ハーブお香の道具と所作の検証結果

ハーブ香効果的にご使用頂くため

今宵は、ハーブお香について、本当に良いのか?

どのように使ったら効果的なのか? という検証結果です。

かねてより黒猫魔術店では魔術研究のためデータ集め・テスター協力頂き検証しております。

 

ハーブお香に関する魔術的能力、使い方、意味|黒猫魔術店

 

黒猫魔術店が調合する満月・新月・闇月ハーブ香

データ検証の結果、やり方(焚き方)の違いによって効果の出方が若干ずつ違うようです。

 

 

炭が燃え尽きるまでつぎ足し行うとより良いことがわかりました。
儀式の場合でもカップ1個分はすぐになくなってしまいますので、 販売している9gカップがどんなに少なくても2~3回分とお考え下さい。

 

使用期限はありませんが、少量ずつ数回使うよりも、 ここぞという大事な儀式に一回で使う方が良いようです。

 

 

日本製仏具用品である「香炭」(お焼香の時の炭です)を代用できれば もっと安価で使いやすいのではと考え実験しました。
しかし火が付きにくく、煙の出が悪く、西洋式の魔術では物足りなさが残ります。
できないわけではありませんんで、身近に安価に済ませたい場合は これを使用しても問題ありませんが…。

 

手で焚くか否か

 

手の方がマジカルオイルの香りも残り、儀式としては正式なやり方です。
香ってくれた方が、トランスにも入りやすいです。
しかしパウダー等で手が汚れるので、気になる方はスプーンか、 お手拭きなどを準備されるとよいでしょう。

 

お店ではスプーンを使用します。浄化聖別でお客様の魔術具を汚さないためです。
汚れても術には問題ないですし(オイル塗っている時点で汚れますし)、 気にならない方は手でやった方が良いです。

 

簡易式香炉(ココット皿)の代わり

 

耐熱であれば基本的にどのような皿を使っても問題ありません。
グラタン皿のように、オーブンに入れても問題ないようなものです。
お店で使っているような、ブラス製の香炉も販売しています。
本格志向の人はぜひどうぞ。

 

その他、仏具店で販売されている仏教用の高炉でも良いです。
お仏壇のものを拝借する時はきちんとおことわりを言いましょう。
炭で黒くなった灰を捨てて返しましょう。

 

※データ集まったらまた追記します。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。