男を管理できない女、女に管理されない男

金の管理だけが女の仕事じゃない

今宵は男女の管理能力のお話。私が言いたいのは特に食生活の方面です。

タイトルはエグい表記ですが、これはその通りだと思います。
管理できない男女は最低だと思うし、管理してくれない人を選ぶのは見る目ないと思います。

 

ハーブ魔女のハーブティーやレシピ、恋愛運上昇のやり方|黒猫魔術店

 

「運が悪い」はほぼ食生活の乱れから

 

こういう話題になった経緯を少しお話しますと、ハーブ魔女の私のところへ現在、食生活の見直しでご相談きています。
例えば太っているからとか、疲れやすいからとか、病気だからとか、様々な見直したい理由がそれぞれあって、ハーブを取り入れたいということだったんです。

 

そういう方にはまずチェックシートを記入して貰うんです。
生まれ持った占星術とハーブ学の観点から、体質が熱冷乾湿のどれになりやすいか等を把握するためです。
このチェックシートはかなり細かいですよ。
スパルタな私が自分の病を治すために何十年と研究して自作したものなので!

 

それによるとですね、体に後天的な問題を抱えてる方の原因はほぼ食生活なんです。
食生活でしかあり得ないですよ!
だって体の中に取り入れたもので私達の体が再構築されるわけですから!

 

食生活に問題がある…ってとても大きな問題ですよ。
生活習慣は病に繋がりますからね。

 

ハーバルアストロロジーの事例

 

Aさんの場合、自宅で冷湿の食事が多い。
(冷たい飲み物やお菓子、砂糖、果物、生野菜、冷えた食事)
トイレ回数も1日4回と少なく、尿は薄く、便秘気味、肥満体型。
健康のために野菜ジュースや果物を摂取し、お昼はコンビニ。チョコレート好き。

 

結果、体も冷湿になって、冷え性やアレルギー、むくみ(水毒)、精神的に情緒不安定になります。
因みにこの場合の太る原因は水毒なので、飲む水を白湯に変えただけで痩せますが、そもそも食生活を冷湿から熱湿に変えれば万事解決なんですよ。

 

↑とこのようにひとりずつ原因追求をしていくわけです。
事例としてもうひとつご紹介。

 

Bさんの場合、外食が多い、自宅でもできあいの惣菜が出される。
三食の他におやつも大好き。食べ物は肉と炭水化物に偏り、トイレ回数は7回と平均だが、色は薄い。
顔色は黒く乾燥し、肥満体型。ラーメン好き。

 

この場合は熱乾の黒胆汁過多です。
黒胆汁とはハーブ学で使う体液の種類のことで、これがうまく消化されずに未熟なままだと毒の原因になり病気になります。
この場合は明らかに量を食べ過ぎて、未消化に繋がり毒素を排出できない、またはろ過できていないので、量を減らして消化のよいものを食べれば見違えるほど健康になれます。

 

本能的に食事をとっているだけ

そしていつもご本人様に聞くのですが、なぜそんな食事を続けるんですか?と。
危機感はないんですか?と。

 

聞くとですね、
「家族が作ってくれたものだから」
「家族が作ってくれないから」

 

おい!!馬鹿なの?
当たり前に出てきたものを胃に流し込むんじゃあ家畜と同じじゃないか。
今やっとコンビニでも低糖・低脂肪をコンセプトにした筋肉マンのための食事も売られてますが。
そのような減量商品がなかった頃は、自分でつくらにゃあかんかった…

いや、今でも料理して自分の健康管理をするはずだが、お手軽に炭水化物とカロリーがとれる食事メニューが多すぎるのかもしれない。
そしていちいちメニューにこだわって考えられないのかもしれない。

 

女は台所に立って…というのが当たり前だった時代では、「台所の魔術」があり、母親(女性)が家族の健康を支えていた。
体調や季節に合わせて食事のメニューを考え、健康に、幸福に、充実した日々を過ごすために。
それがいつしか失われようとしている。

 

そうした古い歴史の中で培われた本能も男女では差があるかもしれない。
が、今のジェンダーレスな時代にあわせて、男女ともに台所の魔術を行い、パートナーの健康を考えるべきではないのか。
誰でもいい、得意な人が、食生活を管理すればいいのではないか。

 

互いの食生活を管理しよう

 

それなのに、管理できない男女もいれば、逆に管理されたくない男女もいることだろう。
それはすごく勿体ない。
魔女的に言えば、少しの体調の変化も見逃さずプラスになるような調合(料理)するべきだし、願望成就も毎日の食事を調合すればいい。

 

旦那が高血圧?糖尿?それは食事管理者の責任。
互いの財布管理よりも食事管理してください。体が一番の資本です。

 

そして対処療法ではなく、自然療法や栄養学、ハーブ学について学ぶべき! 自分の家庭と大切な人を守って管理できるのは食事管理者だけです!

 

そして食事管理者じゃない者よ、せめてきちんと管理してくれるパートナーを選ぶべき。
一緒になったら病気しましたって、それは人を見る目ない自分の責任ですよ。

 

今回はわかりやすい相反する事例を挙げましたが、この他にも原因は人それぞれあるので興味ある方は私の命術(西洋占星術)詳しくはこちら←を受けて下さいね。
追求に時間をかけて取り組んだり、対応解決するハーブまで出すのでちょっと高いですけど…、すごくおすすめです。