オスタラのサバトのやり方・意味・祈祷文・祭壇の作り方

※黒猫式のやり方です

今宵はオスタラサバトのやり方について。

3月20日頃の春分の日をオスタラといいます。

植物が芽吹き命が育まれるこの季節に感謝を捧げる魔女の祝祭の儀式です。

 

魔女のサバト、オスタラ(春分)の魔術|黒猫魔術店

 

オスタラでの女神と男神

 

世界の全てを統べる女神は、オスタラでは貴婦人(処女)の相になり、若い君主(陽神の男神)と出会います。
ここで情熱的な恋が芽生え、大地のすべての動植物の種は芽吹き、徐々に昼の時間が長くなっていきます。

 

私たちは寒い冬を乗り越えて、こうしてまた暖かい春が来ることを喜び、太陽の復活によって新たな再生が巡ることに感謝を捧げます。
春に植えられた種が芽吹き、夏に成長し、秋に収穫できるように願いを込めます。

 

オスタラの祭壇の飾り方

 

魔女のサバト、オスタラ(春分)の魔術|黒猫魔術店

 

  • 春の花や卵をメインに飾ります
  • パステルカラーのキャンドル(特にすみれ色、ピンク色、黄色など)
  • 土の入ったボウルを用意します
  • 羊皮紙と鳩の血のインクを用意します
  • オスタラのお香(ジャスミンやパチュリ)を調合します
  • オスタラの供物を捧げます
    (ホットクロスバン(パン)、デビルエッグ、ハム、蜂蜜入りワインを食べます
    他にもケシの実のケーキやバナナナッツブレッド、豆やパイナップルを食べたりします)

 

みんなができる簡単なオスタラ

 

  • 花やつぼみを身に付ける
  • 花やドライハーブを浮かべて入浴する
  • 花や鉢植えを祭壇や玄関に飾る
  • 緑が多い場所を散歩する
  • 種を植える
  • 種や花、キャベツ、卵を調理したものを食べる

 

実際の儀式の流れ

 

こちらはサバトセットに付属する説明書から一部を抜粋して記載しております。

詳細のやり方は説明書をご覧ください。

また、呪文(チャント)を自分の言葉に直して儀式を行うことは良いとされます。

 

儀式の準備

 

事前に祭壇を用意します。サバトのテーマカラーを使い、季節の飾りやハーブと供物、四大属性を配置します。

 

 

当日、儀式を始める前に、羊皮紙(和紙)には願いや感謝を書き込み、浄化聖別して大釜へ奉納します。

(サバト儀式中に使用する羊皮紙(和紙)もありますのでご注意ください)

 

黒猫魔術店のサバトセットには季節のドライハーブが付属しますが、これも大釜へ奉納します。

(サバト儀式中に使用するハーブもありますのでご注意ください)

 

サバトで使用するキャンドル等の道具を浄化聖別します。

 

マジカルオイルをオイルバナーで焚いたり、お香で空間浄化をします。

 

※これらは必須ではありませんが、可能な限りやった方が気分を盛り上げトランスに入りやすくなります。

 

↓準備が終わったら本番です。

 

魔法円の召喚

 

1.東向きに祭壇を設置します。

 

2.瞑想とグラウディングをします。

 

 

 

3.お香とキャンドルに火をつけます。

 

4.ベルを3回鳴らします。

 

5.魔法円を構築します。

 

6.詩編を唱えます。

 

 

7.ベルを3回鳴らします。

 

オスタラの儀式

 

1.ベルを3回鳴らします。

 

2.円周を時計回りに歩きながら花やフラワースプレーを撒きます。

 

3.ベルを3回鳴らします。

 

4.土の入ったボウルをペンタクルの上に置きます。

 

5.具体化したいアイディアをイメージしながら種を見つめます。

 

6.ベルを1回鳴らします。

 

7.イメージしたアイディアを羊皮紙に書き留めます。

 

8.羊皮紙を中央のキャンドルで燃やし、灰を土の上に捨てます。

 

9.アサメイで灰を土に混ぜ込みます。

 

10.ワンドを掲げ、エネルギーを高めながら時計回りに3周します。

 

11.祭壇に戻りワンドを頭上に掲げます。

 

12.ワンドの先端を自分に向けエネルギーがワンドに入り込むイメージを思い浮かべます。

 

13.土の中央にワンドでくぼみを作ります。この時エネルギーがワンドから注ぎ込まれるイメージを思い浮かべます。

 

14.種をくぼみに入れ、土をかぶせます。

 

15.ベルを3回鳴らします。

 

ケーキとワインの儀

 

1.ベルを3回鳴らします。

 

2.ワンドで食べ物に触れます。

 

3.ゆっくり味わいながら供物を食べます。

 

魔法円の退去

 

1.魔法円の退去をします。

 

2.ベルを3回鳴らします。

 

3.祭壇を片付けます。

 

「片付け」について

 

食器や残った供物などは片付けます。

サバトで使った供物は人間が食べるようにします。

 

儀式終了時、または次のサバト前までには、祭壇のキャンドルや道具は適宜分別して捨てます。

大釜の中に残ったロウや水、ハーブなどが入っている場合はすぐに綺麗に片付けます。

しかし次のサバトまでキャンドルや祭壇はそのままという人もいます。

 

またサバトで使用したキャンドルや、奉納したハーブは神聖な力があるとされ、お守りにする人もいます。

キャンドルは瞑想時や特別な日のディナーテーブルに使用することができます。

(ただしキャンドルマジック等の願掛け魔術の儀式ではキャンドルは新調しなければなりません)

黒猫魔術店のサバトセットでは、奉納ハーブはポーチに入れてお守りにすることができます。

 

※儀式終了後の所作は必須ではありません。

 

オスタラサバト儀式セット

 

こちらではサバトカラーのキャンドルやマジカルオイル、お香等がセットになっています。

また上記の所作の流れをもっと詳しく記載した説明書も付属しています。

道具を全て揃えるのは面倒だという方はぜひどうぞ。