に投稿

プラトン饗宴とコリント人への手紙から見る愛

魔女のタロット占い、カードの意味、占星術

今宵は魔術でもしばしば問われる、「愛とはなんなのか」の話。

この壮大なテーマについて、ユングはついに解明することはできなかったのですが、 彼の論文の中でペテロがコリント人へ送った手紙に触れていたので、有名になっています。

私は誰ともなくこの聖書の一説を贈りたいと考えました。
しかしながらこれはまだまだ未熟な私の解釈で、ひとつの見解だということを念頭に置かれてください。
しかも聖書の話をしているのに、魔女なのでペイガンであることをお許しくださいね。

魔女のタロット占い、カードの意味、占星術

コリント人の手紙(私的要約)

コリント人や皆々様へ

たとえ私が、どんなに強くて、特別な力を持っていても、 あなたがたに愛がなければ、それを使っても受け入れるどころか煩いと喚き立て、理解すらできないでしょう。

また誰かが、どんなに頭が良くて、身体能力に優れていて、なんでもこなせる人であっても、 あなたがたに愛がなければ、なんの価値も見出せません。

また、あなたがたが、どんなに心が優くて、弱き人々を助けるためにお金をだして、 薬を買って看病し、言葉をかけたとしても、あなたがたに愛がなければ、なんの役にも立ちません。

愛は寛容であり、愛は親切です。また人をねたみません。

愛は自慢せず、高慢になりません。

礼儀と節度を重んじ、自分の利益ばかりを追い求めず、怒らず、人のした悪意ある行動や噂話、ネガティブな言葉のやり取り、世界は不正を喜ばずに真理を喜ぶので、そういった悪意は放っておいても淘汰されます。

すべてをがまんし、すべてを信じ、すべてを期待し、すべてを耐え忍びます。
いつか気付いてくれるだろう、と。
それまで私は何も言わずにただ見つめ、待っていようと思います。
何故ならばそれは、私がしてあげられることではないのですから。

愛は決して絶えることがありません。

預言の賜物ならばすたれます。異言ならばやみます。知識ならばすたれます。

というのは、私たちの知っているところは一部分であり、異言することも一部分だからです。
大部分からみれば、小さなことは、そのうち淘汰されてゆくからです。

何故なら、完全なものが現れたら、不完全なものはすたれます。

春夏秋冬のように、うつろいゆく世界の中では、全てが不完全なものであり、矛盾をもっているものなのです。

私が子どもであったときには、子どもとして話し、子どもとして考え、子どもとして論じました。
それは子どものように無邪気に感情を表現していたからです。
しかし、おとなになったときには、子どものことをやめました。
私は知識をもっていますので、感情だけではなくきちんと考えることができるからです。

今、私たちは鏡にぼんやり映るものを見ていますが、その時(死んだ後・霊になってから)には顔と顔とを合わせて見ることになります。

今、私は一部分しか知りませんが、その時には、私が完全に知られているのと同じように、私も完全に知ることになります。

本当の、真理というものを。

だから生きている間にたとえ解らずとも、しかしながらこういうわけで、いつまでも残るものは信仰と希望と愛です。
その中で一番すぐれているのは愛です。
愛を追い求めなさい。

…というように私は解釈したのだけれど、ここで愛というワードに着目されたし。

プラトンの「饗宴」

プラトンの「饗宴」は、真の愛とはなんなのか? をテーマに書かれているが、両性具有の話はご存じだろうか?

昔々、人間には男と女の他に、両性の結合した【アンドロギュノス】というものがいた。
それは手足が四本ずつ、顔が二つ、性器が二つあった。
だがゼウスがこれらを頭から真っ二つに両断したため、 二つに分かれた本性(今の男女)は互いに己が半身にあこがれて結合しようと求め合う。

…それが私たちなのだ、とまあストーリーの中で語られているのです。
(私的にはこのおぞましくも思えるような4本の腕が天使の羽根と勘違いされて、天使化されたのではと思いますが)

またギリシャ神話では世界の混沌(カオス)から愛(エロス)が生まれている。
つまりは失われた半身を求めるのがエロスなのだそうですよ。

と、すれば。
片割れの半身を探し求めている過程で、うまくいかず別れた場合(つまり本当の片割れではなかった場合)愛ではないのでしょうか?
魔術でも、占いでも、「あの人は運命の相手ではなかったのでしょうか?」というご相談が多いですのでね…。
いいえ、本当の愛とは自然のもの、ということではないでしょうか。

愛は自然から生まれている

世界の混沌(光も闇もすべて混ざり合ったところ)から愛は生まれています。
そんな所はとても自然的で、宇宙のような場所ではないかな?

また、愛と美の女神ヴィーナスも海から生まれてるので自然から生まれています。

また、世界の真理を表し魔術の基礎とされているカバラにおいても、愛を司る金星は「自然に広がりゆくもの」とされています。
(因みに対になっている火星は破壊をもつものです)

両性具有アンドロギュノスも、ゼウスに逆らって無茶するから真っ二つにされてしまったようですが、元々はそういう種族が自然な姿でいたわけですから。

しかし私たちはこうしたわけで、神が創りたもうた不完全なものです。
だから自分のことばかり考えると独り善がりに愛されたくて仕方ないのかもしれませんね。

私たちがペテロの言う愛の意味に気付けるにはあとどのくらいかかるでしょうか?
私もそれまで見守り続けようと思います。

<原文>コリント人への手紙 第一(13章1節~)

<原文>コリント人への手紙 第一(13章1節~)

たとい、私が人の異言や、御使いの異言で話しても、愛がないなら、やかましいどらや、うるさいシンバルと同じです。
また、たとい私が預言の賜物を持っており、またあやゆる奥義とあやゆる知識とに通じ、 また、山を動かすほどの完全な信仰を持っていても、愛がないなら、何の値うちもありません。
また、たとい私が持っている物の全部を貧しい人たちに分け与え、 また私のからだを焼かれるために渡しても、愛がなければ、何の役にも立ちません。

愛は寛容であり、愛は親切です。
また人をねたみません。
愛は自慢せず、高慢になりません。
礼儀に反することをせず、自分の利益を求めず、怒らず、人のした悪を思わず、 不正を喜ばずに真理を喜びます。
すべてをがまんし、すべてを信じ、すべてを期待し、すべてを耐え忍びます。

愛は決して絶えることがありません。
預言の賜物ならばすたれます。
異言ならばやみます。
知識ならばすたれます。
というのは、私たちの知っているところは一部分であり、異言することも一部分だからです。
完全なものが現れたら、不完全なものはすたれます。

私が子どもであったときには、子どもとして話し、子どもとして考え、子どもとして論じましたが、 おとなになったときには、子どものことをやめました。
今、私たちは鏡にぼんやり映るものを見ていますが、その時には顔と顔とを合わせて見ることになります。
今、私は一部分しか知りませんが、その時には、私が完全に知られているのと同じように、私も完全に知ることになります。

こういうわけで、いつまでも残るものは信仰と希望と愛です。
その中で一番すぐれているのは愛です。
愛を追い求めなさい。

関連商品

に投稿

凶兆?身代わり?物が割れる現象の魔術的見解

ハーブお香に関する魔術的能力、使い方、意味|黒猫魔術店

今宵は、皿や器、コップなどが割れることについて魔術的見解を記そうと思います。

自分が使っている茶碗や湯のみなどが割れると、主の災いを受けてくれた等の伝承が日本にはあります。
古くから手びねりで作られた陶芸品には魂がこもるとされ、それを日々使用した持ち主の思いもこもる…
八百万の神を信仰する日本ならではの考え方ですが、これは果たして本当でしょうか?

ハーブお香に関する魔術的能力、使い方、意味|黒猫魔術店

日常的に使うものに入る念

実際に割れたら災いを防ぐ云々はさておき、「日々使うものに魂がこもる」というのはありそうです。
脳科学的には毎日三食同じ器を使って生きるためや嗜好品として必要なものを摂取しているわけですから、変性意識下では「毎日目にする儀式」として大事なものにインプットされてもおかしくありません。

それが割れたら「大事なもの(習慣化されたもの)を失った」という事実から、何かしらの変化が起こるかもしれません。
例えばそれが災いを防ぐにしても、逆に災いをもたらすにしてもです。

例えば夫婦茶碗などペアで持つことも面白い。
毎日目にするペアものは2人の愛情を高め結びつける変性意識が高まるでしょうね。
逆に気になる人へのプレゼントが、そういった毎日目にして使うものであれば一緒にいなくても無意識で思い出し、気になってくれるようになります。

また、鏡のように自分を映すものも魂が入りやすいと言われています。
これも毎日目にするものなので茶碗と同じ理由から「魂が入る」とか「思いが宿る」と言われたのかもしれませんね。

他人の念が入ったものを割ると

そのように一定の思いが入ったものが割れるというのは悲しいという気持ちからネガティヴを想像しがちです。
しかし仕組みとしては無意識の中に習慣化されたものが失われることへの不安がストレスに感じるだけなので、逆にポジティブに災いを防ぐと思えれば良いということです。

しかしこれは、あくまでも「自分が使っていたものが割れた時」です。
例えば誤って誰かのものを割ってしまった時…
注意しなければいけません。

魔術では、他人が大事にしていたものを割ると、割った人に術が返ると言われています。

術というのは、前述の無意識下で使用し大事に思う気持ちのことです。
適当に使っていたならそれ程ではないかもしれませんが、気持ちが入ったものならばその分だけ術として成立します。

この場合は思いの分だけの災いが、割った人に返るということです。
この災いとは、割った人が無意識下に「申し訳ないことをしてしまった」という後ろめたい思いがあるから現象として起きてきます。

割ってしまった時の対処法

これを回避するためには、割れたものと一緒に持ち主に謝り誠意を伝えれば大丈夫です。
後ろめたい気持ちをなくせばいいので、手段として弁償や菓子折りなどを使うことも良いです。
とにかく自分の気持ちがおさまれば良いのです。

そういえば皿屋敷のお菊さんなんかは皿を割ったら殺されましたが(正確には割った説と隠された説がありますが)、相手の怒りを鎮めることも忘れることのなきよう。
割ったくらいで殺されたらたまったもんじゃないですからね…

一番いけないのは、割ったら持ち主に何も言わないことです。
安価なものでも、人の気持ちは入ります。

そして、道端に落ちているような誰のものか分からないものは拾わないことです。
もし割ってしまったら、謝りようがないですからね。
皆様もお気をつけて。

関連商品

に投稿

脳科学の魔術はまずやってみることが大事

魔女の魔術ブレスレットの魔術的能力|黒猫魔術店

今宵は魔術の話です。そもそも魔術とはなんなのか?根本のお話。
私は、魔術を魔法のような目に見えない原理で説明しようとは一切していません。
私は、脳の成分や香りの成分によって脳が意識変容していく=願いを叶えていく、ということを毎度説明しています。

魔女の魔術ブレスレットの魔術的能力|黒猫魔術店

魔術は心理学・脳科学

それは学問で言えば、心理学、脳科学、などの仕組みを使っています。
しかし昔の人々にとってそれは「叶える方法」は知っていても、科学的な根拠や仕組みは知らなかったので、オカルト=目に見えない隠されたものとして位置付けられました。

現代では科学も医術も研究されオカルトは科学的に説明できる、理にかなったものであり、よく言う「昔の人の知恵って凄いな」というものになりました。
本当に素晴らしいものが沢山あるので、私はこれらをデータを取りながら検証実験し、研究しています。
魔術本に書かれてあることを実際に行動してみるとどうなるか、どう体感を得るかなどです。
全てそうだと思うのですが、なんでも鵜呑みにせず自分で情報を確かめてみることは現代に必要なことだと思うからです。
(私はそうして日々ハーブについて勉強してきましたし、医学を鵜呑みにするなら医者に従って薬を飲むのと一緒なので、自分から確信を得られるまで取り組みました。)

本当に魔法みたいな目に見えない力で、願いが叶ったりする術もあるのかもしれません。
今は解明されてないだけなのかもしれません。

しかしリアリストな私は、そんな希望的観測よりも現実的に仕組みが分かっている方法を使っているし、それを広めたいとも思います。
それは私が自分で病気を治したいとそれこそ「必死に」なった時に、希望的観測には頼らなかったし、確かな情報と改善法が欲しかったからです。
自分の願いを叶えたり、楽になりたい時に、様々な方法があってそれを選択できることはいいことだと思います。
例えば占いやカウンセリングで話を聞いてもらって楽になれるならそれでいいと思います。

欲望を脳で叶えるのが魔術

しかし「魔術で」となると、最大のヒーリングは己の欲を満たし法を携えることです。
「汝の欲する処が法なり」とアレイスタークロウリーも言っています。
それはより良くを求め社会組織で生活してきた人間にとって普通のことです。
欲=煩悩みたいに悪いものだけではないし、人を貶めない限りは自分の願いを叶えていくことは幸せに繋がりますよね?

その欲は、脳の仕組みで叶えることができるというのが魔術です。
現代では魔女狩りも冤罪だと明らかになっているし、オカルトも科学的に説明できるのに、なぜ弾圧されるのか…それは昔から大きな力を持った術だからなのでしょうね。
精神論や宗教などではない、確かな術で事実なのに勿体無いですね。

儀式を体感することが大事

魔女のサバトも本で読んだ知識と、きちんと儀式をした体感とでは全く違います。
魔術でなくても、スポーツや仕事でも、みんなそうだと思うんです。
実際にやってみなければわかりません。
そして実際にやってみてきちんとした検証データを各ページにも載せていますし、私の方ではそれをまとめ記事にもしています。
すぐ叶った人もいれば叶わない人もいて、ではどうすればいいのか、その違いは何かを検証します。

そして実際にきちんと儀式をやって体感した人は何かしら現象が起きています。
だって脳の仕組みだから起きるよね。
この辺のことは「魔術vs心理学」トークライブ等で心理学(脳科学)のプロから見ても明らかになっています。

最初から、願いを叶えるためのオカルトや魔術グッズを販売しているので、アクセサリー感覚のものはありません。
願掛けの儀式をやらなければただのアクセサリーですが、それなら雑貨屋さんのものの方が安価でしょう。
祭壇用品も浄化聖別して販売しています。そうしないと専用のものが揃えられないからです。

勿論、自分でアクセサリーや用具を作ったり揃えることはウィッチクラフトの観点からとてもいいことなのでやってほしい。
それを推奨するのは体感を得てほしいからでもあります。
実際に儀式をやったり、ハーブを使って料理したりして得た体感は、やらないよりもまずやってみた方がいい。
やり方を間違ってでもやった方がいいですよ。
やらないと魔術が始まらないからです。

やってみて気付いたり、勉強したりして、もっと高めていくことがいいのだと思います。
結局は魔術は自分の脳の中で起きている未来を変えたいと願う意思です。
願いを叶える=変えたいと願うには、行動を起こさないと始まらない。
手に入れるということは行動するという意思決定を脳にくださなければね。

実際に魔女はたくさんいる

魔術や魔女について偏見が多い現代ですが、ピンからキリまでいるスピリチュアルに携わる人達の中には、きちんとその術に向き合っている方々が大勢います。
皆さんには魔女の知り合いなんて少ないかもしれませんが、私は全国、世界に魔女の友達がたくさんいます。
仕事にするかしないかの差はあれど、その人達はきちんと自分の術に向き合っているし、似非でもないし、自分の実力を自分で把握しています。

カヴン(結社や団体)に属さないソロの魔女も沢山います。
それは自らで意思決定できる強さを持っている人達です。

儀式の中身や姿形が特異でも、それらが後世に残ってきた事実だけ見ても真実であるし、体感した魔女たちはそれが自然体であると実感しています。
魔術というイメージが悪いのかもしれませんが、気になるのであればぜひやってみてほしいですね。
合わなければやらなければいい。でももしかすると変化が起こり、感動を呼ぶかもしれません。
そしてその感動とは言葉ではうまく言い表せないものなのです。

関連セミナー

願掛けの儀式のやり方を詳しく解説しています。
ブログ記事だけではどうにもわからない、という人はぜひどうぞ。