物!
肉体の方が魂よりも優れたものなのです。
何故なら宇宙や地球を構成する成分と、肉体を構成する成分は同じだからです。
(ただ肉体は傷つければすぐに傷がつくように粗雑に出来ています)

これを粗末に扱う行為は決してしてはならないと、我々は魔女学で教わるのですよ!
まだまだ私の体は不具合が御座いますが、皆さんは生まれつき障害のある私よりも健康に生まれて来ている筈ですので、幾分か肉体はまともだと思うのですよ、しかし痛みを伴わない肉体というのは残酷で、健康になろうとしませんでしょう?
私なぞは皆さんが粗末に扱う位なら私の肉体と交換でもして、この痛みを味わったならば、少しでも健康意識を高めて下さるのではと本気で考えたりもしますよ。

 

ぜひ肉体だけではなく精神も健康になってください。
スピリチュアルに流されがちの人は、肉体も精神も強くなって依存を退けてください。
そのためのツールのひとつとして、私はこの実験を通してリンパ流しを推奨します。

 

リンパ流しについて

 

この記事で実験を行った「Salon de ROSA」さんをご紹介します。
私の魔力や体調が安定しない時にとってもお世話になっております。

 

モダンリンパドレナージュとは?

 

アロマプレッシャーのモダンリンパドレナ―ジュは解剖学と生理学に厳密に基づいており確かな効き目がありながら筋肉や正常な組織にダメージを与えません。
リンパ液の循環を促すと共に、静脈の流れや大腸の蠕動運動が活発になり、肌にも良い影響が現れます。
トリートメントを定期的に受ければ循環がよくなり脂肪の燃焼を助ける代謝は活発になり、免疫系の働きが促進されます。(パンフより抜粋)

 

Salon de ROSA

 

アロマプレッシャー認定サロン 代表 陽月ユミ
メディカルリンパセラピスト/プロフットセラピスト
「身体本来が持つチカラ・美しさを取り戻す」ことをモットーに、東洋・西洋に伝わる代替医療を取り入れ、病気にならないための予防医学の一躍を担い、社会に貢献したいと活動しています。(パンフより抜粋)

 

に投稿

【オーラ写真】に対する黒猫的見解

オーラ写真、霊視、オカルト

こちらはオーラを映すことの出来る「オーラカメラ」に対する黒猫的見解です。
東京でオーラについての詳しいご指導を承り、 スタッフ動員して何枚も撮ってはリーディングを繰り返すという作業2週間。
実験と考察によって解ったことをご紹介します。

 

オーラ写真、霊視、オカルト

 

オーラは目で見るものではない

 

そもそも、オーラとは何か? から始まるんですよね。
オーラの説明をする時に、霊体とは何か? というのもご説明しなければなりません。
こちらは【目に見えるものしか信じない】人はこの先ご遠慮くださいね。
いや、別に見てもいいけど、貴方の知っている見ている以外のものがこの世界には存在する、 という事についてご理解頂ければいいですよ。

頭からそういうものは信じないのであれば、この話は何の役にも立ちませんし必要ないものになるでしょう。
私は敢えてそう言いますがね、 仮に興味本位でこちらをご覧になった方でも分かり易いように優しく説明致しましょう。

 

目に見えないものの存在

 

この世界には私達の目に見えないものは存在しています。
貴方が電灯のスイッチを押せば、電気が付きますが乾電池の中のエネルギーは目には見えません。
貴方が携帯の着信をぽちっとすれば遠くのお相手の声が聞こえますが、電波は目には見えません。

地球の空気は約70%が窒素Nで、約20%が酸素O、 その他10%にはその他もろもろが含まれていますが、窒素も酸素も目には見えません。
挙げればキリがないのですが、どうしてそこに在るのに目に見えないかと突き詰めれば、 我々が全て目に見えるようになってしまうと不都合が生じるからです。

 

「目」の仕組み

 

これは人体学の分野なのですが、目という器官のしくみをご説明しましょう。
目は色、明るさといったものを識別する機能ですが、 目の部分に写ったものが水晶体に取り込まれ、網膜に映し出されます。
水晶体…つまりレンズ、そして網膜から脳へと電気信号が送られ、 「それが見える」という状態になるわけです。

 

この脳に信号が送られている時点で、 私たちの見えている・認識しているものの95%はカットされていてたったの5%しか見えていないのです。
RAS(網様体賦活系)という神経組織の働きによるものです。

 

何故そうなのかと言えば、もし仮に100%全てを映し出していれば、脳はオーバーヒートしますよ。
1秒間に何千ものカロリーを消費することになります。痩せるどころか餓死レベルです。
ですので脳は体に負担をかけない為に、必要でないものをカットして認識させるんです。
必要でないものというのは、意識していないもの全て、です。
みんな大好き引き寄せの法則というのも、このRAS器官を使っているので 「意識」して「忘れる」ということが重要になってくるわけです。

 

いちいち電気つけるのにエネルギーがどうとか、電話かけるのに電波どうとか、 PC使うのに電磁波どーのこーの、こりゃ意識しても見えないだろ!ってわけですが、 そもそも、こんなRAS器官のお陰様で 私達が本当に見えている世界、というものを計り知ることができないのです。

今こうして瞬間刹那で見えている映像も脳に送られる瞬間刹那を差し引くと千分の1秒の誤差があるわけで、 つまりは私達が今現在と思っているこの時間ですら、過去になり得る訳ですよ。
科学的な事を持ち出して何が言いたいかっていうと、 【貴方の見えている世界は本当は全然違うという事を知っていただきたい】それだけです。

 

霊(スピリット)とはエネルギー

 

さて、それを踏まえて霊の話します。
私たちの体は60兆個の細胞でできており細胞一つ一つには原子核があり陽子(+)と電子(-)があります。
これらはエネルギーなので私たちの体はエネルギーで出来ており=生命力を持った肉体となります。

 

地球、マグマ、マントル、大地、鉱物、植物、動物、全てがそして母なる宇宙はエネルギーの存在です。
そのエネルギーとは原子であり、構成する分子であり、 日々化学反応によって様々なものが出来上がり、そして消失しています。

 

私たち人間も、こうした宇宙や自然のエネルギーの中で生まれたエネルギー体です。
しかし、そのエネルギーは私達では視覚化できるのは肉体だけで、 それ以外の情報は見えないというのが一般的かと思います。
しかしですね、目に見えないもの(エネルギー)って身近に感じているはずです。

 

例えば、愛する人の隣に居ると何故か心が落ち着き安らいだり、 逆に苦手な人の傍に居ると心がチクチク笑顔がぎくしゃくしているのが他人にも伝わったり。
楽しくて嬉しくて行動力溢れる元気な人を、「キラキラしてるな」って感じたり。
逆に元気ない人を「この人は何か病気なのかな」って思ったり。

 

オーラを端的に言えば、雰囲気

 

雰囲気。
これがつまり霊体の司る処であり、我々がオーラと称している処です。
※解釈が交錯するといけないので先に言っておきますが、今説明している霊体というものは あくまでも人体を取り巻くものであって、守護霊、指導霊、人霊等とはまた別のものを言っています。

 

私達の人体を取り巻く、その雰囲気と呼ばれる霊体オーラは、 繭のようなドーム型になっていて、人体に近い方からそれぞれ第1層から第7層まであります。
人体は傷をつければ直ぐに傷口になるように非常に粗雑な作りになっています。
その外側にある第1層~第3層はエーテル体と呼ばれ←※ここがオーラという認識で正しいと思います。
人体に一番近い部分で影響も受けやすく、ここも粗雑な作り故に、 主に人体で感じる体調や感情・外部からの影響というものをすぐに色や形・明るさで表現します。

 

嬉しい!楽しい!と思えばオーラはすぐに幸せいっぱいの菜の花畑のような黄色になりますし、 愛情深い優しさいっぱいの人は海のような深い慈愛に満ち溢れた青色になります。
働きすぎて疲れが溜まっている人は、エネルギーをもっと活性化させるための自己防衛反応として赤色に。
向上心と知識欲でいっぱいの貴方はどんどん知識を吸収するスポンジのような若草色になります。

 

オーラはカメラに映るのか?を考察

 

上記のような変化をオーラカメラで撮影できるという訳ですが、 この言い回しだと非常に誤解を受け、私もスッキリしないので、何度も考察を重ね、 こう仮説を立てました。

 

オーラカメラは、人体の持つ電気信号、体温等を元に 【コンピュータグラフィック】で【デジタル合成】して出力する装置である。←※事実。
ストレスがかかれば血管が狭まったり、筋肉が硬直したり、水分量が変わったり、 等で電気信号の伝達や体温が変化する。
そこから体調や感情を【推測】した【統計学】に基づいた結果である。←※おそらく
故に、オーラを撮影した、というよりは 【肉体の情報を視覚化した】と言う方がより正しいのではないか。←※結論

 

何分、オーラについての論文(研究者が発表し第三者が同じ実験をして証明されたもの)がなかったので。
科学的に、と申し上げればここまで、が出てきます。

 

それでは、蜜猫的スピリチュアルな考察ではどうかと申しますと、 確かに、私からオーラ写真のように見えるものもあれば、 ん?この人の色はこうじゃないよな…といったものも御座います。
(※皆さんご存知かとは思いますが、私は生まれつきの霊感でオーラも見えています。
割合的には75%程の正確性かな、と私の目には見えています。
それは私自身が第2層ではなく、おそらく第4層あたりを見ているせいだと思います。)

 

スピリチュアルは鵜呑みにしてはいけない

 

我々は、別にこのオーラカメラを否定しにかかっている訳では決して御座いません。
寧ろ、科学が発達して皆さんでも人体の調子を色で視覚化できるようになった、その技術に感銘を受けるばかりです。もっと発達して欲しいものです。
石の(いえ、もっと細かく言えば元素の)与える影響とか、 本当に科学的に解明できたらなんて素晴らしいのでしょう!

 

しかし、我々はその情報をそのまま鵜呑みにすることは御座いません。
マスコミや政治が偽証や洗脳で人々を動かすように、 魔女たちも踊らされてはたまったものではありません。
ですので、これは本当なのか?どうなのか?ということをこれからも研究、追求していきたい、 そんな知識欲だらけの塊で御座います。

オーラカメラが人体の調子を映し出す、なんて素敵なんでしょう。
人体とは、ご飯を頂いただけで幸せいっぱいの黄色オーラになるのです。なんて正直なんでしょう。
体と心に素直に向き合う事、それが我々の目指す、自然回帰の一つだと蜜猫は思います。

 

に投稿

【キャンドルマジック】満月・新月・闇月の儀式【やり方】

キャンドルマジック儀式魔術、魔女術

こちらではキャンドルマジック儀式の実際のやり方を記しております。
黒猫魔術店で販売している「キャンドルマジック儀式セット」もこのやり方になります。
ケルトの魔女術により近い、月に祈りを捧げて願いを叶えるキャンドルマジックの方法です。

キャンドルマジック儀式魔術、魔女術

願いによって実施日、キャンドルが異なる

まずは自分の願いが、「満月・新月・闇月」のどれに当てはまるのかをご検討ください。
それぞれの意味はこちらになります。

  • 満月…浄化、強化、エネルギー充填の魔術に。
    パワーが一番ある時なので、占いや霊視などをその後に行っても良い。
  • 新月…金運の願掛け、恋愛の願掛けなど「増幅する願い」に有効です。
    この後に魔術具への願掛けを行っても良い。
  • 闇月…防御、追放、呪いなどの「減退する願い」に有効です。
    この後に魔術具への願掛けを行っても良い。

それぞれに対応するキャンドルを色で選び、道具を揃え儀式に臨みます。

儀式の日付と時間を確認します

満月…満月の日
新月(満ちゆく月)…新月~満月前日まで
闇月(欠けゆく月)…満月翌日~新月前日まで

ボイドタイムの時間を除き、深夜に行います。

儀式前の事前の準備をします

  • 空腹状態
  • 儀式をする部屋の掃除と空間浄化
  • 禊(入浴)
  • 黒服
  • あれば左中指に銀の指輪
  • 彫刻刀(またはカッター、デザインナイフなど)とライターを用意
  • 道具を祭壇(テーブル)の上等に置いて、精神統一

儀式

瓶キャンドルとお香を灯しながら行います。

瞑想

あぐら等の無理のない姿勢で目を閉じ、心、体、頭の中をからっぽにします。
吐く息と一緒に内側のネガティブが外へ出ていきます。自然の呼吸で、約10分ほど。

グラウディング

瞑想からの流れで、仙骨から大地深くへと根を下ろし、一本の木になるイメージをします。
母なる大地から根を伝ってポジティブな氣が体の中へ入ってきます。
ポジティブな氣は胸のあたりに集約されます。

丹田呼吸法

丹田(へそから指2本文下)を意識した呼吸法。
3つ数えて吐く→2つ止める→3つで吸う→2つ止める…のリズムで丹田を意識しながら行う。
鼻よりも口で息をした方が(音が出るくらいの方が)いい。
体が熱くなり、負荷がかかる。トランスに入りやすくなる。
以降は丹田呼吸を行いながら儀式をします。

練気

丹田呼吸法を行いながら、胸の前で合掌します。
これで自然に練気(体の中で気を巡らす)が出来るのが普通です。
通常は左手から右手へ流れていきます。
手のひらを少し離してみて、暖かさや色、筋や煙や蒸気のようなものをイメージします。

キャンドルを刻む

棒状キャンドルに特定の願いのためのマークを彫ります。
綺麗に彫る必要はありません。願いを刻み付けるために彫ります。

  • 満月…青のキャンドルに(月)のマーク、白のキャンドルに(満月)のマーク、オレンジのキャンドルに(太陽)のマーク
  • 新月…緑のキャンドルに(金星)のマーク、白のキャンドルに(五芒星)のマーク、赤のキャンドルに(火星)のマーク
  • 闇月…黒のキャンドルに(土星)のマーク、白のキャンドルに(六芒星)のマーク

浄化聖別

棒状キャンドルをひとつずつお香の煙で浄化します。
その後、願いのマジカルオイルでキャンドルを聖別します。

  • ▲増幅の願い…キャンドルの上から下方向へ塗ります
  • ▼減退の願い…キャンドルの下から上方向へ塗ります

願いをイメージしながら全面によくすり込むようにして塗りましょう。

棒状キャンドルに火をつけます

最初少し燃やし、接地面に蝋を垂らし固定します。
その後キャンドルの炎を見つめながら、願いが叶った後の様子をイメージしましょう。
できるだけ五感を使い、具体的に鮮明にイメージします。
集中が途切れたらイメージは止めますが、キャンドルは最後まで燃やしましょう。
火をつけたまま祭壇を離れないでください。

引き続き願掛けを行っても良いです

魔術ブレスレットなどの魔術具を願掛けする儀式を、このキャンドルマジックの間に行っても良いです。
その場合は、魔術具を浄化、聖別、願掛けを行ってください。

願いや儀式したことを忘れます。

儀式はここまでです。

願掛けのコツ

  • 不安な方は、呼吸法と錬気を練習してみましょう。
  • トランスが不十分な場合集中力不足です。呼吸法を何度も行ってください。
  • 瞑想は鼻でリラックス、呼吸法錬気は口呼吸で負荷をかけるようにします。
  • 一番大事なことは【より具体的にイメージをすること】と【忘れること】です。

よくある質問

キャンドルの処分

捨てる前にお香で浄化してから、袋に入れてゴミに出します。
土中に埋めたり川に流す方法は環境保護のために推奨しておりません。

1度使ったキャンドルを再度使う場合

  • マジカルオイルを塗った時に込めた願いが変わっていない
  • 期間が空いていない(1ヵ月位)

場合は同じキャンドルを使って儀式を行ってもよいでしょう。
あくまでも目安に過ぎません。できれば連続した7日間で行いましょう。

関連商品