に投稿

魔術用石辞典・化学式一覧

こちらでは鉱物を分類した一覧をまとめています。

同じ石グループ同士は相性がよく、化学式やでき方がかけ離れすぎている石は注意が必要です。

珪酸塩鉱物

ネソ珪酸塩鉱物[SiO4]4-

ネソ珪酸塩鉱物[SiO4]4-
藍晶石(カイヤナイト)、紅柱石(アンダルサイト)、珪線石(シリマナイト)Al2SiO5
┣かんらん石
┃┣苦土かんらん石(フォルステライト)白、黄緑、Mg2SiO4
┃┗鉄かんらん石(ファイアライト)褐色、黒、Fe2SiO4
柘榴石(ガーネット)
┣鉄礬柘榴石(アルマンディン)Fe2+3Al2(SiO4)3。変成岩、火成岩、ペグマタイト。赤
┣苦礬柘榴石(パイロープ)Mg3Al2(SiO4)3。マントル、橄欖岩、玄武岩の変成作用。無色
┣満礬柘榴石(スペッサルティン)Mn3Al2(SiO4)3。マンガン鉱床。炎褐色
┣灰鉄柘榴石(アンドラダイト)Ca3Fe3+2(SiO4)3。スカルン。褐赤色、黄緑色
┣灰礬柘榴石(グロッシュラー)Ca3Al2(SiO4)3。スカルン、蛇紋岩、変成岩。無色
┗灰クロム柘榴石(ウバロバイト)Ca3Cr2(SiO4)3。クロム鉱床。濃緑色

ソロケイ酸塩鉱物[Si2O7]6-

ソロケイ酸塩鉱物[Si2O7]6-
┣灰簾石(ゾイサイト)Ca2AlAl2(Si2O7)(SiO4)O(OH)
┗緑簾石(エピドート)Ca2Fe3+Al2(Si2O7)(SiO4)O(OH)、緑色

サイクロケイ酸塩鉱物[SinO3n]2n-

サイクロケイ酸塩鉱物[SinO3n]2n-
菫青石(コーディエライト)Mg2Al3(AlSi5O18)、別名アイオライト
杉石(スギライト)(K,Na)(Na,H2O)2(Fe3+,Ca,Na,Ti,Fe,Mn)2(Al,Fe3+)Li2Si12O30
┣緑柱石(ベリル)Be3Al2Si6O18
┃┣藍玉(アクアマリン)水色、二価鉄イオン(Fe2+)
┃┣翠玉(エメラルド)緑、クロム・バナジウム
┃┣モルガン石(モルガナイト)ピンク、マンガン
┃┣(ヘリオドール)黄色、三価鉄イオン(Fe3+)
┃┗(ゴシェナイト)無色、アルミニウム
┗電気石(トルマリン)
鉄電気石(ショール)NaFe3Al6(BO3)3Si6O18(OH)4
┗リシア電気石(エルバイト)Na(Li,Al)3Al6(BO3)3Si6O18(OH)4

イノケイ酸塩鉱物(単鎖状)[SinO3n]2n-

イノケイ酸塩鉱物(単鎖状)[SinO3n]2n-
┣輝石
┃┣頑火輝石(エンスタタイト)Mg-Fe輝石、Mg2Si2O6
┃┣翡翠輝石(ジェイダイト)Na輝石、NaAlSi2O6
┃┗リシア輝石(スポジュメン)Li輝石、LiAlSi2O6、別名クンツァイト、ヒデナイト
┗準輝石
ばら輝石(ロードナイト)(Mn,Ca)Mn4[Si5O15]

イノケイ酸塩鉱物(2本鎖状)[Si4nO11n]6n-

イノケイ酸塩鉱物(2本鎖状)[Si4nO11n]6n-
┗リーベック閃石
┗青石綿(クロシドライト)
鷹眼石(ホークスアイ)Na2Fe2+3Fe3+2 (OH|Si4O11)2
虎眼石(タイガーアイ)Na2(Fe,Mg)3Fe2Si8O22(OH)2

フィロケイ酸塩鉱物[Si2nO5n]2n-

フィロケイ酸塩鉱物[Si2nO5n]2n-
┣珪孔雀石(クリソコラ)(Cu,Al)2H2Si2O5(OH,O)4・nH2O
┣葡萄石(プレナイト)Ca2AlAlSi3O10(OH)2
┣蛇紋石(サーペンティン)(Mg,Fe)3Si2O5(OH)4
┣魚眼石グループ(アポフィライト)
┃┗フッ素魚眼石(フルオアポフィライト)KCa4Si8O20F・8H2
┣雲母(マイカ)
┃┗リチア雲母(レピドライト)KLi1.5Al1.5AlSi3O10F2とKLi2AlSi4O10F2の間
┗粘土鉱物
┗緑泥石(クロライト)
斜緑泥石(クリノクロア)(Mg,Fe++)5Al(Si3Al)O10(OH)8、別名セラフィナイト

テクトケイ酸塩鉱物[AlxSiyO2(x+y)]x-

石英グループ

▼石英グループ
石英(クォーツ)SiO2
▼色付き水晶(水晶の中の不純物により色がつく)
紫水晶(アメジスト)、黄水晶(シトリン)ケイ素を置換した微量の鉄イオン
紅水晶(ローズクォーツ)微量のチタン、鉄、マンガン
煙水晶(スモーキークォーツ)黒水晶(モリオン)ケイ素を置換した微量のアルミニウムイオンが放射線を受けた
┣レモン水晶(レモンクォーツ)硫黄による黄色
┣乳石英(ミルキークォーツ)無色透明ではなくアルミニウム等の不純物
┗微細な角閃石による緑…緑水晶
▼変わり水晶(水晶の中に内包物があるもの)
金針水晶(ルチルクォーツ)針状のチタン
┣黒針水晶(トルマリレイテッドクォーツ)針状のトルマリン
┣庭園水晶(ガーデンクォーツ)水晶の中に不定形な緑泥石
┗幽霊水晶(ファントムクォーツ)結晶成長途中に不純物
▼石英(クォーツァイト)
┗イーグルアイ(鷲眼石)石英中に石綿が混入
▼玉髄(カルセドニー)
紅玉髄(カーネリアン)赤色
┣緑玉髄(クリソプレーズ)緑色(ニッケルによる緑)
┣瑪瑙(アゲート)石英や蛋白石(オパール)との縞状模様
┃┣縞瑪瑙(オニキス)黒、白
┃┣天眼石(チベットメノウ)黒と白の目のような縞模様
┃┣紅縞瑪瑙(サードオニキス)赤
┃┣青縞瑪瑙(ブルーレースアゲート)
┃┗苔瑪瑙(モスアゲート)緑
┣碧玉(ジャスパー)不純物を含む不透明で様々な色(赤が有名)
血石(ブラッドストーン)赤色斑が混じるもの(酸化鉄によるもの)

長石グループ

▼長石グループ
┣アルカリ長石
┃┃┣玻璃長石(サニディン)(K,Na)AlSi3O8、高温で形成
┃┃┃┗月長石(ムーンストーン)黄月長石(オレンジムーンストーン)
┃┃┗曹微斜長石(アノーソクレース)(Na,K)AlSi3O8、中温~低温で形成
┃┗カリ長石
┃ ┣オーソクレース(正長石)KAlSi3O8
┃ ┗微斜長石(マイクロクリン)KAlSi3O8
┃  ┗天河石(アマゾナイト)鉛による色
┗斜長石
┣灰長石(アノーサイト)CaAl2Si2O8
┃↑┣日長石(サンストーン)
┃↓┗曹灰長石(ラブラドライト)(Ca[Al2Si2O8])50~70+ (Na[AISi3O8])50~30
┗曹長石(アルバイト)NaAlSi3O8
┗ペリステライト

準長石グループ

▼準長石グループ
瑠璃(ラピスラズリ)
┣青金石(ラズライト)Na8-10Al6Si6O24S2
┣方ソーダ石(ソーダライト)Na8Al6Si6O24Cl2
┣藍方石(アウイン)(Na,Ca)6-8Al6Si6O24(SO4)1-2
┗黝方石(ノーゼライト)Na8Al6Si6O24SO4

ケイ酸塩鉱物以外

元素鉱物

元素鉱物
┣銅(クパライト族)
┃┣自然銅(カッパー)Cu
┃┣自然金(ゴールド)AuだがAgを含む
┃┗自然銀(シルバー)Ag
┣自然鉄(自然クロム族)
┃┗自然鉄(アイロン)Fe
┣白金族
┃┗自然白金(プラチナ)Pt
┗炭素(ケイ素族)
金剛石(ダイヤモンド)C

硫化鉱物

硫化鉱物
┣黄鉄鉱 (パイライト)FeS2
┣輝水鉛鉱 (モリブデン)MoS2
┣黄銅鉱 (キャルコパイライト)CuFeS2
┣方鉛鉱 (ガレナ)PbS
┃┗閃亜鉛鉱(シャレライト)(Zn,Fe)S
┗辰砂 (賢者の石)HgS

ハロゲン化鉱物

ハロゲン化鉱物
┣岩塩(塩化ナトリウム)NaCl
蛍石(フローライト)CaF2

酸化鉱物

酸化鉱物
┣磁鉄鉱 (マグネタイト)Fe2+Fe3+2O4
┣鋼玉(コランダム)Al2O3
┗赤鉄鉱(ヘマタイト)Fe2O3

炭酸塩鉱物

炭酸塩鉱物
┃▼方解石グループ
┃┣方解石(カルサイト)、霰石(アラゴナイト)CaCO3
┃┃┣苦灰石(ドロマイト)CaMg(CO3)2
┃┣菱苦土鉱(マグネサイト)MgCO3
┃┣菱マンガン鉱(ロードクロサイト)MnCO3、別名インカローズ
┃┗菱鉄鉱(シデライト)FeCO3
孔雀石(マラカイト)Cu2(CO3)(OH)2、銅の二次鉱物
┗藍銅鉱(アズライト)Cu3(CO3)2(OH)2、銅の二次鉱物

硫酸塩鉱物

硫酸塩鉱物
┣硫酸鉛鉱(エンジェルサイト)PbSO4
┣▼重晶石(バライト)グループBaSO4
┃┗天青石(セレスタイト)SrSO4
┣硬石膏(アンハイドライト)CaSO4、別名エンジェライト
┗石膏(ギプス)CaSO4・2H2O
┗透明石膏(セレナイト)(CaSO4・2H2O)

リン酸塩鉱物

リン酸塩鉱物
トルコ石(ターコイズ)CuAl6(PO4)4(OH)8・4H2O
┗燐灰石(アパタイト)Ca5(PO4)3(F,Cl,OH)

に投稿

ヴードゥー人形呪術のやり方

魔女監修魔術、ヴ―ドゥー人形呪術のやり方|黒猫魔術店

こちらは黒猫魔術店で販売されているヴードゥードールマジック(人形呪術)の実際のやり方になります。

願いにそって人形の色を選び、手順にそって儀式を行ってください。

願いによって針を刺す場所が違ったり、マジカルオイルやマジカルパウダーが必要となります。

魔女監修魔術、ヴ―ドゥー人形呪術のやり方|黒猫魔術店

色の意味で人形を選ぶ

  • 赤…恋愛や愛情、セックス、勝利の願いに。
  • ピンク…魅力や出会い、女性らしさ、友情の願いに。
  • 緑…金運、お金の獲得、富の願いに。
  • 青…平和や癒しの願いに。
  • 白…健康・治療・病気に関する事、平和の願いに。
  • 灰色…黒と白の間。中立な願いに。
  • 黒…コントロール、呪い、攻撃、邪悪を跳ね返す、防御の願いに。
  • 茶…裁判や自然の願いに。
  • オレンジ…新しい物事へのチャレンジ・創造の願いに。
  • 黄色…自己主張、カリスマや人気獲得の願いに。
  • 紫…力を得て名誉を獲得する願いに。

準備するもの

ドールに見立てる対象者の

  • 対象者のみの顔写真
  • 髪の毛や爪などDNA

これを、付属の小袋(ない場合は麻や木綿の袋)に入れておきます。

新しいペンで、対象者の本名・満年齢・生年月日を書いた羊皮紙(和紙)を用意します。
羊皮紙がなければ人形色と同じ画用紙、白い紙ならば人形色と同じペンを代替使用します。
上記以外に、願いも一緒に書いておくと尚良いです。

儀式を始める前に

  • 空腹
  • 儀式を行う部屋の掃除、整理整頓
  • 禊(入浴)
  • 黒服に着替える
  • 精神統一

ヴゥードゥーマジックの手順

瞑想

あぐら等の無理のない姿勢で目を閉じ、心、体、頭の中をからっぽにします。
吐く息と一緒に内側のネガティブが外へ出ていきます。自然の呼吸で、約10分ほど。

グラウディング

瞑想からの流れで、仙骨から大地深くへと根を下ろし、一本の木になるイメージをします。
母なる大地から根を伝ってポジティブな氣が体の中へ入ってきます。
ポジティブな氣は胸のあたりに集約されます。

丹田呼吸法

丹田(へそから指2本文下)を意識した呼吸法。
3つ数えて吐く→2つ止める→3つで吸う→2つ止める…のリズムで丹田を意識しながら行う。
鼻よりも口で息をした方が(音が出るくらいの方が)いい。
体が熱くなり、負荷がかかる。トランスに入りやすくなる。
以降は丹田呼吸を行いながら儀式をします。

練気

丹田呼吸法を行いながら、胸の前で合掌します。
これで自然に練気(体の中で気を巡らす)が出来るのが普通。
通常は左手から右手へ流れていきます。
手のひらを少し離してみて、暖かさや色、筋や煙や蒸気のようなものが感じられればOK

人形の浄化聖別

香を焚き、対象者情報を書き込んだ羊皮紙を煙の中をくぐらせ7往復します。
四隅に願いのマジカルオイルを塗り聖別し、準備しておいた小袋にしまいます。
小袋の口を縛り中身が出ないように確認した後、人形本体の中にいれます。

その後、人形本体を同じようにお香で浄化し、マジカルオイルを人形の表面に塗り聖別します(ふりかけても良い)。
マジカルオイルを塗る際は、心臓から時計回り(血液が流れる方向)に。
前側をやったら後ろ側も心臓から同様に。

願掛け

ここでは特に、丹田呼吸法と練気を行いながらやること。
魔術具を両手の平にはさみ、自分自身の願いを注入します。
その際、特に五感(視覚・聴覚・嗅覚・触覚・味覚)を使い、その願いが叶った処をイメージします。
その後、練気により手から魔術具へ光の球が回りながら注入されるイメージ。

※人形呪術ではこの工程を行いながら、願いに合わせたマジカルパウダーをふりかけたり、部位に釘を打ち込んだり、火にかざしながら願いを唱えたりします。
※マジカルパウダーを使用する場合は6)願掛けの時に、願いをイメージしながらふりかけます。
詳細は下記を参照に。自分自身の見立ては取扱丁寧に。

最後にふと我にかえる頃に儀式は終了、願掛けをした内容は忘れてください。

儀式はここまでです。

人形呪術の注意・ルール

  • 人形に名前を与えないこと
  • 儀式は一人で行い見られないこと
  • 人形を他人に触らせないこと、見られないこと
  • 人形に愛着を持たぬこと
  • 儀式で使う場合はヴードゥードールの中の米をぬかないこと
  • 術を止める場合、浄化し、小袋や包みのDNA情報を取り出してから火にくべること。小袋は捨てる。
  • 人形は袋に入れて見えないようにして燃えるゴミに出しても良い。

儀式日

  • 増幅(上限の月~満月前日)
  • 減退(下弦の月~新月前日)
    ※ボイドタイムを除く、連続した7日間
    同じ時間、同じ場所だと尚良い。

連続した7日間で儀式を行う場合

初日に小袋の聖別を行うため、それ以降は小袋は出さずに、聖別は人形本体を聖別します。
儀式の準備として瞑想から練気までの流れはきちんと行ってください。

7日間に満たずに、儀式に十分満足したら途中で終了しても良い。

個別作法と保管場所

自分に見立てる術

※釘は使わず、願いにあったマジカルオイル・パウダーを使用します。

  • 病魔、災厄、魔除けの場合
    ふりかかる火の粉は全て人形が受けてくれるイメージ
    見えないように配慮し、北東の窓辺に吊るすと良い。
  • 恋愛系
    好きな人又は多くの人から愛されるというイメージ
  • 金運系
    願掛け後は宝くじや金券、お札などと金庫へ、又は暗所に価値あるもの(宝物)と一緒に保管します。
  • 仕事、勉強系
    保管はデスクの中に道具と一緒に。
  • 引き寄せ系
    ポーチ等に入れて持ち歩く(ただし触られたり中を見られたりしないこと)

相手に見立てる術

  • 恋愛系
    対象者が好きな相手の場合は、願掛け後に足の部分を紐でベッドに縛る。
    対象者の遊び癖をなくすという場合にも有効。
    対象者の浮気癖をなくす場合は手を。
    対象者の肉体関係を正す場合は股間を。
    願いに合わせたマジカルオイル・パウダーを使用します。
  • 呪縛系
    心臓、手、足、股間などに釘をうつ。
    又は、針を刺す、首を縄で絞める、火であぶるなどもあります。
    マジカルオイル・パウダーを使う場合は黒や願いに合わせたものを使用します。
    (正し自己責任、質問もお受け出来ません)

恋愛魔術用、男女ペア人形で使う場合

  • 成就を願う場合
    一体ずつ浄化聖別し、正面で抱き合わせるようにして願掛けします。
    マジカルオイル・パウダーはアダム&イブ等の双方愛情が高まるものを使用します。 保管する際は暗所にて、抱き合わせておきます。
  • 離別を願う場合
    一体ずつ浄化聖別し、背中合わせにして願掛けします。
    マジカルオイル・パウダーは離別の願いのものを使用します。
    保管する際は別々に、相手は袋に入れて見えない処へ置き放っておきます。

注意

このように細かいルールがあります。
それはつまり、このルールにて儀式を実施できないのであればやるべきではないという事です。
見立て、というのはやもすればいと恐ろしい術ですよ。
中途半端な気持ちで他人に危害を加えるようなことはなさらぬよう。
まずは自分の厄災を祓うために使ってみるのが宜しいでしょう。

関連商品

に投稿

日本の祭・西洋魔術と自然崇拝・サバトの共通性

ストーンヘンジの祭壇と自然信仰、魔術的能力、鉱物|黒猫魔術店

今宵は、日本の祭りと西洋魔術の関係性の話。
魔女は自然崇拝をするペイガンですが、日本人も昔から八百万の神々とともに生活をしてきました。

現代の祭もその名残があり、魔女のサバトと同じような意味を持っています。

実は日本人の身近にある、西洋の魔術の共通点が沢山あります!

ストーンヘンジの祭壇と自然信仰、魔術的能力、鉱物|黒猫魔術店

魔女の自然崇拝

先に魔女の話なのですが、私たち魔女にとって一番大事にしなければいけない思想というのは「自然崇拝」です。
つまり、これは信仰ということになるのですが、魔女の信じるものは唯一神でも宗教でもなく、 私たちを取り巻いている自然であり、環境であり、宇宙であり、人なのです。

魔女(魔術)の考え方では、私たち、ひとりも、みんなも、動物も、植物も、地球も、宇宙も、 原子レベルではすべて同じ成分で構成されており、故に同一のエネルギーを持つ、「一体物」であります。

人体の組成(70kgの体重のヒト)

  • 酸素45.5kg
  • 炭素12.6kg
  • 水素7kg
  • 窒素2.1kg
  • カルシウム1.05kg
  • リン0.7kg
  • イオウ175g
  • カリウム140g
  • ナトリウム105g
  • 塩素105g
  • マグネシウム35g
  • 鉄6g
  • フッ素3g
  • ケイ素2g
  • 亜鉛2g
  • ストロンチウム320mg
  • ルビジウム320mg
  • 鉛120mg
  • マンガン100mg
  • 銅80mg
  • アルミニウム60mg
  • カドミウム50mg
  • スズ20mg
  • バリウム17mg
  • 水銀13mg
  • セレン12mg
  • ヨウ素11mg
  • モリブデン10mg
  • ニッケル10mg
  • ホウ素10mg
  • クロム2mg
  • ヒ素2mg
  • コバルト1.5mg
  • バナジウム0.2mg
    (ウィキペディアより)

こちらは人体の組成表ですが、こちらは地球や大地、鉱物の組成にも含まれるものです。
人間と地球や宇宙を比べれば、体積等の大小はあれど構成物が同じであれば、エネルギーも一緒。
エネルギーとは、私たちの細胞ひとつ取り出した時に陽子と電子があってプラスとマイナスの電気がありますから、エネルギー体ですよね?
目には見えませんが電気信号で筋肉等動いています。地球や宇宙の活動もこれに同じです。

ですから私たち魔女は、一体物である地球や宇宙、同類である命ある同志(動植物)をことさら大切にします。
黒猫魔術店では日本魔女協会を立ち上げておりますが、その中の教えでは「できうる限りの殺生はしない」とあります。
魔女蜜猫自身は虫も大丈夫ですし、基本的に四つ足の動物は食べません。
ストイックになる必要はないのですが、私は食事もできるだけ無駄に摂らないようにしています。
(必要最低限、生きていけるだけの分量で、感謝をして戴くという意味です、誤解なきよう)

日頃から季節の廻りに感謝する

こうして魔女たちは日々を過ごしながら、特に季節の移り変わる節目の時期に「サバト」という儀式を行います。
サバトは、春分、夏至、秋分、冬至、その丁度間に1度ずつ、1年で計8回行われます。

その多くが、その季節にその土地で採れたものを祭壇にお供えし、感謝の祈りを捧げます。
それは私たちが命あり、生かされているのは自然からの恩恵に他ならず、 自然に感謝を捧げることでそれを祝ってきたからです。

命が受け継がれ、また自然崇拝の魔女の教えを後世に残すために。
もっと繁栄や、子宝に恵まれるように。
願わくば後世ではもっともっと豊かになれるように。
そんな思いが込められています。

日本の祭に似ている魔女の思想

日本の祭りの思想に、魔女の思想は酷似しております。

それもそのはず。元々日本も自然崇拝の国でした。
卑弥呼が治める時代から女性はシャーマンでしたし、狩猟民族から農耕民族へ移り変わり、 自然が荒れれば農作物も荒れ、儀式といって様々な祭事が行われてきたのです。

私に言わせれば、魔女と一緒やん。て思うのですよね。

日本人の心には元々神道があって、八百万の神(唯一神ではない、沢山の自然の神)信仰がありました。
朝起きればお天道様に手を合わせたり、いただきますってお米に手を合わせたり。
日本人が生きていくためには、自然と一体になって共存していかなければいけなかったのです。
そうしないと食べ物が採れませんからね。
だから自然の神様に生かされてるんだって感謝を捧げるために、祭りを行ってきました。

例えば秋祭りは、西洋でいうところの秋分であるメイボンというサバトです。
または10月31日のハロウィン(収穫祭)、これもサバトです。(正確にはソーウィンといいます)

田植え前の春祭りは大地の女神と太陽の男神が恋をして芽吹くオスタラ(春分)やベルテーン(ヴァルプルギス)です。
夏祭りは血気盛んな太陽神の恵みに感謝するミッドサマー(夏至)やルーナサです。
冬祭りは、眠った太陽神と大地の女神を待ちわびるもの。ユール(冬至)やインボルグです。

祭の踊りにも神聖な意味がある

祭りと言えば、盆踊りなどの地域ならではの踊りがありますよね。
魔女蜜猫も、よさこいを踊りますので祭りの御囃子を聞くと血がたぎります。
といういか日本人だったらあれを聞くと何故かワクワクするのではないかしら?

よさこいで言えば、「らっせーらー」という掛け声があるのですが、この「ラー」というのは太陽神ラーのことだとする説があります。
宗教論争になるので深く言及はしませんが、日本とユダヤは繋がっているようなので、 ラー神も古き時代に踊りとして日本に入ってきたのかもしれませんよね。

八百万の神は自然崇拝

まつり、たてまつり、神(自然)と一体となりたい、そんな気持ち。
いい神様(例:座敷童)も悪い神様(例:貧乏神)も、ぜんぶいいとする日本人は、神様自体に感謝をささげる謙虚さがあると思うなあ。

ロシアのバーンニク

魔女が多いロシアやウルグアイの伝承では、風呂場は不浄として精霊バーンニクが住み着くといわれます。
バーンニクは森に棲む悪魔や妖怪を風呂に招き入れたり、未来予知をしたりします。
また湖にはルサールカという女幽霊がいるという伝承があり、しかしこれも豊穣神だと言われます。(実際に祭りも行われています)
現地のスラヴ人にとって、森・川・沼などは不安や疑惑と共に恐れられる地形であり、恵みだったのでしょうね。
魔女の世界での神様も様々な面を持っていて、人々を導いて教えをほどこすのだと思いますね。

男根信仰と女陰信仰

日本では男根信仰や女陰信仰も深く根付き、それに関連したご神体や祭りも多く残っています。
これは多産・豊穣をもたらす呪術的な力で信仰していた歴史があります。
魔女の世界でもこれは多くみられます。
今でもそれを模したキャンドルでの魔術や、精液や膣液や経血を使ってヴードゥー呪術(日本では藁人形)が行われますね。

男根の象徴物は太陽、女陰は月、その陰陽の力を表しています。
日本だと天照大神は女性で、月読命は男性といわれていますが、神道では元々そのシャーマニズム性により女性優位社会でした。
世界各地を見ると太陽神は男性が多いでしょう。

男根の象徴(ファルスといいますが)の神は、エジプトではオシリス(女性はイシス)、 ギリシャ神話ではパーンやヘルメス、ネイティブアメリカンではココペリ、 としてまつられています。
「性と創造は生を生み出す」と魔術では言われます。

古代人にとっての幸せとは、現代人にとってのそれとは違うのかもしれません。
現代では物質的な、金銭的な幸せを求めなければ生活ができません。
金銭的価値を生み出すことが生産に繋がりますからね。

しかし古代人にとっての幸せは「創造」そのものだったのです。
子孫繁栄していくことこそが自然的に生活していくことができる(=宇宙と一体化できる)術だったのでしょう。

その後、宗教や道徳によって性欲は抑圧されました。
人々をコントロールするのに簡単な法律は性欲と死生観だからです。
だから人々はフラストレーションを祭りに残したのではないかしら。
単なる太陽神と月(大地)の女神の交わりだけなら、農作物をお供えしていればいいのですもの。

こうして祭りと魔術に対して深く読み解き、古代人が大切にしてきた知恵や教えをまた我々の後世に遺していきたいと願います。

関連セミナー

こうした自然信仰は呪術と深い関連があり、後の宗教となりました。
その話をセミナー動画にしていますので、興味あるかたはぜひどうぞ。

関連商品

に投稿

【魔術ブレスレット】エスバットの願掛けエンチャント儀式やり方

エスバット(願掛け)の儀式で願いを叶えるやり方|黒猫魔術店

こちらは魔術ブレスレットの願掛け儀式(エンチャントメント)の実際のやり方になります。
プリントアウトする等して本番中でも携えながらやる事可能です。
黒革の手帖などに写本して本番に挑まれるのもいいですね。

エスバット(願掛け)の儀式で願いを叶えるやり方|黒猫魔術店

必要なもの

  • 魔術ブレスレット
  • マジカルオイル(セルフメンテナンスで必要です。願いの意味のものを使用してください)
  • 浄化聖別用のお香(ピューリファイやフランキンセンス、または願いの香りのもの)
  • 新月・闇月のキャンドルセットもあると便利
  • 不安な方は銀の指輪を左中指へ

※当店制作時の魔術具はお香とオイルでの浄化聖別を終えてお届けしています。

儀式可能な日・時間を調べる

  • 物事を増幅させる魔術の場合⇒上弦の月~満月前日の期間
  • 物事を減退させる魔術の場合⇒下弦の月~新月前日の期間

更にこの時間帯にボイドタイムが重なっていないかを調べます。
ボイドタイムが重なっていなければその時間に儀式が可能です。

昼夜問わず、集中できれば願掛け可能ですが、一番魔力が高いとされるのは深夜と言われています。

儀式の準備

↑これは本儀式の前に行う準備のやり方動画です。
下記の瞑想~練気までの所作と日付の決め方をまとめています。
本儀式の前に必ずこちらを行ってください。

  • 儀式を行う部屋の掃除、整理整頓
  • 禊(入浴)
  • 黒服に着替える
  • 精神統一
  • 空腹

実際の儀式のやり方

瞑想

あぐら等の無理のない姿勢で目を閉じ、心、体、頭の中をからっぽにします。
吐く息と一緒に内側のネガティブが外へ出ていきます。自然の呼吸で、約10分ほど。

グラウディング

瞑想からの流れで、仙骨から大地深くへと根を下ろし、一本の木になるイメージをします。
母なる大地から根を伝ってポジティブな氣が体の中へ入ってきます。
ポジティブな氣は胸のあたりに集約されます。

丹田呼吸法

丹田(へそから指2本文下)を意識した呼吸法。
3つ数えて吐く→2つ止める→3つで吸う→2つ止める…のリズムで丹田を意識しながら行う。
鼻よりも口で息をした方が(音が出るくらいの方が)いい。
体が熱くなり、負荷がかかる。トランスに入りやすくなる。
以降は丹田呼吸を行いながら儀式をします。

練気

丹田呼吸法を行いながら、胸の前で合掌します。
これで自然に練気(体の中で気を巡らす)が出来るのが普通。
通常は左手から右手へ流れていきます。
手のひらを少し離してみて、暖かさや色、筋や煙や蒸気のようなものが感じられればOK

魔術具の浄化聖別

↑願掛けの本儀式のやり方です。
内容は、下記の所作がまとめられています。
これをやる前に「儀式準備」を必ず行ってください。

香を焚き魔術具を煙の中をくぐらせ7往復します。
その後該当のマジカルオイルを塗ります(塗り方に決まりはない)。

願掛け

ここでは特に、丹田呼吸法と練気を行いながらやること。
魔術具を両手の平にはさみ、自分自身の願いを注入します。
その際、特に五感(視覚・聴覚・嗅覚・触覚・味覚)を使い、その願いが叶った処をイメージします。
その後、練気により手から魔術具へ光の球が回りながら注入されるイメージ。
最後にふと我にかえる頃に儀式は終了、願掛けをした内容は忘れてください。

儀式はここまでです。

注意事項

  • 装着する本人が願掛けを行うこと。
  • 不安な方は、呼吸法と錬気を練習してから行ってもよいです。
  • トランスが不十分な場合集中力不足です。呼吸法を何度も行ってください。
  • 瞑想は鼻呼吸でリラックス、呼吸法錬気は口呼吸で負荷をかけるようにします。
  • 一番大事なことは【より具体的にイメージをすること】と【忘れること】
  • 引き寄せブレスの場合は「私の欲しいもの・人・きもち・チャンスを引き寄せてください」と願う。
  • 魔術具が複数ある場合は、日にちを分ける等して一つずつやること。

魔術具の装着

  • 引き寄せブレスは右手
  • 対人魔除けブレスは左手(危険な場所では一時的に右手)
  • 仕事金運ブレス
    ⇒顧客獲得などの引き寄せる場合は右手
    ⇒プレゼンなど自分の能力を発揮する場合は左手
  • 恋愛ブレス
    ⇒相手や気持ちを引き寄せる場合は右手
    ⇒自分の気持ちを外へ出す場合は左手

魔術具の管理

  • 願掛けを行ってからは、浄化用水晶などでの浄化はしないで下さい。
  • 他のアクセサリーとの着用は可能ですが、水晶を多く含むブレスレット等はお控えください。
  • 見た目や持った時に違和感を覚えるようであれば、お香等で浄化が必要かもしれません。
    浄化した後はマジカルオイルで聖別し、再度願掛けします。
  • 自分以外の人に魔術具を触られないようにして下さい。触れられた場合は再度願掛けします。
  • 石の性質上、水に弱いものが含まれます。お風呂や水仕事の時は外してください。
    それ以外は着用をオススメします。
  • 願いを変える場合は、願掛けの際にその旨を示してから新たな願いをかけます。

メンテナンスの目安

  • 引き寄せの魔術具、財布…毎月
  • 対人魔除けの魔術具のうち特に魔除け…毎月
  • 対人魔除けの魔術具のうち対人…問題が解決されるまでは毎月
  • 仕事金運の魔術具…いざという時
  • 恋愛の魔術具…状況が変わった時、又は3か月程度おき

※こちらに記載した願掛けは最低限のものです。
高密度のものは黒猫魔術学園にて指導致します。

関連商品

に投稿

サバトの意味、女神と男神の時の歯車に感謝を

スピリチュアル,魔女の黒魔術と儀式

今宵はサバトについて正しい意味をお伝えしたく思います。
と言うのも、サバトで検索するとウィキペディアにはきちんと書かれていませんし、他サイト様でも見解はまちまちで御座います。
実際にサバトを行う宗派の違いや、信ずる神話の違いにより様々な解釈はできるのですが、ここでは黒猫魔術店的見解をお話ししたく思います。

スピリチュアル,魔女の黒魔術と儀式

サバトは感謝をする祝祭

まず初めにお断りしておきますが、サバト=魔女が箒で空を飛んだり、裸で儀式を行ったり、悪魔にキスするものでは御座いません。
それらはキリスト教により異教徒(ペイガンと呼ばれました)として魔女狩りを行うためのでっち上げに過ぎません。

本来のサバトとは季節に感謝を捧げるための祝祭なのです。
それは昔から日本でもあった祭事です。
節分や彼岸、夏祭りや盆祭りとして古くから民衆信仰がありました。

魔女のサバトはそれが古くからのまま現代まで遺っているのです!
何故ならそれが民衆の心に違和感なく寧ろ納得された形で残されてきたからです。
魔女の教えの中にも、一時的な力を持つものは自然淘汰されるけれど、源流や普遍的なものはずっと残り続けるとされます。

源流や普遍的な意味で、サバトの季節の考え方は実に納得のいくものです。
それは大地である女神と、太陽である男神の出会いや交わり、成長や死に関連付けられ、恵みを享受する教えです。
ここでいう女神は、三相の女神を表しており、処女であり母であり老婆なのです。
実際のサバトの意味合いと共に解釈してみましょう。

※日にちはその年によって異なります。

オスタラ(春分)3/20~21

3/20のオスタラ(春分)では、貴婦人と君主が若者の国で出会い、陽気なダンスを踊ります。
全ての物事や動植物の種を撒く時期です。
この頃の貴婦人(女神)と君主(男神)はまだ若く、出会いに情熱を燃やしているのです。
これから芽吹き成長するであろう種に、ウキウキ期待しています。

ベルテーン(ヴァルプルギス)4/30

4/30のベルテーン(ヴァルプルギス)では、貴婦人と君主が交わり、新たな生命(作物)が産み落とされます。
ここで貴婦人は大地の女神(母)に、君主は太陽の男神(父)になります。
2人の子である人間や作物、穀物は大地の養分と太陽の光を得てぐんぐん成長していきます。

リーザ(夏至・ミッドサマー)6/20~21

6/20のリーザ(夏至・ミッドサマー)では太陽の男神の力がピークを迎えます。 夏至は1年の中で1番陽が長い日だからです。
猛々しい男神のパワーを得て、2人の子らもそれらを吸収し、成長していきます。
子が成長していくにつれて、女神と男神の力は衰え始めます。

ルーナサ(第1収穫祭)8/1

8/1のルーナサ(第1収穫祭)では、2人の力で育った子らを初めて収穫します。 収穫とはすなわち刈り取りです。
大地の女神はここで老婆へ変わり、死をもたらす鎌で自らの子を刈り取ります。
またリーザを過ぎた太陽の男神もだんだんと力が衰えていきます。

メイボン(秋分・第2収穫祭)9/20~23

9/20のメイボン(第2収穫祭)では、育った穀物(米や小麦)を収穫します。
ここでもまた女神は鎌を振り下ろし、自らの手で子を殺すのです。
陽も短くなり男神の力もほとんど残されていません。

サーウィン(ハロウィン・収穫祭)10/31

10/31のサーウィン(ハロウィン)で、女神はいよいよ男神に鎌を向けます。
きたる復活のために、年老いて力を失った男神を敢えて殺すのです。
またこの日は死者の日とされています。

ユール(冬至・クリスマス)12/20~21

12/20のユール(クリスマス)で、太陽の子である君主を女神が産み落とし復活を遂げます。
ユールでは君主の復活を祝い盛大に宴をします。
きたる春にむけて赤ちゃんの君主の成長を願うのです。

インボルク(節分)2/2

2/2のインボルク(節分)では、赤ちゃんの君主を育てるために母になった女神が乳を与えます。
君主の生命により少しずつ凍った大地に光が戻ってきます。
今力なき母(大地)は休み、君主の成長を願います。

廻る車輪は時の流れを表す

そしてまたオスタラへ歯車は廻っていきます。
季節が巡りめくように、私達人間の魂も巡り転生しているものだと、魔女は教えています。

女神と男神の力を分け与えられた子は、大地の作物であり、人間です。
人間は大地の作物を食べるからです。
分け与えられた力なので、冬になるにつれて神々は力を失い、蘇りの春を待って新たな子を産む…その繰り返しなのです。

自然と共生すること

こうした儀式によりサバトは何が言いたいのかと言えば、私達は自然の一部であり共生しているという事実です。
恋愛やお金など現代人には悩みやストレスが付き物ですが、独りよがりになったり、執着してはいけません。
何故なら私達は自然の子であり、それに抗うことはできず、いずれは女神の鎌で死を与えられる存在です。

これら自然の出来事を受け入れることできなければ、本当の意味での感謝や愛を知ることはできません。
そしてそれらは、自分自身への存在意義、理由へと繋がります。
何故なら母(産み落とされた理由)を肯定することで自分自身を肯定できるからです。

そして感謝や愛は、願いを叶えたり引き寄せたりする魔術の原動力へと変わります。
ですから1年を通してサバト儀式へ参加し、その本質を知ることは人生を豊かに、幸せにする上でとても良きものになるでしょう。

ぜひサバトへ参加したり、自分自身で儀式を行ってみてくださいね。

関連商品

に投稿

ブードゥー人形呪術に対する黒猫的見解

今回はブードゥー人形呪術の話。
藁人形やブードゥー人形を使った呪術といえば、丑の刻参りなどの呪いを想像する方が多いかと思います。
しかし人形呪術は呪いだけではないという事をお伝えするのが今回で御座います。

藁人形については皆さんご存知かと思いますので説明は省きます。
西洋魔術ではそれと似たような使い方でブードゥー教の人形を使います。

ブードゥー人形とは

ブードゥー教とは、アフリカやカリブ海、アメリカのニューオリンズで信仰されている民間信仰です。
簡単に言うと自然の力を利用し相手を呪ったり、死人を生き返らせる等の秘術、病気の回復等の術が伝えられているものです。
その成り立ちは黒人奴隷時代の時なのですが、キリスト(カトリック)習合していたり、しかしながら中身を見るとケルトのドルイド教に通じている事からそちらから来ているのではと思います。

キリスト教等の絶対唯一無二を神格として、それに従わなければ地獄、信仰すれば天国のように考える原理を男性原理と言います。
ブードゥー教ではブードゥー魔術を使えるものは司祭であり、人形も本場のものでなければいけないと言っています。

自然信仰の日本人

ところが私たち日本人は元々は自然信仰であります。
自然信仰は自然と共に生きる…つまり土地神様(=母)という考え方で、女性原理と言います。
女性原理では全てが大いなるものの支配下にあり、「こうでなければいけない」という事はありません。
信仰をしてもしなくても天国にも地獄にも行きます。
愛する事もすれば、憎むこともします。それが自然という考え方です。

ですから日本の藁人形はお手製で作ることが一般的だったように、自分のため、愛する相手のため、憎む相手のためなら勿論お手製でお作りになってもいいですし、どんなものであろうと人型になっていれさえすればいいと、私は思います。

人形には魂が宿る

古くから、「人型」には魂が宿ると云われてきました。
よく聞く怖い話の定番、お松人形や、西洋人形もそうです。
神社参拝で使う「形代」(人型の薄い紙)もそうです。
またぬいぐるみなど、特に愛着が湧いたものには魂が宿りやすいと云われます。

ブードゥーや藁人形も同じですがこちらは、わざと人形に魂を入れます。
人形の魂は、米や種などの栄養のあるもの(栄養があれば何でも良いと思います)です。
それを藁人形はその藁を編む時に、ブードゥーは人形の中に入れます。

さらに誰かに見立てる場合は、見立てる本人のDNA(爪や髪の毛・陰毛・体液など)と 氏名・満年齢・顔写真を中に入れます。
(術を止める際にはそれらを取り出してから焼くので考慮して入れてください)
こうして人形はその人の「見立て」となり「身代わり」になるのです。

見立ての術のやり方

使い方ですが、これは道徳をもって自己責任でおやりになって欲しいのですが、例えば自分を見立てた場合、病魔から身を守りたい時には北東の方角へ吊るします。
日本では、あらゆる「魔」は鬼門からやってくると言われているからです。

魅力的になりたい場合は相応の香水等を振りかけます。
お金持ちになりたい場合は傍にお金や通帳を置いておくといいでしょう。

他の誰かを見立てた場合、例えば恋人の心を捉える場合は足を縛り枷にします。
目に見えぬ病魔等に見立てる事もできます。この場合は心臓に剣を打ち込みます。
呪いの場合も使えますがここでは書かない事に致しましょう。
つまりは「見立て」ていますので、鏡のように見立てた本人に返るという呪術です。

関連商品

に投稿

藁人形呪術のやり方

愛の藁人形呪術のやり方|黒猫魔術店

こちらは黒猫魔術店で行われる、藁人形呪術の実際のやり方になります。

手順にそって儀式を行ってください。

願いによって保管場所が違ったり、マジカルオイルやマジカルパウダーが必要となります。

愛の藁人形呪術のやり方|黒猫魔術店

準備するもの

藁人形に見立てる対象者の

  • 対象者のみの顔写真
  • 髪の毛や爪などDNA
  • 藁人形の場合は、下記の必要事項・願いを書いた付属の紙(または和紙)に包む用意をします。後でこれをわきの下の隙間から中に入れるので小さいサイズ推奨です。※術を止める時にはDNA物を取り出すので、中身が漏れないようにしてください。
  • 対象が自分自身以外の場合は手袋をします。

新しいペンで、対象者の本名・満年齢・生年月日を書いた羊皮紙(和紙や紙などでもOK)を用意します。
上記以外に、願いも一緒に書いておくと尚良いです。

藁人形呪術儀式の手順

↑これは本儀式の前に行う準備のやり方動画です。
下記の瞑想~練気までの所作と日付の決め方をまとめています。
本儀式の前に必ずこちらを行ってください。

瞑想

あぐら等の無理のない姿勢で目を閉じ、心、体、頭の中をからっぽにします。
吐く息と一緒に内側のネガティブが外へ出ていきます。自然の呼吸で、約10分ほど。

グラウディング

瞑想からの流れで、仙骨から大地深くへと根を下ろし、一本の木になるイメージをします。
母なる大地から根を伝ってポジティブな氣が体の中へ入ってきます。
ポジティブな氣は胸のあたりに集約されます。

丹田呼吸法

丹田(へそから指2本文下)を意識した呼吸法。
3つ数えて吐く→2つ止める→3つで吸う→2つ止める…のリズムで丹田を意識しながら行う。
鼻よりも口で息をした方が(音が出るくらいの方が)いい。
体が熱くなり、負荷がかかる。トランスに入りやすくなる。
以降は丹田呼吸を行いながら儀式をします。

練気

丹田呼吸法を行いながら、胸の前で合掌します。
これで自然に練気(体の中で気を巡らす)が出来るのが普通。
通常は左手から右手へ流れていきます。
手のひらを少し離してみて、暖かさや色、筋や煙や蒸気のようなものが感じられればOK

人形の浄化聖別

↑藁人形呪術の本儀式のやり方です。
内容は、下記の所作や保管方法・注意事項などがまとめられています。
これをやる前に「儀式準備」を必ず行ってください。

データの紙・写真・DNA物をお香の煙で浄化します。
同様に、人形も浄化します。

マジカルオイルをデータの紙の四隅に指でつけて聖別します。
この時、薬の包み方のように袋状になるように紙を折り、そこにDNA物や写真を入れます。
写真を折るのが困難な場合は、藁人形の顔の位置に貼り付けます。

人形をマジカルオイルで聖別します。
マジカルオイルを塗る際は、心臓から時計回り(血液が流れる方向)に。
前側をやったら後ろ側も心臓から同様に。

紙包みをしっかりと閉じ、藁人形の肩口か脇腹の隙間へ挿入します。

願掛け(イメージ)

ここでは特に、丹田呼吸法と練気を行いながらやること。
まず最初に、人形を両手の平にはさみ、自分自身の願いを注入します。
その際、特に五感(視覚・聴覚・嗅覚・触覚・味覚)を使い、その願いが叶った処をイメージします。
その後、練気により手から魔術具へ光の球が回りながら注入されるイメージ。

次に、テーブルの上に人形を置き(または立たせる)、願いに合わせたマジカルパウダーをふりかけたり、部位に針を打ち込んだり、火にかざしながら願いを唱えたりします。
詳細は下記を参照に。

最後に集中力が途切れたら儀式は終了、願掛けをした内容は忘れてください。

儀式はここまでです。

人形呪術の注意・ルール

  • 人形に他の名前を与えないこと
  • 儀式は一人で行い見られないこと
  • 人形を他人に触らせないこと、見られないこと
  • 人形に愛着を持たぬこと
  • 術を止める場合、お香の煙で浄化し、包みのDNA情報を取り出してから火にくべること。
  • 人形は袋に入れて見えないようにして燃えるゴミに出しても良い。

儀式日

  • 増幅(上限の月~満月前日)
  • 減退(下弦の月~新月前日)

※ボイドタイムを除く、連続した7日間。同じ時間、同じ場所だと尚良い。
連続した7日間でやる場合は、浄化までの工程は省き、聖別・願掛けを行います。
願いのイメージが完了すれば途中で儀式をやめても構いません。

個別作法と保管場所

保管は誰にも見られないようにする必要があります。
そのため、袋や箱などの中に入れ、それぞれの術に適した場所に保管してください。
ベッドがない場合は布団(寝床)のそばに保管してください。

自分に見立てる術

  • 病魔、災厄、魔除けの場合
    ふりかかる火の粉は全て人形が受けてくれるイメージ
    病気の個所を火で炙る、あるいは針で刺して追い出す、などの所作を追加しても良い。
    保管は、見えないように配慮し、北東の窓辺に吊るすと良い。
  • 恋愛系
    好きな人又は多くの人から愛されるというイメージ。
    魅力アップの術の場合、綺麗な服を着せ、化粧を施したり、胸を盛り、ウエストを絞るように形作ることもあります。
    保管は綺麗な場所に。
  • 金運系
    繫栄している様子をイメージします。
    保管は宝くじや金券、お札などと一緒に金庫へしまいます。
    または暗所にて、価値あるもの(宝物)と一緒に保管します。
  • 仕事、勉強系
    仕事や勉強ができる様子、志望に合格する様子などをイメージします。
    保管は、デスクの中に勉強道具(参考書やテキストなど)と一緒に。
    志望校・志望会社のパンフレットや、特に目指したい分野の本などと一緒に保管するのも良いでしょう。
  • 引き寄せ系
    引き寄せたいものの写真の切り抜きがあると便利です。
    自分のもとにそれが来るようにイメージします。
    保管は、引き寄せたいものの切り抜き写真と一緒に、暗所にて保管。

相手に見立てる術

  • 恋愛系
    対象者が好きな相手の場合は、願掛け後に足の部分を紐でベッドに縛る。
    対象者の遊び癖をなくすという場合も同様。
    対象者の浮気癖をなくす場合は手をベッドに縛る。
    対象者の肉体関係を正す場合は股間に針を刺す。(針はお灸すえ程度、釘は不毛と言われます)
  • 呪縛系
    心臓、手、足、股間などに釘をうつ。(釘は危険です。何が起こっても自己責任で)
    または、針を刺す、首を縄で絞める、火で全身を炙るなどもあります。(釘よりは軽いと言うが、何が起こっても自己責任で)
    その後、多くの人が踏む所(十字路や交差点)などに埋めます。(これは昔からの呪いの方法なので、何が起こっても自己責任で)
    黒猫魔術店では呪いに関する質問はお受け出来ません。

恋愛魔術用、男女ペア人形で使う場合

  • 成就を願う場合
    一体ずつ浄化聖別し、正面で抱き合わせるようにして願掛けする。
    保管する際は暗所にて、抱き合わせておく。
  • 離別を願う場合
    一体ずつ浄化聖別し、背中合わせにして願掛けする。
    相手の方は呪縛や恋愛の作法をしても良い。
    保管する際は別々に、相手は袋に入れて見えない処へ置き放っておく。

注意

このように細かいルールがあります。
それはつまり、このルールにて儀式を実施できないのであればやるべきではないという事です。
見立て、というのはやもすればいと恐ろしい術ですよ。
中途半端な気持ちで他人に危害を加えるようなことはなさらぬよう。
まずは自分の厄災を祓うために使ってみるのが宜しいでしょう。

関連商品

に投稿

己を振り返り自然を感じる、祭壇を作ろう(基本編)

お香を使った【インセンスマジック】イメージ(視覚化)のやり方|黒猫魔術店

今宵は祭壇の飾り方についてのお話。
サバトやエスバットではなく、日常的な祭壇の飾り方です。
少々コツがありますが、覚えてしまえば後は自由に飾っていただいてOKです!

お香を使った【インセンスマジック】イメージ(視覚化)のやり方|黒猫魔術店

祭壇は崇め奉るものではない

はじめに断っておきますが魔女の祭壇は、ヤバくも怪しくもありません。
全ての魔女諸君の代弁として言いますが、祭壇は「神聖」という表現がぴったりですが、決して何かを崇め奉って心酔して勧誘したりすることはありません。
何かを崇め奉るというのは、神とか先祖とか霊や悪魔のことです。

私たち魔女や魔術師は、自分たちの欲望を叶えるために儀式を行う際にそれらに「頼み事」はしますが「依存」はしませんし、頼み事は無償ではなく等価交換という有償です。
目に見えない力を大事にしますが「神頼み」ではなく、欲望を叶えるのは自分自身の力でなければ意味がないと考えます。

そもそも神頼みとは、努力して努力して尽くした人が「運を天に任せる」ものです。
最初から努力放棄する手段ではありません。
酔狂した信者のように生きることを神に依存する行為は、私たち魔女の掟に反しますね。
もっと言えば、神とは全てのものに宿るので人ひとりひとりも神ですから、他人やものに依存したり期待することもしません。

祭壇とは、祈りの場

では、魔女の祭壇とは何なのか。

それは、自分自身の「祈りの場として設けた場所」です。
また、己を振り返り、心を安らかに保つ場所です。
自分自身が宇宙や星、自然の一部として生きていることを視覚的に確認するための場です。
ここには世界を構成する四大元素である、火、水、風、土を象徴する道具を配置します。

火…キャンドル、ワンド(魔法の杖)
水…聖杯、大釜
風…書物、ベル、香炉、箒
土…ペンタクル、鉱石、植物

火は、原初の力で最初の生命力であり自分の意思です。
水によってそれらを交流、融合、理解し、 風によって挑戦、発見し、土へと還り種を蒔き、後に実になって刈り取ります。

このように世界を構成する四大元素は、全ての人やものや環境を構成していると考えるので、これを祭壇に飾って「見る」ことによって自然と「感謝」の気持ちになります。

欲望を叶える魔術儀式でも四大元素は使われるので、イメージの訓練や瞑想のために祭壇を使う人もいます。
また季節に因んだ植物や料理を供える人もいます。
信仰というよりは願いの象徴として、好きな神の絵やクロスなどのモチーフを飾ったりします。

祭壇は、自然に感謝する場所

サバトではよく「女神と男神に会おう!」と言われるのですが、これはイメージしやすいので人型の神として扱ってますが、そもそもは自然の巡り、時間の流れや淘汰を表しているものです。
敢えて言うならば私たち魔女は、自然信仰をしています。
自然を享受できなければ魔術は行えないからです。

よくギャンブルで楽に勝つ方法を聞かれるのですが、このような自然法則があるので、自然の力に感謝してくださいと答えます。
本当に楽に勝てます。
それができない人は魔術を行っても意味ないと思います…っていうレベルです。
他の欲望を叶える魔術であっても同じことが言えます。
自然を無視して術は行えません。地球上で物理的に重力を無視できないのと同じです。

祭壇は、神聖に気付く場所

ということで祭壇とは、それらをきちんと理解する場であり、自然に祈りを捧げ心休め瞑想する場であり、熱心に信仰を捧げ崇め奉る場ではありません。
願いが叶うまで祈祷するわけでもありません。

逆にそんな執着を取り除き、心穏やかにし、欲望を受け入れ人間らしく自然と共に生きれる場所です。
つまり、それは神聖です。
人間って、自分って、本当はこうなんだよな…って気付ける場所です。
だって多くの星回りから選ばれた日に産み落とされて生きてるだけで、神聖なのですから。

必要な魔女の七つ道具

火属性

  • ワンド

お好きな樹木で作ったものや装飾が施されたもの、自分で彫ったものなど様々ございます。

自分の誕生日の守護樹木でワンドを選ぶ人もいます。ワンド選びの詳細はこちらのページにまとめています。

水属性

  • 聖杯

ゴブレット型のものでガラスや金属製が多いです。自分で五芒星を彫るのも良いですね。
簡単にワイングラスやカクテルグラスを使う人もいます。

  • 大釜

コルドロンと呼ばれる鉄製の鍋です。現代のダッチオーブンの元型だと言われます。
最近では小さく可愛いルクルーゼを使う人が多いようです。
色は黒、もしくは水属性なので青などでもいいかもしれません。

風属性

  • アサメイ(ソード)

剣です。模造刀でも本物の刃物でも自分の気に入ったものがあると良いですね。

黒い柄や鞘のものを選びましょう。アサメイ選びの詳細はこちらのページにまとめています。

  • ブックオブシャドウ

影の書と言われる自分専用の魔術日記であり、儀式の際の祈祷文を書き記すものです。

革製のものだと良いです。

  • 香炉

お香を焚く道具です。卓上タイプと手に持つ吊り香炉タイプがあると便利です。
卓上タイプは香炉灰や炭を使えるタイプにすると、ハーブ香や樹脂香など、扱えるお香が増えるのでおすすめです。
平皿のものは、コーンインセンスやスティックインセンスでも焚くことができます。
耐熱皿であればいいので、灰皿やココット皿で代用する人もいます。

香炉を検索するとどうしても仏教系の香炉が多いです。スターチャイルドのインセンスセンサーはこちら。

小さい卓上タイプの箒は浄化のために使います。

代わりに鞭を使う場合もあります。

  • ベル

ハンドベル型がよく使われますが、音の出る鳴り物であれば代用しても構いません。
わたしが使っているのは南部鉄器の卓上鈴です。

土属性

  • ペンタクル

五芒星のシジルが入った金属製のものです。

ない場合は鉱石や硬貨で代用します。植物や供物を飾ってもOK。

通常の祭壇の飾り方

道具が揃ったらこれらを祭壇に配置していきます。
祭壇は、術者が東向きでお祈りができる場所に設置します。
祭壇のテーブルは小さくても良いのでできれば専用のものが良いですね。
この場所は常に清潔に保っておきましょう。

まずアルタークロス(祭壇用布ですが専用のテーブルクロスでOK)を敷きます。
その後七つ道具を自由に設置していきます。
この時、火属性と土属性が少ないので、火属性ではキャンドルを数個、土属性では供物を適量飾ります。
供物ではなく鉱石や硬貨を飾っても問題ありません。

最後に中央に、自分の信仰する象徴(仏像や十字架など)を飾ります。
像ではなく写真やタロットカードの適した絵柄を飾る場合もあります。

※祭壇を飾った後、実際にサバトやエスバットを行う際には、魔法円の召喚や退去の儀式が必要になります。

関連商品

に投稿

【魔術アクセサリー・装飾品】エスバットの願掛けエンチャント儀式やり方

銀の防御・魔除け魔術的能力と使い方|黒猫魔術店

こちらは魔術用アクセサリー装飾品(リングやピアス、ネックレス等)の願掛け儀式(エンチャントメント)の実際のやり方になります。
プリントアウトする等して本番中でも携えながらやる事可能です。
黒革の手帖などに写本して本番に挑まれるのもいいですね。

銀の防御・魔除け魔術的能力と使い方|黒猫魔術店

必要なもの

  • 魔術用装飾品(リングやピアス等)
  • マジカルオイル(セルフメンテナンスで必要。願いの意味のものを選びます)
  • 浄化聖別用のお香(ピューリファイやフランキンセンス、または願いのお香)
  • キャンドル
  • 不安な方は銀の指輪を左中指へ

儀式可能な日・時間を調べる

  • 物事を増幅させる魔術の場合⇒上弦の月~満月前日の期間
  • 物事を減退させる魔術の場合⇒下弦の月~新月前日の期間

更にこの時間帯にボイドタイムが重なっていないかを調べます。
ボイドタイムが重なっていなければその時間に儀式が可能です。

昼夜問わず、集中できれば願掛け可能ですが、一番魔力が高いとされるのは深夜と言われています。

儀式の準備

↑これは本儀式の前に行う準備のやり方動画です。
下記の瞑想~練気までの所作と日付の決め方をまとめています。
本儀式の前に必ずこちらを行ってください。

  • 儀式を行う部屋の掃除、整理整頓
  • 禊(入浴)
  • 黒服に着替える
  • 精神統一
  • 空腹

実際の儀式のやり方

瞑想

あぐら等の無理のない姿勢で目を閉じ、心、体、頭の中をからっぽにします。
吐く息と一緒に内側のネガティブが外へ出ていきます。自然の呼吸で、約10分ほど。

グラウディング

瞑想からの流れで、仙骨から大地深くへと根を下ろし、一本の木になるイメージをします。
母なる大地から根を伝ってポジティブな氣が体の中へ入ってきます。
ポジティブな氣は胸のあたりに集約されます。

丹田呼吸法

丹田(へそから指2本文下)を意識した呼吸法。
3つ数えて吐く→2つ止める→3つで吸う→2つ止める…のリズムで丹田を意識しながら行う。
鼻よりも口で息をした方が(音が出るくらいの方が)いい。
体が熱くなり、負荷がかかる。トランスに入りやすくなる。
以降は丹田呼吸を行いながら儀式をします。

練気

丹田呼吸法を行いながら、胸の前で合掌します。
これで自然に練気(体の中で気を巡らす)が出来るのが普通。
通常は左手から右手へ流れていきます。
手のひらを少し離してみて、暖かさや色、筋や煙や蒸気のようなものが感じられればOK

魔術具の浄化聖別

↑願掛けの本儀式のやり方です。
内容は、下記の所作がまとめられています。
これをやる前に「儀式準備」を必ず行ってください。

香を焚き魔術具を煙の中をくぐらせ7往復します。
その後該当のマジカルオイルを塗ります(塗り方に決まりはない)。

願掛け

ここでは特に、丹田呼吸法と練気を行いながらやること。
魔術具を両手の平にはさみ、自分自身の願いを注入します。
その際、特に五感(視覚・聴覚・嗅覚・触覚・味覚)を使い、その願いが叶った処をイメージします。
その後、練気により手から魔術具へ光の球が回りながら注入されるイメージ。
最後にふと我にかえる頃に儀式は終了、願掛けをした内容は忘れてください。

儀式はここまでです。

注意事項

  • 装着する本人が願掛けを行うこと。
  • 不安な方は、呼吸法と錬気を練習してから行ってもよいです。
  • トランスが不十分な場合集中力不足です。呼吸法を何度も行ってください。
  • 瞑想は鼻呼吸でリラックス、呼吸法錬気は口呼吸で負荷をかけるようにします。
  • 一番大事なことは【より具体的にイメージをすること】と【忘れること】
  • 引き寄せブレスの場合は「私の欲しいもの・人・きもち・チャンスを引き寄せてください」と願う。
  • 魔術具が複数ある場合は、日にちを分ける等して一つずつやること。

魔術具の管理

  • 願掛けを行ってからは、浄化用水晶などでの浄化はしないで下さい。
  • 他のアクセサリーとの着用は可能ですが、水晶を多く含むブレスレット等はお控えください。
  • 見た目や持った時に違和感を覚えるようであれば、お香等で浄化が必要かもしれません。
    浄化した後はマジカルオイルで聖別し、再度願掛けします。
  • 自分以外の人に魔術具を触られないようにして下さい。触れられた場合は再度願掛けします。
  • 願いを変える場合は、願掛けの際にその旨を示してから新たな願いをかけます。

メンテナンスの目安

  • 引き寄せの魔術具、財布…毎月
  • 対人魔除けの魔術具のうち特に魔除け…毎月
  • 対人魔除けの魔術具のうち対人…問題が解決されるまでは毎月
  • 仕事金運の魔術具…いざという時
  • 恋愛の魔術具…状況が変わった時、又は3か月程度おき

関連商品

に投稿

魔術で願いを叶えるコツはイメージと脳科学!

スピリチュアル,魔女の黒魔術と儀式

今宵はよくある質問の中から、魔術でいうイメージについてのお話です。

私が研究する魔術は全て脳科学で説明がつくというテーマです。
これについてはあらゆるブログ記事で説明しているのでそちらもあわせて読んで頂きたいのですが、今回の話ではイメージの魔術についてです。

スピリチュアル,魔女の黒魔術と儀式

イメージしたことが実現する魔術

魔術とは大雑把にいえば、イメージしたことが実現化する術です。
これに対して、質問なのかご意見なのかよく言われることがあります。

「それって蜜猫だからできることでしょ?」
「蜜猫ほどの強いイメージ力があるから叶うんでしょ?」

と言われるんですが、これはその通りだと思います。
私は自分の病気を治したいというところから魔術にのめり込み、紆余曲折を経てこれに辿り着き願いを叶えました。
それは私の願いなので私にしかできなかったと思います。

けれど、それは皆さんにも言えることです。
めちゃくちゃ叶えたい強い意思があるならできることです、他の誰でも、私でもそれは叶えることができません。
その強い意思をイメージすることができるのは本人だけだからです。

魔術は脳科学で説明できる

これで質問の解答になってると思うのですが、少し付け加えて記しておきます。

イメージが実現化するというのは脳科学で説明できることです。
言うなれば、重力や星の軌道と同じで、要らないわと思っても変えることのできない世界の仕組みの話です。
だからそれを否定していても始まりません。
イメージの話については他記事や、脳科学のセルフコーチングの完戸修平先生の動画もあるので参照してください。

因果の法則には抗えない

また、当たり前ですけどどんなものでもイメージしたら叶うわけではなく、世界の仕組みを覆すようなイメージはできません。
人間が空を飛ぶなどは、飛行機やハイテンションになるなどに置き換えられる場合があります。
死者を蘇らせるなどは、神ではないので、自然に逆らう行為は許されません。
自然に逆らう、抗うような願いは叶いません。

これを踏まえた上で、イメージの魔術は施行されるべきだとお伝えしております。
私の場合は病気がよくなることは自然に生きるためのものなので、イメージするだけで治るのでは?と思い、術を行いました。

しかし、現在特に病気もなく、楽に自然に生きれている人にとっては病気がイメージで治るだなんて信じがたい事実かもしれません。
しかし自分の命がかかっていれば、勿論医者に診てもらいながらですが、自分で何かできることはないのかと必死になったのです。
先人が、病は気から、と言ったように、気持ちの持ちよう(イメージすること)はとても大事なことだと思います。

脳にとっては自己暗示も同じ

ついでに、これはつまりは自己暗示です。
脳科学で解説すれば、魔術は自己暗示に含まれます。
他人にかけるなら洗脳です。
自分をよくするために自己暗示をかけるならいいではないかと思います。
根拠のない自信、やる気、理想の彼氏などは全て自己暗示です。本人が気付いているかどうかは別にして。
でも普通に日常にあることです。

イメージや自己暗示が強ければ、うちで販売している魔術グッズは要らないということも言っています。
こちらは買う前に読んでくださいという記事を商品ページにリンクしています。

イメージしづらい時はモノを媒介する

私たちが肉体があるうちは物質の世界で生きざるを得ませんので、どうしてもイメージだけには限界があります。
語弊がないように説明すれば、限界がなくイメージできる人もいます、そういう人はいいんです。
でも一般的には、イメージする際に物質が介在していた方がイメージしやすいのです。
だから昔からチャーム、お守りなどが存在するのです。

お守りを持ってれば大丈夫、ということが自己暗示です。
お守り自体に神様がいるわけではありません。
ここまでは大丈夫ですか?

では、私がご紹介している魔術グッズでは、イメージの物質としてブレスレット等が介在してお守りと同じような役目にあります。
願掛けの儀式(エスバットの儀式で月下ろしの聖別とも言います)では、この物質に自分自身のイメージ(願望)を与えることによって、物質にスピリット(霊)を加えます。
スピリットは自分の意思であり、目には見えないエネルギーのことを意味します。
日本人は霊と言うと幽霊を意味しますが、ゴーストではありません。
自分のスピリットが入ったもの(上記でいえばブレスレット等)は、魔術的に特別なものとなり得ます。

カバラからも説明をつけ加えると、スピリットはケテルであり意思やエネルギー、それを放出し願うコクマー、形作るビナーを通り物質になる→マルクト(現実界)と繋がります。
これらはアレイスタークロウリーの法の書や旧約聖書、TORAの聖典にも仕組みが見られます。
カバラによれば、私たち人間、世界全てカバラ的仕組みで成り立っています。
物質界にいながら目に見えない世界のことを理解したり感じたりすることは、確かに限界があることなのかもしれませんが、自然の理を理解しようとすることに対しては自然的なものです。
ですからマルクトとビナーが、死をもって繋がっているのだと思います。
(ここらへんは解る人向けに話しています)

本人のイメージでなければ願いは叶わない

話をまとめると、強い意思があればイメージできるので魔術で願いを叶えることはできます。
でもその人自身のイメージの力なので、私は魔術代行などは全く行なっていません。
どんな時も、未来を切り拓くのは自分自身でしかありません。
とてもとても強くイメージできることなら、魔術具を介在させなくても叶いますし、実際魔術具をオーダーして手元に届く1週間の間に既に願いが叶ってしまった話をよく聞きます。
オーダーした時点で無意識にイメージしてそれを意識しなかったから叶ったのです。

でも強くイメージできなかったり、たまにブレたり、ここぞという時に威力を発揮したい場合は、魔術具は介在させた方が儀式が視覚化されるので楽です。
使い捨てが多い魔術具なのですが、私の作るものは一生ものをテーマにしているので、ブレスレットや人形など思いがより込めやすい、それだけの話です。

言うなれば自分の意思ややる気の問題でタダでもできるような魔術です。
私はそれを広めたいだけです。
自分の意思や自己暗示ひとつで世界が変わるということを。
思い込み、常識は国や時代が違えば全く違うように、それは日常にも起こり得るのだということを。

昨今、現代日本では科学やITの急速な発達により時代についていけない人々が増えたように思います。
本当は気にしなくてもいいような人間関係にバーチャル世界でも気にしなければいけないとか。
何代続く会社がITやロボット化で職を失ったりとか。
それによって鬱や自律神経失調症など、昔はなかった病気が増えてきました。

私はこれらが思い込みや常識のあり方や見方によって変わるものだと思うし、良くしようと思えば手立ては沢山ある、そんな向上心の中に魔術という不思議な策があってもいいと思うんです。
(私的には魔術で世界は一変すると思ってますが)

だって思い込みひとつで、イメージひとつで、変わりますよね。
自分も、環境も、事象でさえも。
マイナスに捉えるか、プラスに捉えるか。
必死な人ほど願いを叶えたい、そんな思いが強くなり、現実化していくのだと思います。

関連商品