惑星護符【月1】ソロモンの大いなる鍵の意味・魔術的能力

気づかなかった可能性の扉を開く

気づかなかった可能性の扉を開く「月1の惑星護符」…。

ここではソロモンの大いなる鍵に記される惑星護符の意味や、やってみた感想などをまとめていきます。

 

惑星護符【月1】ソロモンの大いなる鍵の意味・魔術的能力

月1護符の能力・意味

 

原書では、「月の霊を召喚する助けとなり、どのような頑丈な扉も開ける」とあります。

すなわち、今まで気づかなかった可能性の扉を開くこと。

直感力(勘)や洞察力を与えるという意味です。

 

月1護符を深堀りする

 

護符の中央(扉の中)にはYHVH。

左側下段から、ShYQAL(スキオエル)、VAAL(ヴァオル)、YAShYAL(ヤシエル)、VChYAL(ヴェヒエル)の天使の名。

右側下段から、YHV、YHVH、AL、YHHの神の名。

その他、扉の中にはヘブライ語で詩篇107篇より、「主は青銅の扉を壊し、鉄の貫の木を断ち切られた」とあります。

 

月1護符に記される聖書

 

製作中です

 

月1護符に似た護符

 

  • 太陽7護符…八方塞がりの状況からの脱却。
  • 水星2護符…意外なハプニングを呼んだり、状況を逆転させたい時に。

 

似ている護符があるので、状況に合わせて最適を選んでください。

月の魔術では「深層心理下にあって自分では気づかないことを表面に持ち上げる」作用が大きいです。

 

月1護符をやってみた

 

この護符だけ円形ではなく扉の形をしているからか、有名な護符です。

惑星のエネルギーを視覚化する時に、この扉が私の目の前に等身大で現れ、神(光)の力で自然に扉が開く、というイメージをしました。

心(深層心理下)に鍵穴があって、そこに鍵を差し込み回すと「カチャリ」といって扉が開き、光が溢れる…そんなイメージでもやりました。

 

何度かやってみたところ「扉」というイメージがやりやすかったです。

その後の生活でも、ふとしたことを思って新しいことにチャレンジしてみようかな…とか。普段は寄らないところに立ち寄ってみようかな…とか。

そんな開拓精神に富んだと思います。

 

後から振り返ると「これが新しい扉だったのか?」と気付きにくいのがデメリットではあるかな。

しかし例えば人生における障害が壁だったとして、それをぶち破っていくなら火星だし、飛び越えていくなら水星だし、鍵穴作って開いていくのが月かなと思います。

イメージしやすいものでやるのが良いかと。

 

因みに、悪魔召喚でロノウェを召喚することが多い私。

ロノウェは月の守護でもあるので、月1護符と併用してやったこともありました。でもきちんと視覚化・集中できれば単体で良いと思います。

召喚魔術をふたつもやるのは疲れますし、どっちの効果なのかわからなくなりますから…

 

月1護符の対照表

 

  • 守護惑星…月
  • 対応金属…銀
  • カラー…シルバー、グレー、乳白色
  • 属性…水
  • 神…ダイアナ、アルテミス