ホーリー(ヒイラギ)ケルト樹木の意味・オガム・魔術的能力

戦いと挑戦の木であり、その棘で魔を祓う

戦いと挑戦の木であり、その棘で魔を祓う力が与えられた樹、ホーリー(ヒイラギ)…。
ここではケルト樹木のパワーを取り入れた魔術儀式を行ったり、オガムやルーンで読み解いたりする人のための「ホーリー」の意味をまとめていきます。

 

ホーリー(ヒイラギ)ケルト樹木の意味・ケルト暦・魔術的能力|黒猫魔術店

 

ホーリーの植物学的知識

 

  • ホーリー(Holly)は、モチノキ科の常緑小高木です。
  • 別名セイヨウヒイラギモチと言います。
  • ホーリーはモチノキ属の総称にも使われるので、ヨーロピアンホーリー・イングリッシュホーリーと言って区別しました。
  • 葉が互生で数か所鋭く尖ります。
  • 古い枝や上部の枝は棘が少なく葉縁が全縁になります。
  • 雌雄異株。
  • 白い花が咲く虫媒花です。
  • 果実は赤く6~10mmで秋に熟すが苦いです。
  • ヒイラギナンテン(メギ科)、ヒイラギモクセイ(モクセイ属)。これは日本の「ヒイラギ」であってホーリーではない。

 

山中でのホーリーの見分け方

 

  • 日本ではホーリーに似た木である南天の方が目立ち、探しづらいかもしれません。
  • よって日本では庭木として植えるのが一番わかりやすいかな。
  • そっくりさんは紫色の実をつけるのに対してホーリーは赤い実をつけます。

 

ホーリーに関する神話

 

古代ケルトでドルイドにより聖なる木と言われました。

古代ローマではサトゥルヌスの木とされ、サトゥルヌーリア祭で使われていました。

この祭りはユールタイド(冬至期間)に行われていた祭りで、後のキリスト教がクリスマスとして祝いました。

 

キリスト教ではイエスの足元から生まれた植物だと言われます。

赤い実はキリストの血、棘の葉は苦悩を表すと言われています。

花は母乳のように白くイエスの誕生と関連付けられています。

樹皮の苦みはキリストの受難を表します。

「キリストの棘」とも呼ばれます。

こういったことからアイビーと共に守護や魔除け、幸運の樹木としてクリスマス等に戸口に飾ります。

 

自然信仰の土地には西洋問わず植えられていることが多いです。(神社など)ただしモクセイ科の方だと思います。
若葉は棘が多いが、成長すると棘がとれ丸くなることから悟りを表すこともあります。

 

ホーリーに関する魔術的能力

 

  • 戦い
  • 挑戦
  • 守護

 

家や住人を魔から守り、動物はおとなしくなり、運気が訪れます。

 

煮出し汁でホーリー水を作り、弱きものに振りかけると、その者を守ると信じられています。

金曜日の深夜に棘のない葉を9枚摘み、枕元に置いて寝ると予知夢を見る事ができるそうです。

 

オガムでは【T】「戦い・挑戦」といった意味を持ちます。
若葉の棘も戦いと挑戦を繰り返して、丸くなるのかもしれませんね。
因みにハリーポッターの杖は柊の杖だそうです。

 

ホーリーに関するハーブ学的能力

 

ユールの頃にリースを作って戸口にかけると魔除けになると言われます。

またケーキや皿に添えて飾りにします。

 

対照表・ホーリー

 

  • ホーリー…ヒイラギ。戦い、挑戦
  • 属性…火属性
  • 守護惑星…火星
  • 陰陽…陽性
  • オガム…Tinne(チンニャ)戦い、挑戦
  • 木の暦…第8の月(6月)
  • 階層…冥界
  • 出生…7月8日~8月4日(スターチャイルドより)

 

※ケルトの木の暦には諸説あります。

 

育て方

 

 

ホーリー樹木の販売