孔雀石(マラカイト)の意味、歴史、能力【悪意除け】

悪意を跳ね返す

願掛けで清浄に保つ防御の鉱物、孔雀石(マラカイト)…。
ここでは魔術的な鉱物のパワーを取り入れた魔術儀式を行ったり、ワンドやモジョバッグなどウィッチクラフトをする人のための「マラカイト」の意味をまとめていきます。

※パワーストーンの意味とは違いあくまでも「魔術的能力」を特記します。

 

孔雀石(マラカイト)の意味、歴史、能力【悪意除け】|黒猫魔術店

 

鉱物学

 

炭酸塩鉱物で、銅の二次鉱物。

十円玉(銅)の緑色の錆びの主成分と同じ。

銅を含む鉱床(一次鉱床)が、大気中の二酸化炭素や地下水によって風化→銅の化合物が形成されます。

 

モース硬度4

組成式はCu2CO3(OH)2 炭酸水酸化銅

ロシアのウラル山地が有名。(柱に加工されるほどのマラカイトがある)

日本では秋田県が有名。(秋田では黄鉄鉱、藍銅鉱も有名)
 

歴史

 

B.C.2000年、エジプトでは装飾品、宝石、顔料として使用されました。

クレオパトラがアイシャドウにしたと言われますが、銅は肌がかぶれるため、本当かどうか研究がされているようです。

 

魔術的能力

 

 

マラカイトは「悪意や敵意を跳ね返す」石。

そのでこぼことした奇妙なフォルム、邪眼のような縞模様から、古くからお守りとして魔術的に使用されてきました。

防御や魔除けとして、不安な人には持っていただきたい石です。

 

マラカイトの販売

 

 

号数やマジカルオイルの意味はこちらからご確認ください。