マロウ(ウスベニアオイ)の魔術的意味、能力、おまじない

恋人を惹きつけ悪魔を祓う

こちらではマロウ(ウスベニアオイ)の伝承や言い伝え、おまじないなどをご紹介します。

このような知識を持った者を「ハーブ魔女」と呼び、いつの時代も恐れられてきましたが それは何でも知っていて命さえも操れるような、まるで魔法のようだったのでしょう。

イギリスでは論文でハーブの効果が証明され、ハーバリストもいます。

勿論、ここでは「古くからの言い伝え」をご紹介するのであって、医学的効果では御座いません。 もし実践なさる場合は自己責任でお願いします。

 

マロウ(ウスベニアオイ)の魔術的意味、能力、おまじない|黒猫魔術店

 

ハーバルアストロジー

 

  • 水属性
  • 陰性

 

魔術的能力

 

  • 愛情(特に復縁に近い)
  • 守護や悪魔祓いに使用されてきました

 

おまじない

 

  • 恋人にフラれた時、マロウの花を摘んで玄関や窓の外に置いた花瓶にいけておくと、恋人はあなたのことを思い出します
  • 恋人を惹きつけるためにマロウを持ち歩きます

 

料理

 

  • ブルーマロウは青色のハーブティーですが、レモン汁を加えると紫色になります
  • カルペパーによると、マロウは喉などの粘膜を保護するとのことです
  • マロウの葉と茎をショートニングに漬けておき、一晩経ったら取り出して裏ごしすると守護軟膏になります
  • これを皮膚にすり込むと悪魔を追い払ったり、呪術や魔術から身を守ることができます