惑星護符【火星6】ソロモンの大いなる鍵の意味・魔術的能力

攻撃されても怪我なく相手の武器を折る

攻撃されても怪我はなく、相手の武器を折る力をもつ「火星6の惑星護符」…。

ここではソロモンの大いなる鍵に記される惑星護符の意味や、やってみた感想などをまとめていきます。

 

惑星護符【火星6】ソロモンの大いなる鍵の意味・魔術的能力|黒猫魔術店

 

火星6護符の能力・意味

 

原書では、「これを身に着ければ、攻撃されたり、戦っても怪我をすることはない。敵の武器は使った者へ返る。」とあります。

現代の一般的な解釈は、「治安の悪い場所へ行く時や、相手に攻撃された時に身に着ける護符」とされています。

 

火星6護符を深堀りする

 

八方には、MALACHIM(マラキム)の天使文字(秘密文字)で「エロヒムは護られん」とあります。

周囲にはヘブライ語で詩篇37篇「その剣はかえって己が胸を貫き、弓は折れるだろう」とあります。

 

火星6護符に記される聖書

 

 

火星6護符に似た護符

 

  • 土星6護符…相手の精神錯乱・判断力を失わせ、墓穴を掘らせる

 

土星6護符は、火星特有の「自分の正当性」がない願いも有効なので、どんな状況でも使用することができる強力な護符になります。

ただその分リスクが大きいので、あまり使いたくない護符です。

日頃から火星6護符を使って自己防衛していた方がよいかと…

 

火星6護符をやってみた

 

個人的に大好きな護符です。

自分は何もしてない(悪くない)のに、人災や厄災が降りかかってくることありますよね。

客観的に見ても悪くないのに、ですよ。

もし自分が悪いんだったら、反省したり直したりするんですが、そうではなく理不尽な時ってあるじゃないですか。

 

そんな理不尽なケースでのみ、攻撃した相手にそれをはね返し、かつ武器を折ることができるんです。

私、そういうの大好きです。

つまり「悪いことをすれば必ず悪いことが返ってきて、反省するように促す」という、自然の摂理…。

この摂理がふだん中々感じられないのは、はね返るまでにタイムラグがあったり、間接的に返ったり、本人が気付かない(鈍感)からなのですが、この護符は「弓をポキッと折ります」!

 

しかも自分が悪い時や、喧嘩両成敗の時は発動しないという火星の性質があるので、こちらが理不尽に相手を攻撃することもないのです。

なんとすばらしい!

 

詩篇のことばも好きです。

剣を持った者はかえって自分の胸を貫く…深いです。

そして弓を折る…この弓はカバラでは意思のもとに歩む道のことを意味するので、つまり心も折れてしまうんですね。

 

やっぱり攻撃をしてもいいことはないんですよ。

やるなら守りを固めましょう。

 

火星6護符の対照表

 

  • 守護惑星…火星
  • 対応金属…鉄
  • カラー…赤色
  • 属性…火
  • 神…マルス

 

関連商品

 

 

サイズや使い方などの詳細はこちらのページでご確認ください。