【海王星】惑星の意味、性格、運勢占い【占星術】

自我から自己へ、内から外へ解放の星

海の王の星と言われネプトゥヌス(ポセイドン)神が司る、解放の星、海王星…。
ここでは惑星のパワーを取り入れた魔術儀式を行ったり、占星術で読み解いたりする人のための「海王星」の意味をまとめていきます!

 

【海王星】惑星の意味、性格、運勢占い【占星術】|黒猫魔術店
 

海王星の科学的知識

 

  • 海王星(Neptune)は、天王星の動きから計算されて発見されました。
  • 主成分は天王星に似ており(=天王星型惑星)、大気と氷でできています。
  • 大気は8割が水素、ヘリウム、メタンです。表面の青色はメタンによるものだが、天王星より濃い色は未知の物質かもしれない。
  • マントルでは、深層に行くほど徐々に液体化し、これは電気伝導率が高く「水とアンモニアの海」と呼ばれる。
  • 内部は岩石と氷、水、メタン、アンモニアのマントルです。
  • 表面温度は-223℃です。南極に熱放出があり、太陽から受ける熱量の2倍を生産しているといわれます。
  • 海王星では風は最大時速2000kmで太陽系惑星の中では速い方です。
  • 海王星には明暗のある環があります。地球からの観測では途切れたように見えます。
  • 公転周期は164.79 年です。地球から見ると、ひとつの星座に約15年います。
  • 公転が冥王星の軌道と重なる時があります。
  • 海王星の磁場中心は47゜自転軸から傾いており、自転軸から傾いているため地球と同じ磁場の強さですが、大きく変動すると考えられます。
  • 海王星の衛星は14個あり、有名なのはトリトンです。ギリシャ神話の水や海の精霊の名がついています。

 

海王星のあれこれ

 

  • 質量…海王星1個=地球17個
  • 重力…地球で体重30kg=海王星で33,3kg
  • 自転軸の傾き…27,8°(反時計周り)
  • 磁場強度…0,14ガウス(地球の0,45倍)
  • 太陽からの距離…45.044億km
  • 軌道の傾き…0,726°

 

海王星に関する神話

 

海王星と言えば天王星と似ているため、勝手に対になっているのだと思い込みやすいのが誤り。

ギリシャ神話では、ポセイドンは、クロノスとヘラの息子にして、兄:ハデス、弟:ゼウスという家族構成に事件が起きないはずありません。

オリュンポス12神にして、あらゆる海と水に関する領域の守護を与えられ、トライデントという最強の矛を武器に持つ、チートな神様。

(神様って元々チート)

 

このポセイドン、ゼウス並の女遊び好き。

妻のアムピトリーテーにフラれながら何度もストーカーレベルの求婚をして結婚しましたが、メドゥーサをはじめとする愛人も複数人います。

メドゥーサと密会しようとしたら間違って処女神のアテナと交わってしまいました。

 

ポ「ごめん、間違った(テヘペロ」

ア「」

 

彼女の怒りは収まりませんが、彼女よりも位が高いポセイドンを罰することができず、メドゥーサの髪を蛇にしちゃって石化の邪眼持ちになったと。

その後メドゥーサはなんやかんやで首をはねられ、その血からペガサスが生まれています。

この首はアテナの魔除けの盾になっているんですが…えっと、色々突っ込みどころが追いつかない神話です(笑)。

 

戦闘能力も高いポセイドン。

ティターン戦争などでは3兄弟と共にハチャメチャな戦争を行っています。

どんなハチャメチャかというと、島を投げたり、トライデント一振りして海を割ったり、洪水起こしたり…。

海洋生物(怪物)でエチオピアを滅ぼそうとしたりですね。

 

ネプトゥーヌスの神話では、世界各地に「海の中の炎」の神話があります。

海の中には炎があり守られているが、これを手に入れようとするものが失敗し、世界に河川ができたとされます。

海の中に炎があるなんて神秘的ですよね。

 

海王星に関する魔術的能力

 

海王星は、一区切りにされた境界を解放します。

例えば、現実と目に見えない世界の境界を曖昧にし解放することで、スピリットの世界を垣間見ることができます。

オカルトも海王星の分野ですが、オカルトとは「目に見えないもの」という意味です。

それは霊的なものだけでなく、日々の生活の中にもあります。

例えば、良い意味であれば、他者と心を通わせ、夢を語り合えるとなりますが、悪い意味では陶酔、カルトに心酔するという意味にもなります。

 

 

ここで「境界を解放する」ということがどういった意味なのか考察してみましょう。

ギリシャ神話では冥界の王ハデス(兄)と、物質界の王ゼウス(弟)の間に、海の王ポセイドンが居る。

二番目の兄弟って仲を取り持ったり、緩和させたりなど、境界を解放させるような意味を伺わせます。

 

また、水や海の領域やエネルギーを司るポセイドン(海王星)は、感情や心など目に見えない部分も司ります。

大海の王は心が広いのかと思いきや、気性が荒く好戦的だったりするのは、穏やかな海でも天候が荒れれば津波のように怒り狂うような、感情の様を表すのかもしれません。

水属性の守護をお持ちの人もそういった部分があり、感情や心に敏感なのですね。

 

海の中に炎があるというのも、もしかしたら心を表しているのかもしれません。

私たちが心だと思っている表層の顕在意識(自我)よりも、もっと深い深層心理(自己)の炎です。

ともすれば海王星は自我から自己へ、自己から自我への行き来をスムーズにするでしょう。

それらは内なるものは外へ広がりますので、すなわち幻夢の世界が現実の世界へと影響し、願いが叶ったり、自己表現ができたりします。

海王星は芸術の星ともいうのは、この内から外への自己表現がきちんとできるからでしょうね。

 

対照表・海王星

 

【海王星】惑星の意味、性格、運勢占い【占星術】|黒猫魔術店

 

  • 海王星…解放、幻夢、オカルト、潜在意識(占星術では時代的背景を表します)
  • タロット…12ハングドマン(吊るし人)…自己犠牲、解放
  • 守護石…アクアマリン(藍玉)…幸運
  • ヘブライ文字…メム
  • 色…紫、ラベンダー
  • 動物…蛇、鷲、蠍(水属性の象徴物)
  • 植物…水草、蓮、トネリコ
  • 魔術武器…カップ、十字架
  • 香…ミルラ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。