惑星護符【木星4】ソロモンの大いなる鍵の意味・魔術的能力

莫大な財運と名誉に恵まれる

莫大な財運と名誉に恵まれる力をもつ「木星4の惑星護符」…。

ここではソロモンの大いなる鍵に記される惑星護符の意味や、やってみた感想などをまとめていきます。

 

惑星護符【木星4】ソロモンの大いなる鍵の意味・魔術的能力|黒猫魔術店

 

木星4護符の能力・意味

 

原書では、「富と名誉、豊かさを獲得する助けになる。天使バリエルは、木星のプラネタリーアワーに、木星が蟹座のサインにある時に、銀板に彫る。」とあります。

現代の一般的な解釈は、「素晴らしい財運と名誉に恵まれる護符」とされています。

 

原書の「木星のプラネタリーアワーに、木星が蟹座のサインにある時」は、現代でも厳守されます。

木星が蟹座のサインにある時は、12年に一度(約1年くらい)ということになります。

現代では紙に描いた護符も使われますが、銀板に彫ることも可能でしょう。

 

木星4護符を深堀りする

 

六芒星の下には天使名IH(イア)。

左右にはBARYAL(バリエル)、四角形の下にはADNYAL(アドニエル)が書かれています。

周囲にはヘブライ語で詩篇112章より「繁栄と富はそこにあり、その義は永遠に失せることはない」と書かれています。

 

木星4護符に記される聖書

 

 

木星4護符に似た護符

 

  • 木星2護符…栄光、名誉、賞賛を得る

 

木星4護符は実質12年に一度の機会で儀式ができるので、それ以外の場合は木星2護符を使った方がいいですね。

私はどちらもやったことがありますが、木星2護符でも十分に効果は望めるでしょう。

 

木星4護符をやってみた

 

12年に一度の機会がやってくる、木星の蟹座サイン。

私は毎度、この時に木星4護符の儀式を行っています。

12年に一度のことですから…自分で銀板に護符を彫って製作しました。

 

これがめちゃくちゃいい!

莫大な富と書かれていますが、確かにそれ以降は富に溢れています。

そりゃあ12年も経てば上り調子になるのかもしれませんが。

とにかく私は木星4護符の恩恵を受けていると思っています。

 

抽斗の奥深くに12年しまってある木星4護符。

また12年経ったら儀式をやろうと思います。

皆さんもぜひ木星4護符はやった方がいいですよ!

 

木星4護符の対照表

 

  • 守護惑星…木星
  • 対応金属…錫
  • カラー…青色
  • 属性…風
  • 神…ジュピター、ユピテル、ゼウスなど

 

関連商品

 

 

サイズや使い方などの詳細はこちらのページでご確認ください。