惑星護符【太陽2】ソロモンの大いなる鍵の意味・魔術的能力

冷静な判断力を持ち客観視を助ける

冷静な判断力を持ち客観視を助ける意味を持つ「太陽2の惑星護符」…。

ここではソロモンの大いなる鍵に記される惑星護符の意味や、やってみた感想などをまとめていきます。

 

惑星護符【太陽2】ソロモンの大いなる鍵の意味・魔術的能力|黒猫魔術店

 

太陽2護符の能力・意味

 

精神を安定させ、客観的に自分を見つめます。

自己過信に陥るのを防ぎ、周囲の環境に流されず、正しく冷静な判断をしたい時に使用します。

太陽の悪徳性質である傲慢さや過信、希望と楽観的観測などを「抑える」護符です。

 

太陽2護符を深堀りする

 

護符に描かれている中央の図形は「太陽の神秘図形」です。

縁の四方には「SHEMESHIEL(シェメシエル)」「PAIMONIAH(パイモニア)」「REKHODIAH(レコディア)」「MALKHIEL(マルキエル)」と書かれています。

これらは天使の名です。

 

 

太陽2護符に記される聖書

 

ありません。

 

太陽2護符に似た護符

 

特にありません。

 

太陽2護符をやってみた

 

太陽2護符は、その太陽が過剰に働くのを抑えるという変わった護符です。

太陽1護符と合わせて、カリスマ性や人気を得て鼻高になっている高慢な心を抑制します。

いわゆる「あいつ調子乗りやがって」という輩を抑えたり、自分も思慮深く行動できるという護符。

 

私の場合も、太陽1護符とセットで(とは言え儀式日は1カ月ズレるが)使ってみたところ。

だいたい太陽1護符の1カ月後にこうした問題に直面するだなと改めて思ったものでした。

結果として、出る杭を打とうとする輩に対して、私は全く気にならなくなりました。

気にならなくなったので、そういう人たちは私の周りからは消えました。(私の知らないところでは言ってるのかもしれませんが、お好きにどうぞという感じ)

 

私がそう思ったのは、冷静な判断力によって客観視ができたからかもしれません。

誰かの言葉に左右されるのも嫌でしたし、その悩む時間があるならもっと自分を向上させていきたい(勉強したい)とも思いました。

結局そのように振舞い行動していたら、いつの間にか足を引っ張る人もいなくなりました。

あとに残ったのは、その時に努力したものでできた成果です。

 

能ある鷹は爪を隠すというけど、隠した方が良い時はありますよね。

それが賢いというもの。この護符はその見極め、傲り高ぶらない気持ちをコントロールします。

それに慣れたら使用しなくても癖が身に着くと思います。

 

太陽2護符の対照表

 

  • 守護惑星…太陽
  • 対応金属…金
  • カラー…ゴールド、黄色
  • 属性…火
  • 神…アポロン