マーシュマロウ(薄紅タチアオイ)の魔術的意味、能力、おまじない

守護と愛と死の媚薬

こちらではマーシュマロウ(ウスベニタチアオイ)の伝承や言い伝え、おまじないなどをご紹介します。

このような知識を持った者を「ハーブ魔女」と呼び、いつの時代も恐れられてきましたが それは何でも知っていて命さえも操れるような、まるで魔法のようだったのでしょう。

イギリスでは論文でハーブの効果が証明され、ハーバリストもいます。

勿論、ここでは「古くからの言い伝え」をご紹介するのであって、医学的効果では御座いません。 もし実践なさる場合は自己責任でお願いします。

 

ハーバルアストロジー

 

  • 水属性
  • 金星
  • 陰性

 

魔術的能力

 

  • 守護や魔術のために用いられてきました
  • 自分の超自然的な能力を刺激するためのハーブ
  • 媚薬のためのハーブとして知られます
  • 愛と死のハーブ

 

おまじない

 

  • 葉、根のサシェを持ち歩く、またはお香にして焚くと守護(お守り)になります
  • 祭壇に飾ると霊を呼び出すと言われています
  • 古代ギリシャでは、アルテアの女神とディオニュソスの神話に基づき、愛する人の墓にマーシュマロウを植えました
  • 男性の性不能を助けるために媚薬として使われてきました(潤滑剤としても使用されました)
  • 他のハーブとブレンドして潤滑油を作るための凝固剤として使われました

 

料理

 

  • 昔は、マシュマロの材料として、マーシュマロウの根のデンプンが使用されました
  • カルペパーによるとマーシュマロウは痛みや炎症を抑えるための軟膏やハーブティーとして使用したそうです
  • マーシュマロウを長く煮るととろみが出てきます