アッシュ(トネリコ)ケルト樹木の意味・オガム・魔術的能力

魔術の強化とヒーリングの木

魔術の強化とヒーリングの樹、アッシュ(トネリコ)…。
ここではケルト樹木のパワーを取り入れた魔術儀式を行ったり、オガムやルーンで読み解いたりする人のための「アッシュ」の意味をまとめていきます。

 

アッシュ(トネリコ)ケルト樹木の意味・ケルト暦・魔術的能力

 

アッシュの植物学的知識

 

  • アッシュ(Ash)は、 モクセイ科に分類される落葉樹。
  • ヨーロピアンアッシュ…スペインからロシアにかけてのヨーロッパ全般に自生します。
  • ホワイトアッシュ…主な生育地域はアメリカから中西部全域およびカナダの一部です。
  • ジャパニーズアッシュ…東北~中部地方の温暖な地域に生息します。
  • 樹高20-35m、直径2m。
  • 樹皮は、若木は滑らかで青灰色です。経年で厚くなり縦方向にひびが入ります。
  • 弾力性があり野球バットや建築材、楽器(ギターやベースなど)として使用されます。
  • 民間薬として下痢止めや結膜炎の洗浄に樹皮が使われていたそうです。

 

山中でのアッシュの見分け方

 

  • 温暖な山地によくあります。
  • 春の終わり頃に花弁のない淡紫色の花が咲き、雌花は雄花より長く咲きます。風媒花です。
  • 雌花と雄花は同じ木につきますが、一般に雄花のみあるいは雌花のみ咲かせる樹木に分かれることが多いです。
  • また雌花を咲かせた木が次の年には雄花を咲かせるなど、ちょっと不思議。
  • 果実は、まるで翼がついた形の翼果(長さ2.5-4.5cm、幅5-8mm程)冬の間枝にぶら下がっていて、トネリコの鍵と呼ばれます。

 

アッシュに関する神話

 

北欧神話スノッリのエッダにて、世界樹ユグドラシルはアッシュの木だとして崇拝されていました。

蛇はアッシュを嫌うと言われますが、それはユグドラシルの根元にいるニーズヘッグを意味しているのかもしれません。

 

他にも、ウラヌスやポセイドン、マルス、トールなど、世界神話の戦いの神々に捧げられました。

またオーク、ホーソンと並んでアッシュは「妖精が大好きな神聖な3樹」と言われます。

 

アッシュに関する魔術的能力

 

  • ヒーリング
  • 戦い
  • 守護
  • 繁栄
  • 健康

 

アッシュは加工がしやすい木材だったため、古くから矢じりや弓などの武器に使用されてきました。

その反面アッシュは、ヒーリングの能力も優れることから治療用のワンドを作る魔女が多いです。

特に海や水に関するパワーを象徴していたので、アッシュを持っていれば舟をこいでも溺れないと言われています。

 

枝や葉を柱や玄関などに吊るす(又は敷地に結界線としてまく)ことで、悪意や悪霊は入ってこれないと言われます。

そのためアッシュをお守り代わりにして持ち歩くことは、ネガティブなエネルギーから守ってくれると信じられています。

樹皮を縫い付けて服や下着まで作ったほどです。

 

これらを総合すると、アッシュは魔術を強化するために使用されます。

心身の強化…ヒーリング、家の強化…繁栄、船旅や戦いのお守り…守護といった具合に。

それらの術を支えるのは、平和な心と学問を究めた知性のなせる技でしょう。

堅実な努力によって魔術を勉強した人にとってアッシュは素晴らしい力を貸してくれます。

 

アッシュに関するハーブ学的能力

 

アッシュの葉を枕の下に入れて眠ると予知夢を見ると言われています。

アッシュの葉を水の入ったボウルに浮かべて枕元に置いておくと病気にならないそうです。(ただし毎晩行います)

アッシュの葉を持ち歩くと、異性に好かれやすくなります。

 

蛇はアッシュを嫌います。小枝をお守りにして持ち歩きましょう。傷も治してくれます。

ユール(クリスマス)に小枝を燃やすとその家に繁栄がもたらされると言われます。

 

対照表・アッシュ

 

  • アッシュ…トネリコ。魔術の強化とヒーリング
  • 属性…火属性
  • 守護惑星…太陽
  • 陰陽…陽性
  • オガム…Nuin(ヌイン)内と外をつなぐ
  • 木の暦…第5の月(3月)
  • 階層…冥界
  • 出生…2月18日~3月17日(スターチャイルドより)

 

※ケルトの木の暦には諸説あります。

※アッシュは第5の月とする説と第3の月とする説があるようです。出生月日は第3の月のものを掲載しています。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。