惑星護符【土星7】ソロモンの大いなる鍵の意味・魔術的能力

人間関係を根底から覆す

動かしがたい状況を柔軟にし、人間関係を根底から覆す力をもつ「土星7の惑星護符」…。

ここではソロモンの大いなる鍵に記される惑星護符の意味や、やってみた感想などをまとめていきます。

 

惑星護符【土星7】ソロモンの大いなる鍵の意味・魔術的能力|黒猫魔術店

 

土星7護符の能力・意味

 

原書では、「地震を起こす。天使の力を召喚すれば、世界は震える。」とあります。

現代の一般的な解釈では、「動かしがたい状況を柔軟にし動かす。人間関係を根底から覆す。」とされています。

 

一見良い意味に見えますが、土星は神の領域である生と死をも司ります。

「根底から覆す」中には、終わらせたくない人間関係も含まれ、何がリセットされるのか未知数です。

また、必ずしも人間界(物質界)での幸福があちらの世界(霊の世界・精神世界)での幸福と同じだと思わないでください。

神の領域の力とはすべてを含み、いち人間には想像もできないし常識も通用しません。

どんなことになっても自己責任です。

 

土星7護符を深堀りする

 

中央にはヘブライ文字と渡河文字で、天使の9つの階級の名。

カイオト・ハ・クァデシュ(ChYVT HQDSh・聖なる生き物)、アウファニム(AUFNYM・輪)、アラリム(ARALYM・王座)、カシュマリム(KKhUBYM・輝けるもの)、セラフィム(燃えるもの)、マラキム(王)、エロヒム(ALHYM・神)、ベニ・エロヒム(BNY ALRHYM・神の息子)、ケルビム(四大の翼の生えた獣)。

周囲にはヘブライ語で詩篇18篇より「地は揺れ、山々は震え動く。神がお怒りなのだ。」と書かれています。

 

土星7護符に記される聖書

 

 

土星7護符に似た護符

 

  • 月6護符…大雨を降らせ、状況を混乱させる

 

土星7護符は地震を、月6護符は水難を。

土星の地属性は現実的な物事に作用し、月の水属性は目に見えないものに影響を与えます。

 

土星7護符をやってみた

 

使ったことはないです。地震という大災害そのままをイメージしても怖いですし、周囲の人間関係が覆されるというのも、何が起こるかわからないので怖い…。

こう、もっと小さい影響で、箪笥の角に小指をぶつけてくれる程度でいいんだけどな…と思ってしまうのです(平和)。

しかし中には怒りによって土星7護符を使いたいと思う人がいるかもしれません。

再度言いますが、自己責任です。どうなってもいいという人だけ使うのはいいけど、少しでも守りたいものがあるならば…その思いを建設的な方向で、別の視点で願いを再設定しましょう。

 

土星7護符の対照表

 

  • 守護惑星…土星
  • 対応金属…鉛
  • カラー…黒色
  • 属性…土
  • 神…サトゥルヌス、ハデスなど