パワーストーンの傷は魔術ブレスレットの石交換か?

ちょっとの傷は勲章よ!

今宵は魔術ブレスレットのお話。
パワーストーンでも天然石でもブレスレットでも、ほんの少しでも傷が付いてしまったら慌てる人がいます。
パワーストーン的観点はよくわかりませんが、魔術的観点だと、傷が付いても石は石。
まだまだ全然使える、または使えない状態になるその違いについて解説!

 

パワーストーンの傷は魔術ブレスレットの石交換か?|黒猫魔術店

 

傷が付きやすい石と付きにくい石

 

画像は私の引き寄せの魔術ブレスレットですが、もう傷だらけのボロボロですがまだ使っています(笑)。

水色や緑色の石はかなり傷が付いて、球体だったのがデコボコしています。
でも黒い石はそんなに傷が付いていません。

 

このように石の成分や密度によって傷付きやすい石と傷付きにくい石があります。
まるで人間のよう…。

 

どうしても傷付いてしまうのは仕方ない

 

特にブレスレットの形状だと色んな所にぶつけたり落としたりしてしまうので、傷付いてしまうのは仕方ないです。
ネックレスならさほど傷付かないし、高級な宝石のリングはパーティーでしか付けないのに対し、魔術ブレスレットは、腕は頻繁に使う部位だわ日常的につけなきゃいけないわ、こりゃもう仕方ないですよ。
むしろ高級な宝石や天然石はブレスレットで持たない方がおすすめするくらいです。

 

柔らかい石を持ちたい時は

 

琥珀ちゃんという、爪ほどに柔らかい石(正確にいえば石ではなく木の樹液が固まった樹脂)があります。
とってもいい色味で可愛らしいのですが柔らかい上に値段も高い。
そんなんをブレスレットにした日にゃびっくりする程頻繁に琥珀はぱっくり割れますよ!

 

そんな時は、ブレスレット以外の方法で持ち歩いた方がいいよね。
ピアスとか、ネックレスがおすすめです。

 

硬い石でもブレスレット向きじゃない理由

 

石にはモース硬度と言って硬さを表す指数があるのですが、実際はあまり当てになりません。
モース硬度はある一点に力を与えた場合の傷付き方であって、実際の日常生活で石が傷付く時とは違うからです。

 

例えばブレスレットを落としたりぶつけたりした時は力は平面的に作用しますし、こすれたりした時は摩擦ですり減ったりします。

黒猫魔術店では魔術ブレスレットのメンテナンスを行っていますが、持ち込まれた修理のブレスレットを見ても、モース硬度は低くないのにぱかっと割れたり欠けたりしたものが多いです。

 

割れ方も石それぞれ

 

石にはそれぞれ結晶構造とへき開の違いがあります。
どのように石が結晶化されていくか、衝撃を与えた時どのように割れるかを表しています。
結晶構造には、ある繋がりは強固だけどある繋がりは弱い、という具合に特徴があるんですよ。
フローライトやカイヤナイトが平面的に割れるのはこのためです。

 

また化学式が長ければ長いほど、その物質は複雑化するので結び付きが脆いことになります。
脆いということは風化や水に弱いということであり、ブレスレットで付けていると知らぬ間にデコボコしたりカサカサしたりします。
ラピスラズリ、アズライト、マラカイト三兄弟の特徴です。

 

傷が付いたら魔術に支障あるのか?

 

はい、まったく支障ありません!
だから少し傷がついたくらいでは慌てなくて大丈夫です!
ぱっくり割れて危険な場合以外はそのままで良いのですよ。

 

誰ですか、傷がついたらパワーがなくなるって風潮にしたのは…。(市場かな?)
繰り返しになりますが、そもそもブレスレット用などに加工したビーズのパワーストーンにはパワーはありません。
パワーがあるのは山の中にある岩とか石とか、市場にあってもあまり加工されていない原石とかジオードとかクラスターだと思いますよ。

 

アクセサリーとして身に付けていて傷が付いて、外観が綺麗じゃないから交換とかならわかります。アクセサリーですからね。
でも、傷が付いたせいでパワーがなくなるっていうのはあまりにも石に可哀想です。

 

傷は勲章だと思って

 

私の魔術ブレスレットは毎日着用しています。
もう10年くらい経った代物です。
めちゃくちゃ傷だらけです。
ベリルに深い溝ができるくらい、色々ぶつけたり、落としたりしています。

 

でもそうやって長年使用するというのが、魔術的に使用する魔術具の醍醐味というものです。
なぜなら、長年使用したものには愛着という魂が宿るからです。
また持ち主の歴史をずっと見守り続けてくれます。

 

特にタイガーアイなんか健気な子ですよ…いつも主人のことを応援してくれるんだから。
あの子、市場では金持ちの石とか訳わからないレッテルを貼られてるっていうのにそれでも健気に持ち主に呼応してくれる所とか可愛すぎる…

 

魔術の根本原理を簡単に言うと、自分が自然界を受け入れた時、自然界も味方をしてくれる。ということだと思います。
石もひとつの生命、どのように加工されたとしても使い手によってまた蘇り、その力を発揮することができますよ。
全ては人間の心次第、術者の意思次第なのですね~。

 

 

コメント

  • 天然石ブレスレットを作っているものです。
    傷がついたら交換とかなんでそんな流れになったんですかねぇ。
    その石が不要となったら自ずと離れて行きます。
    ワイヤーが切れたりして散らばった時に見つからないとかですね。
    その石が満足するまで寄り添ってともに歩いて欲しいですね

  • コメントありがとうございます。
    本当にそうですね。
    石本来の個性や、すばらしさなど、感じ取って大事にしてほしいですよね。

  • はじめまして。
    記事とは関係のない質問で恐縮なのですが、
    ブレスレットを外さなければならない仕事の場合、仕事中はポケットに入れておくなどでは意味がなくなってしまうのでしょうか?

  • はじめまして、コメントありがとうございます。
    ブレスレットは身に着けるのが一番ですがお仕事でできない人もいらっしゃいます。
    そんな人には左右それぞれのポケットに入れて頂いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。