翡翠輝石(ジェイダイト)の意味、歴史、能力【笑福】

喜びや感謝に気付く

笑いを招き、喜びや感謝を気付かせ、霊的なサポートを得る乙女座の守護石、翡翠輝石(ジェイダイト)…。
ここでは魔術的な鉱物のパワーを取り入れた魔術儀式を行ったり、ワンドやモジョバッグなどウィッチクラフトをする人のための「ジェイダイト」の意味をまとめていきます。

※パワーストーンの意味とは違いあくまでも「魔術的能力」を特記します。

 

翡翠輝石(ジェイダイト)の意味、歴史、能力【笑福】|黒猫魔術店

 

ジェダイトの鉱物学

 

ケイ酸塩鉱物のイノケイ酸塩鉱物(単鎖状)で、輝石グループの一種。

色は白~黄緑色で、翡翠と呼ばれ、そのうちの「硬玉」。これを本翡翠と言います。

単斜貴石で、ナトリウムとアルミニウムを含みます。

 

モース硬度7

組成式はNaAlSi2O6

結晶系は単斜晶系

へき開は二方向に完全(90度)

ミャンマー、ロシア、メキシコ等で産出します。

特にミャンマーのビルマ産のものを「ビルマ翡翠」といい、美しく、高値で取引されます。

 

翡翠と称されるものには、ジェダイト(硬玉)の他にもネフライト(軟玉)があります。

ネフライトは角閃石グループ(このグループの石は種類が沢山あるので解説は省略)の中の透閃~緑閃石の分類で、化学式は Ca2(Mg,Fe)5Si8O22(OH)2 (Mg/(Mg+Fe)=0.5-0.9)(緑閃石)。

濃い緑色をしていますが、鉄を含まなければ透明になります。

結晶は輝石に似るのですが、ネフライトの方が硬度6と若干柔らかく、へき開も120度です。

 

中国では昔はネフライトの方を翡翠と呼んでいましたが、まったく別のものですのでご注意ください。

見た目では、色の違いと価格の違いでしょうか。ジェダイトは高価で、ネフライトは安価です。

ちなみに英語のジェード(Jade)は、ジェダイトとネフライトの総称なのでご注意ください。

 

ジェイダイトの歴史

 

日本・中国・マヤ・アステカでは古くから産出され、装飾品などに加工されました。

日本では、石器時代から石斧として使用されました。

縄文時代中期にはペンダント、弥生時代には勾玉などが作られ、ジェダイトは権力や呪力の象徴とされました。(権力を持つ者は同時に霊的な力があるという概念だった。その逆も然り)

新潟県糸魚川付近に鉱床がありますが、今では天然記念物となっているので採掘は禁止されています。

 

ジェイダイトの魔術的能力

 

 

ジェダイトは笑いを招きます。

日常の中の小さな喜びを見つけたり、感謝することを教えてくれます。

それによって、目に見えない霊的なものからのサポートが得られます。

乙女座の守護石になっているのは、冷静な効率厨(誉め言葉)に笑いと、目に見えないサポートを得るようにとのことではないでしょうか。⇒詳しくはこちら

 

ただし直接的に霊的なサイキック能力UPということではありません。それらの石のサポートとして組み込むことが多いです。

ジェダイト自体はあくまでも、笑って過ごし喜びや感謝の気付きを与えてくれるのです(しかしそれは一番だいじなこと!)。

 

ジェイダイトを使った商品

 

 

サイズなどはこちらからご確認ください。

西洋占星術の結果によっては、ジェダイトが含まれない場合もございます。